2017年9月27日、東京・パレスホテルで、日本のトップ企業のビジネスリーダー向けイベント『エグゼクティブ・フォーサイト2017』が開催された。これは、フィナンシャル・タイムズとIEビジネススクールの合弁事業であるFT/IE Corporate Learning Alliance(以下、CLA)と、日本経済新聞社の共催による合同イベント。当日は、世界最大のファッションアパレル企業、インディテックス社CEOのパブロ・イスラ氏と、コニカミノルタCEOの山名昌衛氏をゲストに迎え、フィナンシャル・タイムズのジャーナリストと学者も交えてパネルディスカッションが行われた。
イベントの冒頭では、フィナンシャル・タイムズ社ジョン・リディングCEOと、IE大学学長サンチアゴ・イニゲス教授が挨拶。経営幹部向け人材プログラムを展開するCLAの活動が、日本企業にどのような付加価値をもたらすのか、その意義について語った。
また、パネルディスカッションに先立ち、日本におけるCLAのパートナー・一橋大学大学院の一條和生教授が登壇。CLAとの提携に至った経緯と、両者のコラボレーションに寄せる期待を熱く語った。

オープニング

成功する戦略に共通するものとは何か

ジョン・リディング フィナンシャル・タイムズ社CEO

ジョン・リディングフィナンシャル・タイムズ社CEO

ビジネスリーダーにとって、今ほど課題の多い時代は過去に前例がありません。デジタル・ディスラプション(デジタル技術による創造的破壊)や新たなビジネスモデルへの挑戦が加速する一方で、英国のEU離脱やトランプ政権の貿易政策などの影響もあり、貿易や投資の不確実性は高まる一方です。
とはいえ、成功する戦略には共通点があります。それが何かを知るためには、企業の経営陣が、変化をもたらす要因や現在のトレンド、求められるスキルについて深く理解しなければなりません。
CLAは、世界の一流企業のビジネスリーダーに知識を提供し、また変化を理解するためのツールを提供することによって、その企業が優位性を保ち続けるためのお手伝いをします。このミッションを実現するために、CLAは、フィナンシャル・タイムズの優秀なリポーターやエディターが持つビジネス・経済・社会についての理解や、IEビジネススクールの教育・学習・技術に対する高度な知見を活用し、かつ世界の一流企業と連携することによって多くの成果を上げてきました。
今後は一橋大学と連携し、グローバルと現地の事例を組み合わせながら、日本の企業にベストプラクティスをご提供していきたいと考えています。

ビジネスリーダーの育成こそ市場優位確立の鍵

サンチアゴ・イニゲス IE大学学長

サンチアゴ・イニゲスIE大学学長

西欧社会が注目する日本の系列系企業は、長期展望を持ち、強い財務力やチームワークを誇っています。しかしながら、これらの企業もまた他のグローバル企業と同様、大きなチャレンジに直面しています。破壊やデジタル変革の進行により、ビジネスは不確実性を強め、経営判断が難しい時代を迎えています。したがって、企業が市場優位を確立するためには、よい人材を採用し、優秀なエグゼクティブや経営陣を育成しなければなりません。
CLAは、フィナンシャル・タイムズとIEビジネススクールが共同で作り上げた、経営幹部向け人材育成プログラムです。フィナンシャル・タイムズは世界で最も尊敬を集める経済紙であり、また、ヨーロッパ屈指の教育機関であるIEビジネススクールは、テクノロジー系のプログラムでは世界ナンバーワンとの評価をいただいています。
授業は英語・スペイン語・日本語・中国語・ポルトガル語に対応しており、遠隔でのコース受講も可能です。さらに、さまざまな経験やプログラムが統合された幅広いカリキュラムを提供していることも、CLAの特徴です。授業のテーマも多岐にわたり、「デジタル変革により不確実性をいかに管理するか」「グローバルリスクをいかに管理するか」など、時宜を得たさまざまなトピックが採り上げられます。
本日のパネリストの1人であるインディテックス社CEOのパブロ・イスラさんも、我々のコーポレート・カストマーの1人です。ぜひ、本日のセッションをエンジョイしていただきたいと存じます。

イノベーション揺籃の場としての大いなる可能性

一條和生 一橋大学大学院国際企業戦略研究科長・教授

一條和生一橋大学大学院国際企業戦略研究科長・教授

一橋大学がCLAとパートナーシップを結んだのは、CLAと連携することで、エグゼクティブ教育においてイノベーションを起こせると考えたためです。フィナンシャル・タイムズとIEビジネススクールの合弁事業であるCLAは、他のどの教育組織にもない素晴らしい強みを持っています。
まず、フィナンシャル・タイムズは、経済・政治・ビジネスの分野において、世界最高レベルの知識が集積した組織です。そして、CLAのカリキュラムでは、フィナンシャル・タイムズのエディターや記者が教員としてセッションを担当します。このセッションを受講すれば、「グローバルなネットワークの中で、今、何が起こっているのか」について、他では得られない最先端の知識を得ることができます。
また、IEビジネススクールはヨーロッパを代表するビジネススクールであり、デジタル教育では世界ナンバーワンとの評価を得ています。
経済・経営・政治の分野において最高峰の知識を持つフィナンシャル・タイムズと、ビジネス・経営・デジタル教育の分野において最高峰の知識を持つIEビジネススクール。両者のシナジー効果によって生まれたCLAとともに、私たちは世界にイノベーションを起こしたい。このCLAという場で素晴らしい経営者を育成し、世界を大きく変えていきたいと考えています。

オープニング

第一部 グローバル・ジオポリティクス

第二部 デジタル・トランスフォーメーション

クロージング

MENU