トピックス

  • 英文会計はこう読め

    英文会計の理解 会社設立を想定してみる(2017.12.13)

     グローバル化の進展で、対外ビジネスをするときはもちろん、国内事業にからんでも英文会計の理解が必要な局面が増えている。財務3表を一体的に学ぶ勉強法を提唱する会計研修のプロ、ボナ・ヴィータコーポレーション代表取締役の國貞克則氏は、同じ勉強法が...

  • フレームワークで働き方改革!

    PDCAはこう使え 大人が子どもにゲームで勝てないワケ(堀 公俊)(2017.12.11)

    第5回 継続的に仕事を改善する「PDCA」 ■計画して管理するのがマネジメント  マシュマロタワーというゲームをご存じでしょうか。4人1組になり、乾麺パスタ(20本)、マスキングテープ(90cm)、ひも (90cm)、マシュマロ(1...

  • 英文会計はこう読め

    英文の財務3表 書式や用語の不統一に惑わされるな(2017.12.06)

     グローバル化の進展で、対外ビジネスをするときはもちろん、国内事業にからんでも英文会計の理解が必要な局面が増えている。財務3表を一体的に学ぶ勉強法を提唱する会計研修のプロ、ボナ・ヴィータコーポレーション代表取締役の國貞克則氏は、同じ勉強法が...

  • フレームワークで働き方改革!

    上司とのミゾを埋めたいあなた! 第一歩はここから(堀 公俊)(2017.12.04)

    第4回 チームの関係性を高める「ジョハリの窓」 ■30年連れ添っても分からないことがある  「あなたに私の何が分かるの!」 「お前こそ俺の何が分かるんだ!」 テレビドラマなどで、夫婦(恋人同士)が言い争いをするときに、よく飛び出...

  • 英文会計はこう読め

    グローバル人材に必須 英文会計は財務3表一体で学べ(2017.11.29)

     グローバル化の進展で、対外ビジネスをするときはもちろん、国内事業にからんでも英文会計の理解が必要な局面が増えている。財務3表を一体的に学ぶ勉強法を提唱する会計研修のプロ、ボナ・ヴィータコーポレーション代表取締役の國貞克則氏は、同じ勉強法が...

  • フレームワークで働き方改革!

    効果てきめん、「仕事のムダを一掃する」4つの視点(堀 公俊)(2017.11.27)

    第3回 効果的に業務を改善する「ECRS」 ■成果の出る組織と出ない組織の違い  大半の企業には、従業員からの(改善)提案制度が設けられています。自ら考え工夫する社員をつくり、会社の衆知を集めるための優れた仕組みです。日本企業の...

  • フレームワークで働き方改革!

    苦し紛れの言い訳と空約束 不毛な営業会議ヤメる方法(堀 公俊)(2017.11.20)

    第2回 仕事を見える化する「プロセスマップ」 ■担当者が順番に血祭りに上げられる  「なぜ、できないんだ!」「一体、どうするつもりだ!」 会議でよく耳にする発言です。典型的なのが、営業の担当者が順番に当月の進捗報告をしていく場で...

  • フレームワークで働き方改革!

    「貧乏暇なし」ドトウの毎日 抜け出す方法教えます(堀 公俊)(2017.11.13)

    第1回 仕事の効率を高める「重要度・緊急度マトリクス」 ■働き方改革を考える会議のはずが…  「忙しいところ悪いけど、お願いできないかな?」。上司にそう言われ、全社挙げての「働き方改革」プロジェクトのメンバーに抜擢されました。毎...

  • ダメ会議撲滅で変える働き方

    ノンアルコールビール、あえて会社で飲むとどうなる?(堀 公俊)(2017.11.06)

    第12回(最終回) 日本の会議が抱える3つの問題点 ■ネットを賑わせた大論争  先日、「ノンアルコールビール(アルコール分0.00%のもの、以下ノンアル)を日中に職場で飲んでもいいか?」という話題がネットで盛り上がりました。多くの方は、...

  • ダメ会議撲滅で変える働き方

    ちゃんと人の話を聞けよ そう思う前にできることは?(堀 公俊)(2017.10.30)

    第11回 なぜ貴社の会議は結論が出ないのか? ■人の話、ちゃんと聞いている?  私は、あちこちで講演する機会が多いのですが、聴衆を退屈させないよう、途中で軽いエクササイズをはさむことがあります。会議改革のからみの講演でよく使うものを一つ...

  • ダメ会議撲滅で変える働き方

    頭がコチコチな人、説得しないで納得してもらう秘訣(堀 公俊)(2017.10.23)

    第10回 利害が相反する相手と正しく折り合うには? ■部門間の対立が生まれてしまった  長年苦労して開発を続けていた製品の市場化を決定する会議で、売れ行きへの懸念が明らかになりました。市況の変化を受け、発売目前になって、黄色信号が点滅し...

  • ダメ会議撲滅で変える働き方

    ダメ会議は決め方からダメ バクチにしない意思決定法(堀 公俊)(2017.10.16)

    第9回 まずやるべきなのは「決め方を決める」 ■だったらコインを投げて決める?  会議で多いのは、誰かが提案を持ちこみ、「採用するか否か?」をみんなで議論するスタイルです。提案を通したい人はメリットや効果などのプラス面を力説し、通したく...

  • ダメ会議撲滅で変える働き方

    やる気に水を差す「D言葉」、頻発する人のかわし方(堀 公俊)(2017.10.06)

    第8回 リフレーミングで発想・視点を切り替える ■この言葉が出たら要注意!  「でも、△△なんてできっこないだろ?」  「だって、○○がないからできないんだよ」  「どうせ、いくらやっても無理だよ……」  これらを「D言葉」と呼び...

  • ダメ会議撲滅で変える働き方

    私はここにいる 会議で輝きたがる脱線オヤジの対処法(堀 公俊)(2017.10.02)

    第7回 会議でマジカルバナナが始まった、どうやって止める? ■連想ゲームになっていないか?  皆さんは「マジカルバナナ」というゲームをご存じでしょうか。「マジカル○○」から始め、○○といったら△△」「△△といったら□□」と前のワードから...

  • ダメ会議撲滅で変える働き方

    会議の進行役に向く人の見分け方 なぜ彼は上手なのか(堀 公俊)(2017.09.25)

    第6回 ファシリテーターの意外な共通点、ご存じですか? ■ファシリテーターが持つ意外な共通点  会議に関する講演や研修をすると、「どんな人がファシリテーター(進行役)に向いていますか?」という質問を受けることがあります。今まで1万人以上...

  • ダメ会議撲滅で変える働き方

    楽天の会議、1時間から10分に短縮した即効ワザは?(堀 公俊)(2017.09.18)

    第5回 読めば分かる会議資料、長々と説明する意外なワケは? ■かつての習慣が未だに残っている?  「レクチャー」という言葉を知らない人はいないと思います。資料などを口頭で詳しく説明することです。学生時代の退屈な講義を思い出す人もいるでし...

  • ダメ会議撲滅で変える働き方

    会議室のレイアウトでわかる良い会社・ダメな会社(堀 公俊)(2017.09.11)

    第4回 そもそも、みんなでガッツリと議論する気ありますか? ■あなたの会社はどちらのタイプ?  私は仕事柄、いろんな会社の会議室を使う機会が多くあります。会議室を見るだけで、普段どんな話し合いがなされ、どんな社風の企業か、おおよそ想像が...

  • ダメ会議撲滅で変える働き方

    議題は2つ、新工場とコーヒー 正しい議論の順番は?(堀 公俊) (2017.09.04)

    第3回 軽い話からサクサク片づけよう、それが命取りになる! ■やっぱりコーヒーはX社でないと!  ある会社の部長会議で二つの議題が提案されました。一つは、新しくベトナムに工場を立てることの可否です。人件費高騰の折、この会社でも海外展開を...

  • ダメ会議撲滅で変える働き方

    グダグダ会議の退治法 このツッコミが重要です!(堀 公俊)(2017.08.28)

    第2回 延々と続くグダグダの会議、どうやったら退治できる? ■働き方を改革するはずの会議が…  「もう夜の8時か……。いったい、いつになったら、この会議は終わるんだろうか?」 就業時間も終わった頃、「ちょっといいかな?」と課長から声を...

  • 探訪ビジネススクール

    プロデューサー育成が急務 アジアビジネスの要諦は?(2017.08.25)

     「アジアビジネスに出ていくには、伝えたいことを伝え、人を巻き込んでいくプロデューサー人材を育てることが欠かせない」――。兵庫県姫路市で先日開かれた「日経ビジネススクールアジア 兵庫特別セミナー」で、タイのチュラロンコン大学サシン経営管理大...

  • ダメ会議撲滅で変える働き方

    人生最大のムダ? この一言で変わる貴社のダメ会議(堀 公俊)(2017.08.21)

    第1回 進行役でなくても、ワンフレーズで会議を変えられる! ■会議改革は働き方改革の一丁目一番地  ある民間機関の調査によると、大企業のビジネスパーソンの業務に占める会議の割合は20%にもなるそうです。なんと、一生のうちに7~8年は、会...

  • 最強のチームビルディング

    日本のチームビルディングの元祖、あの人望なき武将?(堀 公俊)(2017.07.10)

    第26回 組織の生活習慣病を治すには? 理想のチームづくりを目指した武将がいた  理想のチームを語るときによく使われるフレーズに「One for All、All for One」(一人はみんなのため、みんなは一人のため)があります。...

  • 最強のチームビルディング

    チームの「困ったちゃん」対処法 あなたがすべき4つ(堀 公俊)(2017.07.03)

    第25回 とりあえず チームの問題児に対処する 欠けたドーナツばかり見ていませんか?  チームビルディングの講演や研修をしていると、必ず出てくる質問があります。「やる気のないワガママな田中さんをどうにかできませんか?」といった類...

  • 最強のチームビルディング

    浮気を追及する妻と辣腕新聞記者が使う「落としテク」(堀 公俊)(2017.06.26)

    第24回 ところで スルーする技を身につけよう! 壮大な物語をみんなでつくろう!  チーム力を高めるエクササイズを一つ紹介しましょう。インプロ(即興)と呼ばれるゲームの一つで、「ワンワード」と名づけられたものです。  人数は問...

  • 最強のチームビルディング

    満足度No.1ホテルに学ぶ「お願い対応」のスゴ技(堀 公俊)(2017.06.19)

    第23回 「代わりに」 できない理由より、できることを考える 顧客満足度ナンバーワンホテルが誇るサービス  毎年さまざまな機関がホテルの満足度ランキングを発表しています。数ある日本の宿泊施設の中で、10年連続ナンバーワンの座を勝ち取...

  • 最強のチームビルディング

    拾いたくない火中の栗、上手に断るテクニックは?(堀 公俊)(2017.06.12)

    第22回 「今は」 角を立てずにノーを伝える 自由業は不自由な商売?  私は、どこの組織にも属さず、一人で仕事をしている個人事業主です。十数年前に会社を辞め、著述と講演活動を中心に、フリーランス(自由業)として働いています。  こ...

  • 最強のチームビルディング

    トンデモ本の「口説きのテクニック」正しく使うには?(堀 公俊)(2017.06.05)

    第21回 「まずは」 ハードルを下げればやる気になる トンデモ本を真に受けないで!  最近、人の心を操作する心理テクニックを説く本が書店をにぎわせています。読み物としては面白いのですが、誤解を招く紹介の仕方をされているものもあり、う...

  • 最強のチームビルディング

    必要性だけで人は動かず お願いに最強のフレーズは?(堀 公俊)(2017.05.29)

    第20回 そうすれば 自分が何に貢献できるのか? 世界の難民に眼鏡を寄贈する意味  北海道に富士メガネという眼鏡販売会社があります。「見る喜びに奉仕する」ことを社是としており、全国67店舗のネットワークを展開しています。  富士メ...

  • 最強のチームビルディング

    トイレの貼り紙、あなたを一歩前に進めるのはどれ?(堀 公俊)(2017.05.22)

    第19回 よかったら 納得感は自己選択から生まれる どれなら一歩前に進もうと思いますか?  「狙いを定めて、もう一歩前に」。この言葉にピンとくるのは、おそらく男性です。そうです、男性用トイレの小便器に貼ってある言葉です。  言いた...

  • 最強のチームビルディング

    アンタはどう思うんや? チーム育てた幸之助の説得術(堀 公俊)(2017.05.17)

    第18回 どうしたら 自ら動くチームをつくるには? アンタはどう思うんや?  パナソニックの創業者の松下幸之助といえば、数々の名言を残した経営者の一人です。中でも有名なのが「あんた、どう思う?」という質問です。  たとえば、氏に薫...

  • 最強のチームビルディング

    お笑い芸人を見習え? 武勇伝もリアクションも大事(堀 公俊)(2017.05.10)

    第17回「経験を言えば」 みんなでストーリーを語り合おう! 武勇談の裏にある思いとは?  企業合併で難しいのは、人、すなわち企業文化の融合です。仕事のやり方からコミュニケーションの方法まで、一つひとつ話し合って決めていかなければなり...

  • 探訪ビジネススクール

    革新的なビジネスモデルを創造するには?(2017.05.01)

     世界的なベストセラーとなった「ビジネスモデル・ジェネレーション」の著者、スイス・ローザンヌ大学のイヴ・ピニュール教授が来日、4月中旬に早稲田大学ビジネススクールの根来龍之教授と都内で記念講演会を開いた。ピニュール教授は、ビジネスモデル・キ...

  • 最強のチームビルディング

    沈没する船 日本人乗客を海に飛び込ませるひと言は?(堀 公俊)(2017.04.26)

    第16回「大切なのは」 価値を尊重しつつ融通を利かす どう言えば海に飛び込んでくれるか?  さまざまな国の人を乗せた豪華客船が事故に遭って沈みだしました。船長は、速やかに船から脱出して海に飛び込むように、乗客たちに指示しなければなり...

  • 最強のチームビルディング

    「そっち行って話す」オンライン会議はなぜ失敗する?(堀 公俊)(2017.04.19)

    第15回「気持ちを言えば」 チームは感情で動く生き物である 今からそっちに行って話をしよう!  最近、TV会議やウェブ会議など、オンラインで話し合いをする機会が増えてきました。わざわざ集まる必要がなく、必要なときにどこでも話し合い...

  • 探訪ビジネススクール

    地域を変える担い手は? パブリックベンチャーへの期待(2017.04.14)

     地域資源を発掘し、地域自体にも好循環を生み出す、さらに地域の戦略をも担う。そんなベンチャーが各地に広がっている。ビジネスとも既存の公共団体とも違う、進化していく地域起業を「パブリックベンチャー」と呼んで「稼げる地方」の担い手として育成、さ...

  • 最強のチームビルディング

    「ワケあり」全盛、人間だってワケを話せばうまくいく!?(堀 公俊)(2017.04.12)

    第14回「そのワケは」 すべてのことに原因と目的がある 世の中には「ワケあり」があふれている 「海外一流ブランド品がすべて80%オフ!」  こんな宣伝を見たら、皆さんは何を考えますか。「うさん臭いなあ……何かあるんじゃないか?...

  • 最強のチームビルディング

    常識人ほど腹が立つ 信念や価値観はゆる~く!(堀 公俊)(2017.04.05)

    第13回「~たいです」 「べき論」を語ると行きづまる 常識人になればなるほど腹が立つ 自分の思考の癖を知るための簡単なエクササイズを紹介します。お時間のある方は、手元に白紙と筆記用具を用意して、紙の真ん中に一本の線を上下に引いてください...

  • 最強のチームビルディング

    説得の確率が断然上がる「私は~」のメッセージって?(堀 公俊)(2017.03.29)

    第12回「私は」 自分を主語にして語ろう! 「力を貸してださい!」と言われても……  先日、ある方から、新しく組織心理学の団体を立ちあげるので「発起人の一人になってほしい」とお願いされました。仕事柄、この手の話がよく舞い込みます。  ...

  • Phrase of the Day

    名を成す(2017.03.28)

    Study hard and try to make a name for yourself as a scholar.(勉強に励んで、学者として名を成すよう務めなさい) Vocab Aid:scholar(学者)  子供のころ...

  • Phrase of the Day

    歩み寄る(2017.03.24)

    Let’s see if we can meet each other halfway.(お互い歩み寄れるかどうか、考えてみませんか) Vocab Aid:let’s see if ~(~かどうか考えてみよう)  交渉ごとには...

  • Phrase of the Day

    壁(障壁)にぶち当たる(2017.03.23)

    When we hit a wall in development, we recall what our predecessors did.(開発で壁にぶち当たったら、われわれの先任者たちのしたことを思い起こします) Vocab A...

  • 最強のチームビルディング

    電車内のけんかを一発で止めた一言とは?(堀 公俊)(2017.03.22)

    第11回「見えます」 相手の鏡になって事実を伝える 車内のけんかを一発で止めた達人の技  私の知人の武勇伝を一つ紹介しましょう。仕事の帰り、ホームにやってきた電車に飛び乗ったところ、車内が異様な雰囲気なのに気づきました。体格のよい中年の...

  • Phrase of the Day

    (高慢な)鼻をへし折る(2017.03.21)

    Tom is becoming bigheaded. About time we brought him down a peg or two.(トムは天狗になってるな。鼻をへし折ってやってもいいころだ) Vocab Aid:becom...

  • Phrase of the Day

    大枚をはたく(2017.03.17)

    We paid through the nose for the pitcher. But he wasn’t worth it.(我々はそのピッチャーに大枚をはたいたのだが、その値打ちはなかった) Vocab Aid:worth ~...

  • Phrase of the Day

    (~の)先を越す(2017.03.16)

    Bob’s company beat its competitors to the draw with a new line of computers.(ボブの会社は新型コンピューターで競合他社の先を越しました) Vocab Aid:...

  • 最強のチームビルディング

    仲間も騒然、チーム力を高める「特別な自己紹介」とは?(堀 公俊)(2017.03.15)

    第10回「実は」 自分の扉を開けば相手も開く 目からウロコになるスペシャル自己紹介  私は1年を通じて、かなりの数のワークショップや研修をこなしています。いつもは、軽いあいさつの後、お互いを知り合うところから始まります。  ところが、...

  • Phrase of the Day

    思いきった決断(2017.03.14)

    It requires a huge leap of faith when you change careers.(仕事を変えるときには、思いきった決断が必要です) Vocab Aid:change careers(転職する) ...

  • Phrase of the Day

    肩身の狭い思いをする(2017.03.10)

    John has been in arrears on rent. He feels he can't hold his head high.(ずっと家賃を滞納しているので、ジョンは肩身の狭い思いをしています) Vocab A...

  • Phrase of the Day

    がんばり屋(2017.03.09)

    His tendency to be an overachiever makes him feel guilty when he leaves work early.(彼はがんばり屋なので仕事を早めに切り上げると罪悪感を覚えます) Voc...

  • 最強のチームビルディング

    自分の成長のために何してる? 1位は意外に身近な…(堀 公俊)(2017.03.08)

    第9回「知らなかった」 互いに学び合う関係をつくろう! 自己成長のために何をしていますか?  皆さんは、ご自分の成長のために、意識的にやっていることはありますか。本を読むとか、ネットワークを広げるとか、社外の研修を受けるとか。もちろん、...

  • Phrase of the Day

    喉まで出かかって(2017.03.07)

    Oh, dear! That actor’s name is on the tip of my tongue but I can’t recall it.(あら、まあ!その俳優の名前が喉まで出かかっているんだけど思い出せないわ) V...

  • Phrase of the Day

    まあ、そういうことにしておこう(2017.03.03)

    He might be lying, but I gave him the benefit of the doubt.(彼はウソをついているのかも知れませんが、まあ、そういうことにしておきました) Vocab Aid:might be...

  • Phrase of the Day

    (ウソを言って)からかう(2017.03.02)

    Don't take what he says seriously. He is just pulling your leg.(彼の言うことを本気にしちゃダメよ。からかってるだけなんだから) Vocab Aid:take ~ ...

  • 最強のチームビルディング

    セールスレディーを自在に操るスゴ腕所長の「コツ」(堀 公俊)(2017.03.01)

    第8回「おかげ」 チームへの貢献を讃え合う アンタが大将! アンタが大将!  私の知人に多数の女性従業員を自在に操るスゴ腕の男がいます。ある大手生命保険会社の営業所長なのですが、配下に何十人ものセールスレディーを抱えています。いかに彼女...

  • Phrase of the Day

    逃げるが勝ち(2017.02.28)

    Don’t fight him. Run away and live to fight another day.(やつとはケンカするな。逃げるが勝ちだ) Vocab Aid:fight ~(~とケンカする、~に逆らう)  テレビドラ...

  • Phrase of the Day

    (事情などを)説明する(2017.02.24)

    The eyewitnesses put the police in the picture about the accident.(何人かの目撃者が事故の模様を警察に説明しました) Vocab Aid:eyewitness(目撃者)...

  • Phrase of the Day

    結果オーライ(2017.02.23)

    His mistake was a blessing in disguise. He came up smelling like a rose.(彼のミスは結局は好結果につながりました。結果オーライということです) Vocab Aid...

  • 最強のチームビルディング

    能力をほめられた子どもは、なぜ噓つきになるのか?(堀 公俊)(2017.02.22)

    第7回「頑張った」 成果ではなく努力をほめる ほめると嘘をつくようになる?  心理学者C.ミューラーとC.デュエックは、子どもたちに簡単なテストを受けさせ、成績にかかわらず「80点以上だった」と伝えました。同時に、3つのグループに分け、...

  • Phrase of the Day

    形勢逆転(させる/する)(2017.02.21)

    We saved the day when Bob hit the grand slam and turned the tables.(ボブが満塁ホームランで形勢逆転して、我々は土壇場で勝ちました) Vocab Aid:save th...

  • Phrase of the Day

    甘んじて受ける(2017.02.17)

    They kept trading insults with neither of them turning the other cheek.(彼らのどっちも相手の言い分を甘んじて受けず、侮辱合戦を続けました) Vocab Aid:t...

  • Phrase of the Day

    悪い予感がする(2017.02.16)

    He quit before he was let go. He must have seen the writing on the wall.(彼は辞めさせられる前に辞めました。悪い予感がしていたに違いありません) Vocab Ai...

  • 最強のチームビルディング

    「いいね!」ボタンと部下育成の密接な関係とは(堀 公俊)(2017.02.15)

    第6回 気に入った ほめて育てるのはもう古い? 僕、将来、絵描きになりたいんだ…  絵を描くことが大好きなA君は、いつしか「絵描きになりたい」という夢を持つようになりました。そのことを父親に打ち明けると、「どうしてもやりたければ、厳しい...

  • Phrase of the Day

    ひそひそ話をする(2017.02.14)

    Everyone in the office is whispering about the quarrel between them.(事務所のだれもが、彼らのケンカのことでひそひそ話をしています) Vocab Aid:quarre...

  • Phrase of the Day

    ドキドキする(2017.02.10)

    I was so surprised at the sight that my heart skipped/missed a beat.(その光景に驚いて、私は胸がドキドキしました) Vocab Aid:sight(光景) so ~ ...

  • Phrase of the Day

    それとなく探りを入れる(2017.02.09)

    The company put out feelers to see if there is a merger partner.(合併先はないかと、会社はそれとなく探りを入れてみました) Vocab Aid:merger partne...

  • 最強のチームビルディング

    日本人をほめるのに失敗しない超便利なフレーズって?(堀 公俊)(2017.02.08)

    第5回 自分らしさを発揮するには? 評判通りの意地っ張りなヤツだ  昔、中国の晋の国に、秀才の誉れ高い孫楚という男がいました。ある日、俗世間を嫌って山で隠遁(いんとん)生活をしたいと思った彼は、友人の王斉に「漱石枕流」(石に口すすぎ、流...

  • Phrase of the Day

    きっぱり(やめる)(2017.02.07)

    Jack is trying to quit smoking cold turkey in vain.(ジャックはきっぱりタバコをやめようと、はかない努力をしています) Vocab Aid:in vain(無駄に)  「cold...

  • 探訪ビジネススクール

    変貌するASEAN経済 新潮流を読み解く(2017.02.03)

    日経ビジネススクールアジア特別講座 NBSセッション  2015年末に東南アジア諸国連合(ASEAN)経済共同体(AEC)が発足、東南アジアが人口6億人を超す巨大市場の統合に向けて大きく舵(かじ)を切った。今後、10~20年をにらんだ...

  • Phrase of the Day

    いつまでも(2017.02.03)

    Once he starts complaining, he complains till the cows come home. (一度、文句を言い始めたら、彼はいつまでも文句を言います) Vocab Aid:complain(文句...

  • Phrase of the Day

    (~するのは)結構ですが…(2017.02.02)

    It’s all very well for you to apologize, but how will you make up what I lost?(謝るのは結構ですがね、私がこうむった損失はどうしてくれるんですか?) Voc...

  • 最強のチームビルディング

    日本人は1日何回「ありがとう」と言っている?(堀 公俊)(2017.02.01)

    第4回 「ありがとう」 みんなを幸せにする魔法の言葉 みんなを幸せにする魔法の言葉とは?  皆さんは、毎日何回くらい「ありがとう」をいう言葉を口にしているでしょうか。接客業の方なら、日に何百回も繰り返しているかもしれません。終日パソコン...

  • Phrase of the Day

    無理難題(2017.01.31)

    Getting all these sports facilities built on schedule is going to be a tall order.(これらのスポーツ施設全部を予定通り建てるのは、無理難題というものです) ...

  • Phrase of the Day

    そっくり(2017.01.27)

    The two are cut from the same cloth. They even sound alike on the phone.(あの2人はそっくりね。電話の声までそっくり) Vocab Aid:sound alike...

  • Phrase of the Day

    (支持・支援を)打ち切る(2017.01.26)

    The parent company pulled the plug on its subsidiary.(親会社はその子会社への支援を打ち切りました) Vocab Aid:parent company(親会社) subsidiary...

  • 最強のチームビルディング

    同僚の愚痴に対するリアクション、共感得るのはどれ?(堀 公俊)(2017.01.25)

    第3回「大変だ」 相手の気持ちに寄り添っていますか? アンタはあの先生を見習え!  実家から歩いて5分のところに近所で評判のお医者さんがいます。時々、母親をそこに連れていくのですが、朝一番にフライングして飛び込んでも2時間くらい平気で待...

  • Phrase of the Day

    早いうちに手を打つ(2017.01.24)

    We need to nip the issue in the bud before it gets out of hand.(大ごとにならないうちに、その問題には早く手を打っておく必要がある) Vocab Aid:get out o...

  • Phrase of the Day

    水を差す(2017.01.20)

    I hate to rain on your parade, but the radar gun there fudges the count.(水を差したくはないけど、あそこのスピードガンはサバを読むんだよ) Vocab Aid:rad...

  • Phrase of the Day

    旋風児(2017.01.19)

    Jack used to be called a whiz kid, but he seems to have lost his edge.(旋風児と呼ばれたジャックも、もう昔の冴えはないようです) Vocab Aid:lose ~’s ...

  • 最強のチームビルディング

    「なるほど」を駆使すれば、メンバーの相互理解が進む!(堀 公俊)(2017.01.18)

    第2回 「なるほど」 「知る」と「分かる」は大違い はたして、それでチームと言えますか?  皆さんは、チームメンバーのことをどれほどご存知ですか。親しい人を一人思い浮かべ、箇条書きでよいので、「知っていること」をできるだけたくさん書...

  • Phrase of the Day

    手取り足取り面倒をみる(2017.01.17)

    Don’t spoon-feed the new recruits. Let them learn the hard way.(手取り足取りで新入社員の面倒をみるな。苦労して学ばせろ) Vocab Aid:new recruit(新入社員...

  • Phrase of the Day

    (~のことを)考えてみよ(2017.01.13)

    You think you’re hot? Spare a thought for those fighting fires in Africa.(暑い? アフリカで消火にあたっている人のことを考えてみよ) Vocab Aid:fight...

  • Phrase of the Day

    気にかかる(2017.01.12)

    The mounting debts have been preying on my mind.(負債が増えていることが、私はずっと気にかかっています) Vocab Aid:mounting debt(s) (積る借金)  「あ...

  • 最強のチームビルディング

    ワンフレーズでできる「最強のチームビルディング」(堀 公俊)(2017.01.11)

    第1回 言葉を変えれば、組織は変わる! あなたのチームはうまくいっていますか?  本稿をお読みの方々は、課、部、事業部、会社といったチームに所属して、仕事や活動をされている人が大半だとお見受けします。いきなりですが、皆さんのチームは...

  • Phrase of the Day

    嬉しがらせる(2017.01.10)

    You need some help? Jane may lend you a hand if you jolly her along.(助けがいるの?ジェーンをおだてたら手伝ってくれるかもよ) Vocab Aid:lend ~ a ...

  • Phrase of the Day

    間違いを認める(2017.01.06)

    I now realize that I was wrong. I stand corrected.(私が間違っていたことを認めます) Vocab Aid:realize(気がつく、理解する)  言ったりしたりしたことが明らかに...

  • Phrase of the Day

    えいやっと、片(かた)をつける(2017.01.03)

    I am jealous of people who can rip off the band-aid and move on.(私は、何ごともえいやっと、片をつけて先に進める人が羨ましい) Vocab Aid:be jealous(...

  • いま求められる6つの上司力

    タイムマネジメント力(2)「5%ルール」の導入が部下のチャレンジ精神を喚起する!(西村克己)(2016.12.27)

    5%ルールでチャレンジできるチームに  現状維持にやっとで、仕事の改善や改革や考えるゆとりもないと悩んでいる管理職の方も多いのではないでしょうか。1年を振り返ると、現状維持か、事業の縮小。成果を冷静に見ると、この1年間何をがんばったの...

  • Phrase of the Day

    裏には裏(の事情)(2016.12.27)

    The police arrested Bob but left Joe alone. There were wheels within wheels.(警察はボブは逮捕したのにジョーは見逃した。裏には裏の事情があったんだよ) Vo...

  • Phrase of the Day

    的を射ている(2016.12.22)

    Steve is a man of few words, but every now and then what he says hits the nail on the head.(スティーブは無口な男なんだけど彼の言うことは時々的を射て...

  • Phrase of the Day

    つけ足しの機能(2016.12.22)

    I want an entry-level model with no bells and whistles.(私が欲しいのは、つけ足しの機能がついていない初心者用の機種です) Vocab Aid:entry-level(初心者レベル...

  • いま求められる6つの上司力

    タイムマネジメント力(1)疲弊する上司と部下、業務を効率化する3つの秘訣(西村克己)(2016.12.20)

    終了時点のアウトプットリストがムダ働きを最小化する  残業制限、過重労働の禁止。しかし仕事は増える一方です。一つひとつの仕事を効率化しないと、いくら時間があっても足りません。部下や自分のムダ働き、的外れの努力を何とか減らせないか、とい...

  • Phrase of the Day

    大歓迎(する)(2016.12.20)

    They welcomed us with open arms and showed us a good time.(向こうは私たちを大歓迎してくれて、いろいろともてなしてくれました) Vocab Aid:show ~ a good ...

  • Phrase of the Day

    至福の眺め(2016.12.16)

    The daybreak seen from the mountaintop was a sight for sore eyes.(山の頂上から見るご来光は見事な眺めでした) Vocab Aid:daybreak(夜明け)  山...

  • Phrase of the Day

    黒幕(2016.12.15)

    John is just a figurehead. His father-in-law is the power behind the throne.(ジョンはただのお飾りで、義理の父親が黒幕です) Vocab Aid:figure...

  • Phrase of the Day

    一文の値打ちもない(2016.12.13)

    The land he bought turned out to be swampy. It’s not worth a red cent.(彼が買った土地は沼地でした。一文の値打ちもありません) Vocab Aid: turn ou...

  • いま求められる6つの上司力

    コミュニケーション力(2)上司と部下が満足し、成果を高めるホウレンソウの使い方(西村克己)(2016.12.13)

    ホウレンソウ(報告・連絡・相談)で上司・部下との信頼関係を構築する  パソコンでの個人ワークが増える今日、上司と部下のコミュニケーションは希薄化しています。上司と部下の信頼関係はホウレンソウ(報告・連絡・相談)から始まります。部下がも...

  • Phrase of the Day

    ちんたら(2016.12.09)

    The police are working on the murder case by fits and starts.(警察はその殺人事件の捜査をちんたら、ちんたらやっています) Vocab Aid:work on ~(~に取り組...

  • Phrase of the Day

    (考えや気持ちが)コロコロ変わる(2016.12.08)

    You blow hot and cold. Will you make up your mind?(あなた、言うことがコロコロ変わるじゃない。もう決めてくれない?) Vocab Aid:make up ~’s mind(決心する) ...

  • Phrase of the Day

    ぐちゃぐちゃ(2016.12.06)

    The issue of moving Tokyo's fish market is going to hell in a handbasket.(東京の魚市場移転問題はぐちゃぐちゃになっています) Vocab Aid:fis...

  • いま求められる6つの上司力

    コミュニケーション力(1)危機的な上司と部下のコミュニケーション、解決法は?(西村克己)(2016.12.06)

    Yes・But法でコミュニケーションを活性化する  コミュニケーションできない社員が増えています。上司と部下のコミュニケーションは危機的状況に向かっています。相手の意見を聞かないで自分の意見ばかり主張する人、理由や状況を説明しないで結...

  • Phrase of the Day

    一切かかわらない(2016.12.02)

    If I were you, I would not touch their argument with a ten-foot pole.(私なら、あの人たちのケンカには一切かかわらないわね) Vocab Aid:if I were ...

  • Phrase of the Day

    立ちどまって考える(2016.12.01)

    Are we on the right track? We need to stop and think about it.(私たちは間違ってないのでしょうか? 立ちどまって考えてみる必要があります) Vocab Aid: be o...

  • いま求められる6つの上司力

    ヒューマンマネジメント力 部下との関係のストレス、「4つの価値観の違い」から(西村克己)(2016.11.29)

    4つの価値観の違いが人間関係のストレスに  自分との価値観が合わない部下や上司に悩んでいる人は多いでしょう。どうして自分の伝えたいことがうまく伝わらないのか、ストレスがたまってしまいます。たとえば、部下を注意したとします。ある部下は、...

  • Phrase of the Day

    厄介な状況(2016.11.29)

    I had to hit the ball from behind the eight ball on the last hole, but I somehow managed it.(最終ホールは厄介な状況でのショットでしたが、なんとかこ...

  • Phrase of the Day

    平常心(2016.11.25)

    She made a bad shot, but she did not lose her presence of mind and cracked a joke.(ひどいミスショットをしましたが、彼女は平常心を失わずジョークを飛ばしました...

  • 探訪ビジネススクール

    知っておきたい タイでよくある契約の落とし穴(2016.11.25)

    日経ビジネススクールアジア特別講座 NBSセッション  事業を展開する際に「契約」は付き物だ。しかし、タイにおける契約のルールや概念、しきたりは日本のそれとは必ずしも一致しない。JBL Mekong法律事務所タイ法人代表パートナーの松...

  • Phrase of the Day

    頂きものの詮索はするな(2016.11.24)

    Never mind where he got that ring for you. Don't look a gift horse in the mouth.(彼がくれた指輪はどこで買ったものかなんてどうでもいいじゃない。詮索しな...

  • Phrase of the Day

    フル回転(2016.11.22)

    Orders keep coming in. Our factories are now going full steam ahead.(注文がひっきりなしに入って、いまや工場はフル回転です) Vocab Aid:Order(s) ...

  • いま求められる6つの上司力

    リーダーシップ力(2)部下たちのバラバラな価値観を「大きな成果」に変える方法(西村克己)(2016.11.22)

    組織の価値観をスローガンで共有化する  グローバル化やダイバーシティが進み、多様な価値観をもつ部下たちに戸惑っている方も多いのではないでしょうか。外国人の部下が配属されることも珍しくない時代。価値観がバラバラで収拾がつかず、思うように動い...

  • Phrase of the Day

    惜しい、もうちょっと(2016.11.18)

    They were close, but no cigar. They ended up second.(あの連中、もうちょっとのところで惜しくも2位だった) Vocab Aid:end up ~(~で終わる)  nice t...

  • Phrase of the Day

    身を粉にして働く(2016.11.17)

    After Mr. Smith passed away, Mrs. Smith worked her fingers to the bone to feed her five children.(スミスさんが亡くなったあと、夫人は身を粉にし...

  • Phrase of the Day

    見習う(2016.11.15)

    Taking a leaf from Ken's book, Joe puts in a hard day at work these days.(ケンを見習って、最近ジョーは毎日一生懸命働いています) Vocab Aid:...

  • いま求められる6つの上司力

    リーダーシップ力(1)日本企業にはびこる「総論賛成・各論反対」の風習を是正するには?(西村克己)(2016.11.15)

    総論賛成・各論反対を払拭するノットアグリー・バット・コミットメント  「総論賛成・各論反対」で悩まされる方も多いのではないでしょうか。方針に沿って進めたはずが、実行段階になると反対されような場合です。中間管理職には上司と部下の2つの立...

  • Phrase of the Day

    気が済む(2016.11.11)

    You spoke your mind to the boss. You got it out of your system, I presume.(部長に言いたいことは言ったんだから、お前もこれで気がすんだろ) Vocab Aid:...

  • Phrase of the Day

    わざと遅れて(2016.11.10)

    Listen, son. When you are invited to dinner at someone’s place, be sure to arrive fashionably late.(いいか、坊主。人の家に食事に招かれたら、...

  • 最強のロジカルシンキング

    世界中が「トヨタ方式」を学んでも、決して追いつけない理由(堀 公俊)(2016.11.09)

    第28回(最終回) 「本当にそうか」 あと一歩だけ前に進もう! ビジネスの神は細部に宿る?  いろいろな会社の組織活性化をお手伝いしていると、いやが応でも相違点が見えてきます。  どこの会社もやっていることにさほどの違いは...

  • 白熱MBA講義

    構造改革は大都市圏への人口再集中から始めよ(2016.11.08)

    早稲田大学ビジネススクール川口有一郎教授の『ニューノーマル』―不動産市場を通して読む―(3) 日本経済の長期停滞を再考する  一国の経済が長期停滞に転化すると二度と反転することができない。過去約20年(1996年以降)の日本経済...

  • いま求められる6つの上司力

    プロジェクトマネジメント力(2)プロジェクトが失敗する理由と 成功する企画書の作り方(西村克己)(2016.11.08)

     現状打破の起爆剤として、プロジェクトによる取り組みが増えています。上司力の1つに、プロジェクトを成功させる能力が不可欠になっています。プロジェクトは目的を達成するために結成された臨時組織による活動です。新しい構成員が集まり、今まで経験した...

  • Phrase of the Day

    千載一遇のチャンス(2016.11.08)

    We missed a window of opportunity to score a run.(我々は1点を取る千載一遇のチャンスを逃しました) Vocab Aid:score a run(1点を取る)  我々は「千年に一度...

  • Phrase of the Day

    (会議などを)始める(2016.11.04)

    Thank you for joining in so early in the morning. Let’s get/start the ball rolling.(朝早く集まっていただきありがとうございます。さあ、始めましょう) ...

  • Phrase of the Day

    一戦交える(2016.11.02)

    The opposition party crossed swords with the government on several issues.(野党はいくつかの問題について政府と一戦交えました) Vocab Aid: oppo...

  • Phrase of the Day

    ~の肩を持つ(2016.11.01)

    When Ted and I argued, Jane took sides with Ted.(僕とテッドの言い争いになったら、ジェーンはテッドの肩を持ちました) Vocab Aid:argue(言い争う)  味方をすることを...

  • いま求められる6つの上司力

    プロジェクトマネジメント力(1)あなたの会社のプロジェクトは、なぜうまくいかないのか?(西村克己)(2016.11.01)

     昇進とともにプロジェクトに参加する機会が増えているのではないでしょうか。上司力の1つに、プロジェクトを成功させる力も不可欠な時代です。しかし、プロジェクトはうまくいかないものだと考えている人が多いようです。多くの人がヤジ馬のごとく好き勝手...

  • Phrase of the Day

    暇(ひま)を出す(2016.10.28)

    The army put 10 generals out to pasture in one fell swoop.(軍は一挙に将軍10人にひまを出しました/退役させました) Vocab Aid:general(将軍、大将) in o...

  • Phrase of the Day

    辛抱するしかない(こと、もの) (2016.10.27)

    It’s a bitter pill to swallow to cut back on expenses to make ends meet.(赤字を出さないためには辛抱して経費を切りつめてしかない) Vocab Aid: cut ...

  • 最強のロジカルシンキング

    あなたの話が一気にわかりやすくなる「魔法の接続詞」(堀 公俊)(2016.10.26)

    第27回 「ところが」 前後のつながりを大切にする カードを使って楽しく学ぼう!  7カ月にわたり、ロジカルシンキングをお手軽に実践するための26個のフレーズを紹介してきました。言葉づかいを身につければ、あなたの論理思考力はおのずと高ま...

  • いま求められる6つの上司力

    戦略的マネジメント力(3)なぜあなたの会社は会議が多く、成果が上がらないのか(西村克己)(2016.10.25)

     会議の多さに問題を感じている人は少なくないのではないでしょうか。資料を作成する時間もないほど会議が頻繁にあると、会議自体の効率も落ちてしまいます。また、会議の議題が、別の会議と重複していた経験はありませんか。目的があいまいで、「昨年やって...

  • Phrase of the Day

    えこひいきする(2016.10.25)

    The teacher is known for playing favorites with particular pupils.(その先生は特別な生徒だけをえこひいきすることで有名です) Vocab Aid: be known f...

  • Phrase of the Day

    腕試し(をする)(2016.10.21)

    No sooner had he obtained his driver’s license than he rented a car to try his wings.(彼は運転免許をとるやいなやレンタカーを借りて腕試しをしました) ...

  • Phrase of the Day

    はっきりした決め(2016.10.20)

    There is no hard and fast rule about the threshold for metabolic syndrome.(どこからがメタボかという、はっきりした決めはありません) Vocab Aid:thr...

  • 最強のロジカルシンキング

    「人間にできて人工知能にできないこと」言えますか?(堀 公俊)(2016.10.19)

    第26回 「言い換えると」 しっくりくる言葉を見つけ出す 人間にできて人工知能にできないこと  「囲碁のトップ棋士がコンピューターに負けた」というニュースは世界に衝撃をもたらしました。「人工知能(AI)が我々の仕事の大部分をとってかわる...

  • 白熱MBA講義

    国債だけでなく不動産市場にも価格ターゲットが必要(2016.10.18)

    早稲田大学ビジネススクール川口有一郎教授の『ニューノーマル』―不動産市場を通して読む―(2)  さる9月21日、金融政策の目標が通貨の量から金利の曲線(イールドカーブ:Yield Curve)へと変更された。日銀は10年物の長期金利を...

  • いま求められる6つの上司力

    戦略的マネジメント力(2)部下の「忙しい」という不満はどうしたら解消するのか?(西村克己)(2016.10.18)

     「残業制限」と会社はいうけれど、実際は仕事が増えるばかりです。部下たちは「忙しい、忙しい」と不満たらたらで、上司としても会社と部下との板挟みです。どうすれば不満を減らせるのか、頭を抱えるばかりです。  部下に「チャレンジ精神を持て」...

  • Phrase of the Day

    なんとか言ったらどうだ(2016.10.18)

    “What's the matter with you? Cat got your tongue? ” asked the detective.(「どうした。なんとか言ったらどうだ」と刑事が言いました) Vocab Aid:...

  • Phrase of the Day

    泣きつく(2016.10.14)

    He played on Jane's heartstrings and borrowed money from her.(彼はジェーンに泣きついておカネを借りました) Vocab Aid:borrow(借りる)  「泣...

  • Phrase of the Day

    グッとくる(2016.10.13)

    His farewell talk was so moving I got/had a lump in my throat.(彼の別れの言葉は感動的で、私はグッときました) Vocab Aid:farewell talk(別れのあいさ...

  • 最強のロジカルシンキング

    「ロジカル思考を使える人は仕事ができる」は正しい?(堀 公俊)(2016.10.12)

    第25回 「少なくとも」 どこに防衛ラインを引くか 論理クイズにチャレンジしてみよう!  本連載もはや25回目。初回から通して読んでいただいている方は、かなりロジカルシンキングのセンスが磨かれてきたのではないかと思います。ここらで、それ...

  • いま求められる6つの上司力

    戦略的マネジメント力(1)コンプレックスに悩む、内気な部下を何とかしたい(西村克己)(2016.10.11)

    部下のコアコンピタンスを見つけて生かす  自信がない部下、受け身になる部下。どうして前向きに仕事をしようとしないのでしょうか。どうしてもっと前向きな気持ちになれないのでしょうか。もしかしたら、その部下は、潜在的にコンプレックス(劣等感...

  • Phrase of the Day

    不愉快な気分にさせる(2016.10.11)

    Jane rubbed Tom the wrong way when she poked fun at his local accent.(ジェーンはトムの地方なまりをからかって、彼を不愉快な気分にさせました) Vocab Aid:p...

  • Phrase of the Day

    喜んで(2016.10.07)

    Bob invited me to his housewarming party. I will be there with bells on.(ボブの新築祝いのパーティに招かれました。喜んで行くつもりです) Vocab Aid:ho...

  • 探訪ビジネススクール

    どう攻める新興アジア 課題を好機に変える「考え方」(2016.10.07)

    日経ビジネススクールアジア特別講座 サシン・セッション(上)  東南アジア諸国連合(ASEAN)の広域経済連携の枠組み「ASEAN経済共同体(ACE)」が2015年末に発足、急速に発展するASEAN市場で日本企業が競争を勝ち抜くには、...

  • 探訪ビジネススクール

    異文化マネジメントに不可欠な戦略的人的資源管理(2016.10.07)

    日経ビジネススクールアジア特別講座 サシン・セッション(下)  日本経済新聞社はタイ国立チュラロンコン大学サシン経営管理大学院と提携して9月、タイ・バンコクで「日経ビジネススクールアジア特別講座」の日本人エグゼクティブ向け講座「サシン...

  • Phrase of the Day

    頼むよ、もう!(2016.10.06)

    You goofed up again?! Well, I ask you!(またヘマしたってか?! 頼むよ、もう!) Vocab Aid:goof up(ヘマをする、失敗する)  腹を下しているらしい散歩中の犬が、何歩か歩いて...

  • 最強のロジカルシンキング

    努力目標が「ノルマ」に化けるブラック企業の仕組み(堀 公俊)(2016.10.05)

    第24回 「できれば」 精一杯風呂敷を広げて考える 日本をブラック国家にさせないために  日本の大きな問題の一つは、言うまでもなく少子高齢化です。子どもの数がどんどん減ってくなかでお年寄りばかり増えています。このままでは人口減少に歯止め...

  • 白熱MBA講義

    日本の不動産価格のインフレーション ―アメリカが主導権を握っている―(2016.10.04)

    早稲田大学ビジネススクール川口有一郎教授の『ニューノーマル』―不動産市場を通して読む―(1) 1 不動産価格インフレ  ご存知の方もいるかと思うが、2013年7月頃から日本では不動産価格が高騰している。だが今回の不動産市場のブームは...

  • Phrase of the Day

    黙ってない(2016.10.04)

    If Joe goes back on his word, I will not take it lying down.(もしジョーが約束を無視したら、私は黙っていません) Vocab Aid:go back on ~’s word(...

  • Phrase of the Day

    頬かむりする(2016.09.30)

    The public outrage was so great that the government could not sweep the scandal under the rug.(世間がスキャンダルに激怒して、政府は頬かむりするわ...

  • Phrase of the Day

    保険をかける(2016.09.29)

    Maybe we should hedge our bets by preparing a backup plan.(保険をかけて、予備のプランも用意しておくべきかも知れません) Vocab Aid:backup(予備の、補助的な) ...

  • 最強のロジカルシンキング

    関西人が「阪神と串カツ」だけで語れないワケ(堀 公俊)(2016.09.28)

    第23回 「とはいえ」 懐に入ってから技をかける え、あの堀さんですか?  拙著の読者の方と初めてお会いすると、たいていは驚かれます。「え、あの○○を書かれた堀さんですか?」と。紺ブレ+チノパンにデイパックを背負って現れるからです。...

  • 龍馬の参謀力

    龍馬に学ぶ人材育成術、賄賂もらった部下の運命は?(西村克己)(2016.09.27)

    龍馬に学ぶ人材育成術、賄賂もらった部下の運命は?  龍馬は28歳で勝海舟と初めて会談したときに、人材育成の重要性を理解していました。人材育成によって将来の日本を支えていくことの重要性に共感しています。龍馬がすぐさま勝海舟に入門し、4カ...

  • Phrase of the Day

    負けてない(2016.09.27)

    She’ll be bullied? Don’t worry about her. She can give as good as she gets.(彼女はいじめられるだろうって?大丈夫。彼女は負けてないから) Vocab Aid:...

  • Phrase of the Day

    底ぬけに人がいい(2016.09.23)

    Tom is generous to a fault. If asked, he would give the shirt off his back.(底ぬけに人がいいトムは、頼まれたらいやとは言いません) Vocab Aid:giv...

  • Phrase of the Day

    知ったかぶりを言う(2016.09.21)

    The commentator was talking through his hat all through the news show.(ニュースショーで、そのコメンテーターはずっと知ったかぶりを言っていました) Vocab Ai...

  • Phrase of the Day

    崖っぷち(の状態)(2016.09.20)

    With our sales dwindling away, we are now hanging on by our fingernails.(売り上げが落ちこんで、いまや我々は崖っぷちだ)  Vocab Aid:dwindle a...

  • 龍馬の参謀力

    龍馬はスピード感あふれる「プレイングマネジャー」(西村克己)(2016.09.20)

    幕末の志士を分類すると、龍馬はプレイングマネジャー型  幕末の志士を、「自分で頭を使うかvs使わないか」と「自分で行動するかvsしないか」の組み合わせで、4タイプに分類できます。  1つめのタイプは、「自分で頭を使う+自分で行動する...

  • Phrase of the Day

    ふんどしを締めてかかる(2016.09.16)

    If you want to stay with the team, you’ll have to gird (up) your loins.(チームに残りたいのなら、君はふんどしを締めてかからなけりゃな) Vocab Aid:sta...

  • Phrase of the Day

    いいとこ取り(2016.09.15)

    The European Union says it will allow Britain no cherry-picking.(EUはイギリスにいいとこ取りはさせないと言っています) Vocab Aid:allow ~ no …(~...

  • 最強のロジカルシンキング

    論理思考は、相手がロジカルでなければ無意味なのか?(堀 公俊)(2016.09.14)

    第22回 「たしかに」 正しいことは正しい 相手を認めて懐に入る  セミナーや講演でロジカルシンキングの話をしていると、よく尋ねられる質問があります。「いくら自分がロジカルであっても、相手がロジカルでなかったら意味がないのではないでしょ...

  • 龍馬の参謀力

    龍馬はなぜ天誅を嫌ったのか? ビジョン実現に向けて(西村克己)(2016.09.13)

     龍馬は、信じられるキーパーソンを味方に取り込むことが非常に上手でした。そしてキーパーソンでない人を事前に回避することにもたけていました。たとえば、土佐藩主の山内容堂とは一線を画しています。容堂は藩主としては優秀で、幕府内でも重鎮の一人でし...

  • Phrase of the Day

    ~の言いなり(2016.09.13)

    Bob adores his granddaughter so much that he is putty in her hands.(ボブは孫娘にメロメロで、彼女の言いなりです) Vocab Aid:adore(熱愛する、崇拝する)...

  • Phrase of the Day

    (軽く)受け流す(2016.09.09)

    You need to learn more about taking criticism in stride.(批判は軽く受け流すことを、君はもっと勉強しなきゃいかんな) Vocab Aid:criticism(批判)  なん...

  • Phrase of the Day

    留守番する(2016.09.08)

    Our grandma kept the home fires burning while we were abroad.(私たちが外国に行っているあいだ、家はお祖母ちゃんが留守番してくれていました) Vocab Aid:be abr...

  • 最強のロジカルシンキング

    お母さんは、なぜ捜し物を見つける天才なのか?(堀 公俊)(2016.09.07)

    第21回 「でなければ」 未開拓の荒野を探し出す さく裂する“お母さんマジック”  「ほら、ここにあるわよ」。妻の一言にがくぜんとしました。朝からずっと捜していた愛用の小さな手帳が、アッサリと見つかったからです。  カバンから取り...

  • 龍馬の参謀力

    龍馬の権限委譲と有言実行、人心をわしづかみに!(西村克己)(2016.09.06)

     龍馬はキーパーソンとの人脈を短期間で確立していますが、人脈がつながるのも人心掌握があってのことだといえます。  龍馬は身分の上下関係にかかわらず、対等の関係で話し合いをしています。龍馬は下級武士に対しても、人間対人間としての対等の関...

  • 白熱MBA講義

    「ティンバーゲンの4つのなぜ」が教える企業生き残りのカギ(2016.09.06)

    早稲田大学ビジネススクール今村英明客員教授の「無常経営」:企業と経営者の進化論(6・最終回)  この連載は、企業や経営者を栄枯盛衰しかつ流転する無常な生物システムと仮定し、最近の日経ビジネスオンライン(NBO)や日経ビジネス(NB)の...

  • Phrase of the Day

    落ちぶれる(2016.09.06)

    He was down at the heels, looking like he had gone/come down in the world.(彼はみすぼらしい恰好をしていて、落ちぶれたようすでした) Vocab Aid:do...

  • Phrase of the Day

    聞こえよがし(に言う)(2016.09.02)

    “How much longer do we have to wait?” said Bob in a stage whisper. (「いつまで待たせるんだ」と、ボブが聞こえよがしに言いました) Vocab Aid:how much...

  • Phrase of the Day

    文句だけは言う(2016.09.01)

    It’s his stock in trade to huff and puff without doing anything himself.(自分は何もせずに文句だけは言うのは、彼の専売特許です) Vocab Aid:stock ...

  • 最強のロジカルシンキング

    「母親に怒られないゲーム機」はどうして生まれたのか?(堀 公俊)(2016.08.31)

    第20回 「逆に」 目からウロコの逆転の発想 人気漫画から学ぶピンチからの脱出法  『ジョジョの奇妙な冒険』(荒木飛呂彦)は、数世代にわたる壮大な戦いを通じて人間賛歌を描いたロマンホラー漫画の傑作です。その中に、皆さんにお伝えしたい...

  • 龍馬の参謀力

    疑問を放置せず、薩長にwin-win持ちかけた龍馬(西村克己)(2016.08.30)

     話し手が都合悪い話を隠し、ごまかそうとしても、聞き手を説得することはできません。聞き手が「なぜ?」という疑問を持ったままでは、納得しないでしょう。  たとえば、リスクが高いのにリスクについては一切話さないで、もうかる話ばかりをしたと...

  • Phrase of the Day

    二の足を踏む(2016.08.30)

    The government fought shy of raising the consumption tax rate.(政府は消費税率を上げることに二の足を踏みました) Vocab Aid:raise (上げる) consum...

  • やり直し英語勉強法

    会議・交渉、独特の言い回しを学ぼう――日向清人(2)(2016.08.29)

     急速にグローバル化の進む会社の職場。外国人ビジネスマンの姿も日増しに増えている。しかし、多くのビジネスパーソンにとって大きな壁となっているのがやはりビジネス英語だろう。本当に使える実践的な英語を学び直す必要に迫られている。日経Bizアカデ...

  • やり直し英語勉強法

    会話の9割をカバー 知られざる「基礎単語」2000語――日向清人(1)(2016.08.26)

     急速にグローバル化の進む会社の職場。外国人ビジネスマンの姿も日増しに増えている。しかし、多くのビジネスパーソンにとって大きな壁となっているのがやはりビジネス英語だろう。本当に使える実践的な英語を学び直す必要に迫られている。日経Bizアカデ...

  • Phrase of the Day

    千万人といえども我れ行かん(2016.08.26)

    The odds are against him, but Max had the courage of his convictions to refuse to resign.(四面楚歌の中、マックスは千万人といえども我れ行かんとばかりに...

  • Phrase of the Day

    新品同様の(2016.08.25)

    I bought a used car. It was in mint condition.(中古車を買いましたが、新品同様でした) Vocab Aid:used car(中古車)  その昔「ピッカピカのイッチネンセイ」というフ...

  • 最強のロジカルシンキング

    日本の会議の問題点、1位と2位はどこも一緒のあれ?(堀 公俊)(2016.08.24)

    第19回 「あえて」 時には無理に考えてみる 日本の会議の最大の問題点とは?  「ファシリテーション白書2014年版」(日本ファシリテーション協会)は、話し合いを促進するファシリテーション・スキルの普及度合いを定点観測した調査資...

  • 白熱MBA講義

    親子争いを乗り越え 大塚家具は脱皮できるのか?(2016.08.23)

    早稲田大学ビジネススクール今村英明客員教授の「無常経営」:企業と経営者の進化論(5) 無常な生物システムとしての企業と経営者  この連載は、企業や経営者を栄枯盛衰しかつ流転する無常な生物システムと仮定し、「ティンバーゲンの4つの...

  • 龍馬の参謀力

    初対面の要人に「ビジョン」を明確に伝えた龍馬(西村克己)(2016.08.23)

     気心が知れていない初対面の人と話すときは、論理的に話すことが求められます。主張をきちんと説得できるよう、論理的な話し方が必要なのです。「要するに何を言いたいのか?」をわかりやすく話さなければ、聞き手がイライラしてしまいます。  論理...

  • Phrase of the Day

    食べていく(2016.08.23)

    He is out of work. How he keeps body and soul together is beyond me.(職についていない彼がどうやって食べているのか、私にはわかりません) Vocab Aid:out ...

  • Phrase of the Day

    思い知らせる(思い知る/知らされる)(2016.08.19)

    The hard training brought my frailty home to me.(きびしいトレーニングで、私は自分の体力のなさを思い知りました/知らされました) Vocab Aid:frailty(弱さ)  「主...

  • Phrase of the Day

    どうせなら気分よくやる(2016.08.18)

    I know how you feel, but you have no alternative. Try to make a virtue of necessity.(気持ちはわかるが、君がやるしかないんだ。どうせなら気分よくやってくれ)...

  • 最強のロジカルシンキング

    もしあのとき妻に会っていなければ、もっと幸せに?(堀 公俊)(2016.08.17)

    第18回 「仮に」 ピンポイント爆撃で攻める 人生は一体何で決まるのか?  私が気に入っているテレビ番組の一つに、NHKの「ファミリーヒストリー」があります。著名人の家族の歴史を、本人に代わって追いかけていくドキュメンタリー番組...

  • 龍馬の参謀力

    「話題選び」のコツと傾聴~龍馬の信頼獲得術(西村克己)(2016.08.16)

     近年は自分の仕事が手一杯で、コミュニケーションで解決策を話し合う時間が減っています。しかしコミュニケーション不足は、人間同士の孤立を促進し、お互いを高め合う相乗効果を得る機会を失います。  うまくコミュニケーションがとれれば、信頼関...

  • Phrase of the Day

    タラは北海道(2016.08.16)

    Don't brood over what you should or shouldn't have done. That's woulda coulda shoulda thinking.(ああしたらよかった、こう...

  • 映画でTOEICリスニング(国際弁護士 湯浅卓)

    言葉に込めた強い絆 栄光のランナー/1936ベルリン(2016.08.15)

     最新映画のセリフからTOEICリスニングのヒントをつかむ「映画でTOEICリスニング」。今回が最終回です。最後の題材は、人種差別と戦った、実在のスポーツ選手の物語です。 抑圧のなかで競技に賭けた陸上選手の半生  いまか...

  • Phrase of the Day

    せこい(2016.08.12)

    Max is called parsimonious after charging the cost of his underwear to the company.(自分の下着代を会社につけて、マックスはせこいと言われています) V...

  • Phrase of the Day

    (機械などの)調子が悪い(2016.08.11)

    This PC has been on the fritz since the time of purchase.(このパソコンは買ったときから調子が悪い) Vocab Aid: time of purchase (購入時)  ...

  • Phrase of the Day

    能力を試す(2016.08.09)

    The coach put the players through their paces at a tryout.(コーチは選考会で選手の能力を試しました) Vocab Aid: tryout(選手選考会、セレクション)  有...

  • 龍馬の参謀力

    筆まめだった龍馬、キーパーソンとの交流深める(西村克己)(2016.08.09)

     いつの時代も、信頼関係の構築にはコミュニケーションが不可欠です。龍馬は手紙によるコミュニケーションを重視していました。  19歳で江戸に出てから、多くの手紙を書いています。19歳から暗殺される33歳までの約15年間で、現存する手紙は...

  • 白熱MBA講義

    シャープはホンハイ傘下で再生できるのか? 問われる「目の付け所がシャープ」な思想(2016.08.09)

    早稲田大学ビジネススクール今村英明客員教授の「無常経営」:企業と経営者の進化論(4)  この連載は、企業や経営者を栄枯盛衰しかつ流転する無常な生物システムと仮定し、「ティンバーゲンの4つのなぜ」をツールとして、企業や経営者の進化を考え...

  • 映画でTOEICリスニング(国際弁護士 湯浅卓)

    決意の言とは/トランボ ハリウッドに最も嫌われた男(2016.08.08)

     最新映画のセリフから、生きた英語のツボを学ぶ「映画でTOEICリスニング」。今回は、表現の自由への弾圧とそれに対する戦いを描くシーンから、言葉に込められた意志の強さを読み取っていきます。 実在した」脚本家の波瀾万丈な人生 ...

  • Phrase of the Day

    思わず二度見する(2016.08.05)

    Paula did a double take when Jim got down on one knee and popped the question.(ジムにひざまずいて結婚を申しこまれ、ポーラは思わず二度見しました) Voca...

  • 探訪ビジネススクール

    日本には強いリーダーを育てる教育がない・日産志賀氏(2016.08.05)

     東南アジア諸国連合(ASEAN)の広域経済連携の枠組み「ASEAN経済共同体(ACE)」が発足、世界の注目がASEAN市場に集まっている。日本企業はASEANの新時代にいかに対応すべきか。日本経済新聞社は今秋、アジア有数のビジネススクール...

  • Phrase of the Day

    勝ち目はない(2016.08.04)

    The odds are against our getting the contract, but let’s give it our best shot.(契約が取れる勝ち目はないけれど、とにかく最善を尽くそう)  Vocab A...

  • 最強のロジカルシンキング

    謝罪会見「トップとして責任を取るのか」への模範解答は?(堀 公俊)(2016.08.03)

    第17回 「あくまでも」 限定をつけると自由になれる トップとして責任を取るおつもりですか?  がん首をそろえ、数秒間「申し訳ございません」と頭を深々と下げる謝罪会見。すっかりテレビではおなじみの風景となりました。  いろ...

  • 龍馬の参謀力

    龍馬のロジカル思考、海援隊が徳川御三家に勝訴!(西村克己)(2016.08.02)

     グローバル化、ボーダレス化の今日において、論理思考の重要性がますます増大しています。龍馬は論理思考(ロジカルシンキング)が得意でした。初対面の人と対談して初回で信頼を勝ち取るためには、相手を納得させなければいけません。論理的に考え、話し、...

  • Phrase of the Day

    何がなんでも(2016.08.02)

    I want to get it done so bad I can taste it. (何がなんでもこれをやってしまいたいんだ) Vocab Aid: get it done(やりとげる)  表題のフレーズの基本の意味が...

  • 映画でTOEICリスニング(国際弁護士 湯浅卓)

    単語でニュアンスを変える/X-MEN:アポカリプス(2016.08.01)

     アカデミー賞主演女優賞など数々の栄誉に輝き、米フォーブス誌で2年連続ハリウッド最高報酬女優として報じられたジェニファー・ローレンス。今回は、世界待望のシリーズ最新作「X-MEN:アポカリプス」で個性的なミュータント役を演じるジェニファーの...

  • Phrase of the Day

    事情通(2016.07.29)

    According to informed persons, there is a merger planned for the two companies.(事情通によれば、その2社の合併が計画されています) Vocab Aid:m...

  • 探訪ビジネススクール

    ダイバーシティーを国際競争を勝ち抜く切り札に・日産志賀氏(2016.07.29)

     世界の注目が新興国市場として勃興する東南アジア諸国連合(ASEAN)に集まっている。日本企業の現地進出が進むなか、グローバルとリージョナル、両方の視点を併せ持つ人材開発が急務となっている。こうした状況に対応して日本経済新聞社は今秋、アジア...

  • Phrase of the Day

    一巻の終わり(2016.07.28)

    It was found that he had his fingers in the till.It’s curtains for him.(会社のカネを使い込んだことがわかって、彼はもう一巻の終わりです) Vocab Aid:ha...

  • 最強のロジカルシンキング

    怒り狂っている相手をロジカルに落ち着かせるには?(堀 公俊)(2016.07.27)

    第16回 「おおよそ」 ザックリと全体を把握する 物理屋は細かい数字にこだわらない  私の専門は、ロジカルシンキングでも経営学でもありません。大学院では応用物理学を修め、メーカーに入社したときは研究所に配属されました。  ...

  • 白熱MBA講義

    ホームランを打てなくなったソニーが打つべき次の一手(2016.07.26)

    早稲田大学ビジネススクール今村英明客員教授の「無常経営」~企業と経営者の進化論(3) 無常な生物システムとしての企業と経営者  この連載は、企業や経営者を栄枯盛衰しかつ流転する無常な生物システムと仮定し、「ティンバーゲンの4つの...

  • 龍馬の参謀力

    双方の本音を聞き出し、win-winを成立させた交渉力(西村克己)(2016.07.26)

     龍馬は交渉がうまくいかないとき、何が交渉の障害になっているか、常に双方の本音を聞き出すことに注力しました。龍馬は相手の失敗や裏切りを責めず、「なぜそのような行動を取ったのか?」という理由を考えたのです。そして本音を聞き、解決策を提案するこ...

  • Phrase of the Day

    ガッカリさせる(する)(2016.07.26)

    Beth didn’t return his call, and that let him down.(ベスが電話をかけ直してこないので、彼はガッカリしました) Vocab Aid:return ~’s call(電話を返す) ...

  • 映画でTOEICリスニング(国際弁護士 湯浅卓)

    家族、友人同士の会話に漂う「空気感」/ブルックリン(2016.07.25)

     今回のテーマは、家族や友人同士の会話に漂う独特の「空気感」を感じ取ること。ヨーロッパからアメリカへの移住した女性の恋愛を描いた映画と投資家ウォーレン・バフェットの思い出話から、言葉の裏に潜む「心模様」を聞き取ります。 若き女性の恋愛...

  • Phrase of the Day

    おカタい人(たち)(2016.07.22)

    Prim-and-proper folks would raise their eyebrows at her behavior.(おカタい人なら彼女の振る舞いには眉をひそめるでしょう) Vocab Aid:raise ~’s eye...

  • 探訪ビジネススクール

    日本企業に元気を! いまMBAが求められるわけ(2016.07.22)

     早稲田大学は大学院商学研究科ビジネス専攻と大学院ファイナンス研究科を統合して「大学院経営管理研究科(早稲田大学ビジネススクール)」を開設、記念シンポジウム「日本企業の10年戦略」を開いた。シンポでは「日本のビジネススクールが目指すべきこと...

  • Phrase of the Day

    本業に専念する(2016.07.21)

    Today’s best-performing companies stick to the knitting, says the economist.(今日では優良企業ほど本業に専念すると、そのエコノミストは言っています) Voca...

  • 最強のロジカルシンキング

    会議に出没する“そもそもオジサン”の取り扱い方(堀 公俊)(2016.07.20)

    第15回 「いずれにせよ」 今までの考えをまとめる 会議に出没する“そもそもオジサン”  前回は、「そもそも」と本質に立ち戻ることの大切さについて話をしました。ただし、何でもかんでも「そもそも論」をふっかける“そもそもオジサン”...

  • 龍馬の参謀力

    キーパーソンが互いにメンツを保ち、Win-Winを実現した交渉力(西村克己)(2016.07.19)

     真のキーパーソンを探すためには、ステロタイプ(紋切り型、形式主義)からの脱皮が必要です。ステロタイプは、「夏は暑い」とか、「クリスマスにはケーキを食べるべきだ」とか、「役職が高い人は優秀だ」といった紋切り型の判断をする人です。ステロタイプ...

  • Phrase of the Day

    丸投げする(2016.07.19)

    All they do is work out a business plan and throw it over the wall to us.(連中がやることは、営業計画をたてて我々に丸投げするだけです) Vocab Aid:wo...

  • Phrase of the Day

    (しつこく)あげつらう(2016.07.15)

    When I flunked the exam, Bob rubbed my nose in it.(僕が試験に落ちたら、ボブはそのことをしつこくあげつらいました) Vocab Aid:flunk(失敗する)  「論う」と書いて「あ...

  • 探訪ビジネススクール

    ダイバーシティーなくして成長なし・カルビー松本会長(2016.07.15)

     早稲田大学は大学院商学研究科ビジネス専攻と大学院ファイナンス研究科を統合して「大学院経営管理研究科(早稲田大学ビジネススクール)」を開設、記念シンポジウム「日本企業の10年戦略」を開いた。シンポでは、カルビー会長兼最高経営責任者(CEO)...

  • 映画でTOEICリスニング(国際弁護士 湯浅卓)

    ハイフンの有無で意味に違い/教授のおかしな妄想殺人(2016.07.15)

     今週は、映画の中の会話と米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツのインタビューでの発言を対比させながら、リスニングでは確認しがたいハイフンの有無を聞き取り、意味の違いを把握する実例をご紹介します。 奇想天外の大学教授が登場! ...

  • Phrase of the Day

    釈迦に説法(2016.07.14)

    Don't show math teachers how to solve an equation. It's like teaching your grandmother to suck eggs.(数学の先生に方程式の解...

  • 最強のロジカルシンキング

    対立する日本と欧米のビジネス思考法、どちらが正しい?(堀 公俊)(2016.07.13)

    第14回 「そもそも」 マクロからミクロを考える こんな机上の空論は意味がない!  日本と米国で思考形式がまるで違うことを痛感した一件があります。あるグローバル企業で、日米の幹部が東京に集まって、来年度の戦略と計画への落とし込み...

  • 白熱MBA講義

    三菱自動車の燃費偽装に見る「無常な生物システム」としての企業と経営者(2016.07.12)

    早稲田大学ビジネススクール今村英明客員教授の「無常経営」~企業と経営者の進化論(2)  この連載は、企業や経営者を栄枯盛衰しかつ流転する無常な生物システムと仮定し、「ティンバーゲンの4つのなぜ」をツールとして、企業や経営者の進化を考え...

  • 龍馬の参謀力

    一度の会談でキーパーソンの信頼を勝ち取る交渉力(西村克己)(2016.07.12)

     龍馬は交渉力によって多くの困難を解決していきます。亀山社中の設立のためには、薩摩藩を動かす必要がありました。設立の直前、薩摩藩の西郷隆盛は薩長同盟の対談を約束していながら、長州藩の桂小五郎との対談をドタキャンして、下関でなく京都に逃避して...

  • Phrase of the Day

    明々白々(な証拠)(2016.07.12)

    Kate blushes when she sees Tom ─ a dead giveaway she is in love with him.(ケイトはトムに会うと顔を赤らめます。彼に恋をしているのは明々白々です) Vocab ...

  • 映画でTOEICリスニング(国際弁護士 湯浅卓)

    時と場合で変わる「R」の発音/マネーモンスター(2016.07.11)

     最新映画のせりふから生きた英語の発音を学ぶ「映画でTOEICリスニング」。今回取り上げるのは、テレビの財テク番組を舞台にしたサスペンスです。 米大統領選挙の演説と対比させながら、同じ言葉でも時と場合で変わる発音について学びます。 全...

  • Phrase of the Day

    (おカネなどを)湯水のように使う(2016.07.08)

    The prodigal son played ducks and drakes with his father's money.(その放蕩息子は父親の財産を湯水のように使いました) Vocab Aid:prodigal (...

  • Phrase of the Day

    どっちに転んでも損はしない(2016.07.07)

    Joe is a tough negotiator, a “heads I win, tails you lose” type of guy.(ジョーはやり手で、どっちに転んでも損はしないというタイプの男です) Vocab Aid:t...

  • 最強のロジカルシンキング

    日本人が好きな「3」をロジカル思考に役立てるには?(堀 公俊)(2016.07.06)

    第13回 「一つ目は」 覚悟を決めて指を立てる 切っても切れない縁がある  今回はクイズから始めます。NTT、JAL、NHK、JCB、NEC、IBM、UCC、HIS、YKK、FBI。さて、これら10の組織に共通するものは何でしょ...

  • 龍馬の参謀力

    龍馬の人脈強化策~亀山社中と「トリプルwin」(西村克己)(2016.07.05)

     龍馬は亀山社中を設立して、フォーマルな人脈ネットワークを広げます。亀山社中は、三者が共にwin(勝者になる、利益を享受できる)になれる、トリプルwinの関係を実現しました。亀山社中、長州藩、薩摩藩にとってのwinとは何だったのでしょうか。...

  • Phrase of the Day

    はったり屋(2016.07.05)

    He talks as if he can buy a private jet anytime, but he’s all hat and no cattle.(彼ははったり屋で、いつでも自家用ジェットを買えるようなことを言います) ...

  • 映画でTOEICリスニング(国際弁護士 湯浅卓)

    名経営者の魔法のことば スノーホワイト/氷の王国(2016.07.04)

     最新の映画からTOEICリスニング試験のポイントを学ぶ本連載。今回取り上げるのは「スノーホワイト/氷の王国」です。 映画の中のせりふを、ビジネスシーンに置き換えて考えます。 100%攻めの発想をものにしよう  2人の女...

  • Phrase of the Day

    青春時代(2016.07.01)

    In my salad days, I was always at a loss as to what to do.(青春時代、私はいつもどうしようかと迷っていました) Vocab Aid:be at a loss(迷う、途方にく...

  • Phrase of the Day

    踏んだり蹴ったり(の目に遭わせる)(2016.06.30)

    Jane ditched me and to add insult to injury, she dished the dirt on me.(ジェーンにソデにされた上にあることないことと言いふらされて、おれは踏んだり蹴ったりだよ) ...

  • 最強のロジカルシンキング

    会議の資料づくりに困ったら、新聞を読んでみる?(堀 公俊)(2016.06.29)

    第12回 「結論から言うと」 相手が知りたいことから伝える 刑事コロンボvs名探偵コナン  ミステリーの世界に「倒叙モノ」と呼ばれるジャンルがあります。かつて一世を風靡(ふうび)したテレビドラマである「刑事コロンボ」や「古畑任三郎」...

  • 龍馬の参謀力

    キーパーソンからキーパーソンへ、龍馬が築いたインフォーマルな人脈(西村克己)(2016.06.28)

     人間関係には、フォーマル(公式)とインフォーマル(非公式)の関係があります。フォーマルな人間関係は、組織に依存します。インフォーマルな人間関係は、組織に依存しないものです。龍馬は後者のインフォーマルな人間関係を築くことに優れていました。だ...

  • 白熱MBA講義

    セブン&アイの鈴木会長退任劇を4つのなぜから考える(2016.06.28)

    早稲田大学ビジネススクール今村英明客員教授の「無常経営」~企業と経営者の進化論(1) 無常な生物システムとしての企業と経営者  企業や経営者は、周囲の環境の中で生息し、環境に適応できたものが生き残り、できないものは淘汰される。環...

  • Phrase of the Day

    耳にタコ(2016.06.28)

    I am sick and tired of hearing his story of a UFO sighting.(彼のUFOを見たという話はもう耳にタコだ) Vocab Aid:sighting(目撃)  監督が「もう...

  • 映画でTOEICリスニング(国際弁護士 湯浅卓)

    大統領のジョークをわがものに/エンド・オブ・キングダム(2016.06.27)

     映画を見ながらTOEICリスニング試験の力を磨く「映画でTOEICリスニング」。今回は、政治の世界を描いた映画を取り上げます。 映画が描くフィクションの世界と本物の大統領のスピーチを題材に、リスニング力アップのポイントを解説します。 ...

  • Phrase of the Day

    第一線から身を引く(2016.06.24)

    John says he will bow out of the presidency when he turns 70.(70になったら社長を辞めて第一線から身を引くと、ジョンは言っています) Vocab Aid:presiden...

  • Phrase of the Day

    手も足も出ない(状態)(2016.06.23)

    Having me over a barrel, they charged an exorbitant fee to repair my car.(手も足も出ないことを知って、彼らは法外な車の修理代を私に請求しました) Vocab A...

  • 最強のロジカルシンキング

    最近20年の歌謡曲で4倍使われるようになった言葉は?(堀 公俊)(2016.06.22)

    第11回 「考えます」 文章の意味は最後で決まる 意味不明の質問はやめてくれ!  想像してみてください。あなたは、きょう一日、仕事場を抜け出して日経ビジネススクールのロジカルシンキングの公開研修を受けています。「もう少しロジカルにな...

  • 龍馬の参謀力

    龍馬の人心掌握術~幕末の要人の懐にどう飛び込んだのか?(西村克己)(2016.06.21)

     役に立つ人脈を考えるとき、大きく分けて2種類の人がいます。1つめは、身分や役職で人を判断する人です。2つめは、身分や役職に関わらず相手の話を聞き、相手の能力を見極められる人です。現在もそうですが、幕末の時代にも、圧倒的に前者が多くいました...

  • Phrase of the Day

    微妙なところ(2016.06.21)

    It’s still touch-and-go whether or not they will sign the contract.(彼らが契約にサインするかどうかは微妙なところです) Vocab Aid:whether or n...

  • 映画でTOEICリスニング(国際弁護士 湯浅卓)

    ジョブズとマスクの名言も覚えよう! シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016.06.20)

     ビジネス英語に大切なのは、意思をはっきりと伝えること。交渉ごとはもちろんのこと、仕事に対する「ビジョン」を周知させることが重要です。 今回題材にする「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」からは、マネジメント、リーダーがどう周囲に意思決定...

  • Phrase of the Day

    基準を満たす(2016.06.17)

    The restaurant has a dress code. You won’t pass muster without a jacket.(上着なしでは、そのレストランの服装基準は満たせません) Vocab Aid:dress...

  • Phrase of the Day

    バカにならない(2016.06.16)

    One hundred dollars may be chicken feed for you, but that's nothing to sneeze at for me.(君にとって100ドルは小銭かも知れないが、僕にはバカに...

  • 最強のロジカルシンキング

    大阪人に道を尋ねると、なぜ迷ってしまうのか?(堀 公俊)(2016.06.15)

    第10回 「私は」 話の主体をハッキリさせる なんや、知らんのかい!  皆さんは、知らない土地を訪れて道に迷った時にどうされますか。おそらく多くの方は、地図を取り出したり、案内板を探したり、自力で何とか解決を図ろうとすると思います。...

  • 白熱MBA講義

    21世紀の企業倫理と経営命題~コンプライアンス超えたIKEAのCSR(2016.06.14)

    早稲田大学ビジネススクール平野正雄教授のコーポレートガバナンス論(5) マルチステークホルダー論は株主価値経営の対立概念ではない  これまで本稿では、デファクトスタンダードと言える株主主権のガバナンス論を中心に、経営と組織の規律...

  • 龍馬の参謀力

    キーパーソンとパートナーシップを育む龍馬の人脈開拓力(西村克己)(2016.06.14)

     ここからは、龍馬の人脈開拓力について考えていきます。龍馬の人脈がなければ、薩長同盟も大政奉還もなかったかもしれません。現代においても人脈作りは重要です。待っていても広がりませんし、名刺交換しただけでは人脈とは言えません。お互いが信頼関係を...

  • Phrase of the Day

    化けの皮を剥がす(2016.06.14)

    A weekly magazine blew a dubious TV commentator’s cover.(週刊誌がうさんくさいテレビ解説者の化けの皮を剥がしました) Vocab Aid:dubious(疑わしい、怪しげな) c...

  • 映画でTOEICリスニング(国際弁護士 湯浅卓)

    コメディーで英語発音の面白さを存分に満喫/ヘイル、シーザー!(2016.06.13)

     映画でTOEICリスニング試験の実力をアップさせる「映画でTOEICリスニング」。今回題材にするのは、映画の裏側を描いた作品です。 最高に楽しいリスニング体験を!  1950年代のハリウッド。黄金期ともいえる、その華々しい...

  • Phrase of the Day

    世渡り上手な(2016.06.10)

    They may not look like it, but they are, in fact, street-smart youngsters.(そう見えないかもしれないけど、実は彼らは世渡り上手な若者たちです) Vocab Ai...

  • Phrase of the Day

    気持ちを思いやる(2016.06.09)

    We pretended that we all liked her dress in order to spare her feelings.(彼女の気持ちを思いやって、みんなでドレスが気に入ったふりをしました) Vocab Aid...

  • 最強のロジカルシンキング

    あなたの人生を充実させる「ロジカルな習慣」とは?(堀 公俊)(2016.06.08)

    第9回 「中でも」 大きな壺は石からつめる ライフワークvsライスワーク  皆さんは、ご自分のキャリアに関心はありますか。「Yes」という方は、理想とする姿に近づくために、今やっている仕事や活動を棚卸しするエクササイズをやってみ...

  • 龍馬の参謀力

    日本の属国化回避は、龍馬の「ゼロベース思考」から! (西村克己)(2016.06.07)

     私たちは対前年比で事業計画を立てることに慣れていますが、本当にそれでいいのでしょうか。対前年比で考えていると、「過去の過ちを拡大させる」「新しい挑戦に目をつむる」ことになります。米経営学者ピーター・ドラッカーは「きょう最も成功している製品...

  • Phrase of the Day

    上に弱く下に強い(2016.06.07)

    Why do we dislike him? Because he kisses up, kicks down.(なぜ我々が彼を嫌うかって?上に弱くて下には強いからですよ) Vocab Aid:dislike(嫌う)  上役と部...

  • 映画でTOEICリスニング(国際弁護士 湯浅卓)

    相手を「全否定」する論理を子音で味わう!/マクベス(2016.06.06)

     英語を学ぶに当たって、シェイクスピアは避けて通ることはできないでしょう。劇作家、詩人として、近代イギリス英語の礎を築いたといっても過言ではないからです。 「映画でTOEICリスニング」今回教材とするのは、シェイクスピアの代表作のひとつを映...

  • Phrase of the Day

    一切合切/一切合財(いっさいがっさい)(2016.06.03)

    Jack sold his properties lock, stock, and barrel to repay his debts.(ジャックは借金を返すために一切合切の資産を売りました) Vocab Aid:repay ~’s ...

  • Phrase of the Day

    モノを知らない(2016.06.02)

    Pay no heed to Tom. He does not know beans.(トムは相手にするな。あれはモノを知らないから)  Vocab Aid:pay no heed(気にしない、取りあわない)  まずは昔からある...

  • 最強のロジカルシンキング

    日本はなぜ「2番目に自由のない国」なのか?(堀 公俊)(2016.06.01)

    第8回 「他には」 松竹梅を取りそろえて考える(この連載の一覧) 「貧しいが自由な国」と「豊かだが抑圧の強い国」  5年ごとに世界の人々のさまざまな価値観を調べる国際プロジェクトがあります(世界価値観調査)。その中の1つに「自分...

  • 探訪ビジネススクール

    勃興するASEAN、多様性を理解した地域戦略がカギ(2016.06.01)

    タイ サシン経営管理大学院 日本センター所長 藤岡資正氏  東南アジア諸国連合(ASEAN)の広域経済連携の枠組み「ASEAN経済共同体(ACE)」が2015年末に発足、ASEAN市場の重要性が一段と増している。日本企業はASEANの新時...

  • 白熱MBA講義

    ビジョンと理念による統合的ガバナンスの実現(2016.05.31)

    早稲田大学ビジネススクール平野正雄教授のコーポレートガバナンス論(4) ビジョンと理念の重要性  前回は、リーダーシップリスクと言うネガティブな概念を導入して、経営トップの資質や能力が企業価値を支配することを紹介した。従って、経営トップ...

  • 龍馬の参謀力

    龍馬の合理主義~なぜ「船」「脱藩」を選んだのか?(西村克己)(2016.05.31)

     「景気が悪いから仕方ない」とか、「会社が悪いから自分は幸せではない」とか、周囲の環境や他人のせいにしても問題は解決しません。そうした発想は、形式主義の1つです。龍馬は形式にとらわれない徹底した合理主義でした。  薩長同盟が成立した後...

  • Phrase of the Day

    みんなが言うほど良くない(2016.05.31)

    The view of the lake is not as good as they say.(その湖の眺めは、みんなが言うほど良くありません) Vocab Aid:view (眺め、景色)  みんながおいしいと言うレストラン...

  • 映画でTOEICリスニング(国際弁護士 湯浅卓)

    動詞のリズムと温かいハートを体感!/グランドフィナーレ(2016.05.30)

     リスニングは耳が命。ひと言もききもらすまいと集中して英語に耳を傾けるのもいいですが、ときには心地よい音楽で耳にも「おつかれさま」をしてあげたいものです。 注目の映画を見ながらTOEICにリスニング力を強化する「映画でTOEICリスニング」...

  • Phrase of the Day

    ひとくち乗る(2016.05.27)

    My business started working out. Now everybody wants to get in on the act.(私の事業はうまくいき始めました。今では誰もがひとくち乗りたがります) Vocab A...

  • Phrase of the Day

    ノーチャンス(2016.05.26)

    With debt like this, the company has a snowball’s chance in hell to survive.(こんなに負債を抱えて、その会社の生き残りはノーチャンスです) Vocab Ai...

  • 最強のロジカルシンキング

    「お金が貯まらない」をロジカルに解決するには?(堀 公俊)(2016.05.25)

    第7回 「どうやって」 できない理由よりできることを(この連載の一覧) ロジカルになれない2つの原因  このコラムをお読みの方は、少なからずロジカルシンキングが苦手な人だとお見受けします。でないと、「最強の~」「ワンフレーズ」な...

  • 龍馬の参謀力

    龍馬の日本グローバル化~目的から「最適な手段」(西村克己)(2016.05.24)

     龍馬は目的指向の人でした。彼の目的は、「海外に対抗できる強い日本にすること」、そして「日本を諸外国の属(植民地)にさせないこと」でした。これに照らし合わせてみると、龍馬の取った手段と行動には一貫性があります。犬猿の仲だった薩長の同盟を提案...

  • 映画でTOEICリスニング(国際弁護士 湯浅卓)

    緊迫シーンでリスニング力の大幅アップを/ルーム(2016.05.23)

     TOEICリスニングに集中力は不可欠です。漫然と聴いていると、キーワードを聴きもらし、そこから先の流れがつかめなくなったりします。緊張感高く耳を傾けるためには、やはりシリアスな映画の張り詰めたシーンを観るといいでしょう。今回の題材は、そん...

  • Phrase of the Day

    たとえ火の中、水の中(2016.05.20)

    Bob is so crazy about Jane that he jumps through hoops for her.(ボブはジェーンに夢中で、彼女のためならたとえ火の中、水の中です) Vocab Aid:be crazy ...

  • 探訪ビジネススクール

    6つの技術「3grain」が世界を塗り替える スペインIEビジネススクールに学ぶビジネスのための地政学(下)(2016.05.20)

     地理的な条件が外交を含む政治、経済などに与える影響を研究する「地政学」。激動する世界情勢を背景に、ビジネスパーソンにとっても必修知識となってきた。この分野の権威、スペインのIEビジネススクールのミロ・ジョーンズ(Milo Jones)客員...

  • Phrase of the Day

    かっこいい(2016.05.19)

    We took a look at the new restaurant. It was really the cat’s pajamas.(新しくできたレストランをちょっと見てきたのよ。すごく、かっこいいわよ) Vocab Aid:...

  • 最強のロジカルシンキング

    会議に遅れる“困ったちゃん”への賢い対処法は?(堀 公俊)(2016.05.18)

    第6回 「何のため」 本懐を遂げてこそ意味がある(この連載の一覧) 感動の物語は理にかなっているか?  ディズニーランドにやってきた若い夫婦が2人でレストランを訪れました。夫婦それぞれの料理に加え、お子さまランチを注文したとこ...

  • 白熱MBA講義

    経営の規律と組織の規律~リーダーシップリスクとは何か(2016.05.17)

    早稲田大学ビジネススクール平野正雄教授のコーポレートガバナンス論(3) リーダーシップリスクとは  これまでコーポレートガバナンスの眼目が経営者の監督であり、経営に規律を与えることである、と述べてきた。当然ながら、ガバナンスをい...

  • 龍馬の参謀力

    歴史でひもとく龍馬の目的指向と「課題設定力」(西村克己)(2016.05.17)

     将来が見えない外部環境が激変する時代には、「手段指向」では間違った意思決定をします。同じ土佐藩の武市半平太(土佐勤王党の盟主)が、藩と幕府の形にこだわった形式主義でした。土佐藩が尊王攘夷から開国主義に転換した方針で、英雄が一夜にして悪役と...

  • Phrase of the Day

    立ち聞きする(2016.05.17)

    You may be her mother, but you are not supposed to listen in on her phone calls.(あなたは彼女の母親かもしれないけど、娘の電話を立ち聞きするのはよくないわよ) ...

  • 映画でTOEICリスニング(国際弁護士 湯浅卓)

    「TOEIC新形式」対策もバッチリ/ミラクル・ニール!(2016.05.16)

     新方式で実施される次回のTOEICは、5月29日(日)。試験の前に、ぜひ、変更のポイントを再確認しておきましょう。 注目の映画を見ながらTOEICにリスニング力を強化する「映画でTOEICリスニング」。連載5回目の教材は「ミラクル・ニール...

  • 探訪ビジネススクール

    ビジネス戦略に不可欠な4つの地政学的力学 スペインIEビジネススクールに学ぶビジネスのための地政学(上)(2016.05.13)

     地理的な条件が外交を含む政治、経済などに与える影響を研究する「地政学」。その本場、欧州のビジネスエリートの間では必修知識とされてきたが、激動する世界情勢を背景に近年、日本でもの注目が高まっている。グローバル時代のビジネスにおける地政学の重...

  • Phrase of the Day

    余計な手を加える(2016.05.13)

    Leave the sculpture the way it is. It’s one of your best. Better not gild the lily.(その彫刻はそのままに。君の傑作のひとつだ。余計な手は加えない方がいい) ...

  • Phrase of the Day

    儲かったら…(2016.05.12)

    When my ship comes in, I will build a huge mansion on a hill.(儲かったら、私は丘の上に大邸宅を建てます) Vocab Aid:huge mansion(大邸宅)  「...

  • 最強のロジカルシンキング

    ストレートに言わない人の対処法、最終兵器は?(堀 公俊)(2016.05.11)

    第5回 「たとえば」 神は細部に宿る(この連載の一覧) ツッコミどころ満載の依頼メール  何を隠そう(別に隠していないか)、私はスマホどころか携帯電話すら持っていません。そう言うと、ネアンデルタール人にでも遭遇したような目で見られま...

  • 龍馬の参謀力

    “犬猿の薩長”を結びつけた斬新な龍馬のシナリオ(西村克己)(2016.05.10)

     シナリオプラニングの原動力は「斬新さ」と、それを受け入れることです。しかし、斬新さは外部環境に則したものである必要があります。外部環境を理解するためには、過去のやり方に固執していては方向性を見誤りがちになります。たとえば、幕藩体制を守ると...

  • Phrase of the Day

    身から出たサビ(2016.05.10)

    Jack was bitten by a dog he had been abusing. He reaped the whirlwind.(ジャックは犬をいじめていたら噛まれました。身から出たサビです)  Vocab Aid:be...

  • 映画でTOEICリスニング(国際弁護士 湯浅卓)

    FBI会議英語のエッセンスをつかめ!/ボーダーライン(2016.05.09)

     いよいよ予備選が佳境を迎えている米大統領選挙。日本の将来を考える意味でも目が離せません。 さて、映画を見ながらTOEICにリスニング力を強化する「映画でTOEICリスニング」。連載4回目の教材は、その大統領選でも話題に上った映画「ボーダー...

  • Phrase of the Day

    最低の極み(2016.05.06)

    He preys on old people. He is the lowest of the low even among con artists.(彼はお年寄りを食いものにする。詐欺師のなかでも最低の極みです) Vocab Aid...

  • Phrase of the Day

    一挙に(2016.05.02)

    The company decided to lay off 100 employees in one fell swoop.(その会社は従業員100人を一挙に整理することにしました) Vocab Aid:lay off(解雇する) ...

  • Phrase of the Day

    ヘマをする(2016.05.02)

    The boss is mad at me. I wonder if I zigged when I should have zagged.(部長が私に怒ってるのよね。私、なにかヘマをしたのかしら) Vocab Aid:be mad ...

  • Phrase of the Day

    ずば抜けている(2016.04.28)

    Jane came up with a plan which was head and shoulders above the others.(ジェーンが考えたプランはずば抜けていました) Vocab Aid:come up with...

  • Phrase of the Day

    はっきりと言って反応を見る(2016.04.28)

    The government ran a new tax plan up the flagpole to see what the rank and file would think of it. (政府は新しい税制案をはっきりさせて、世間...

  • 最強のロジカルシンキング

    問題解決で「使わないと損!」なザックリ思考とは? (堀 公俊)(2016.04.27)

    第4回 「要するに」 木を見ず、森を見よう」 (この連載の一覧) ここにサインをしてください!  ある地方空港での出来事です。優先搭乗のアナウンスが流れる中、搭乗口そばのトイレから出るなり、いきなりサインを求められました。トラン...

  • 龍馬の参謀力

    組織のガラパゴス化を防ぐ「シナリオ作り」の秘訣(西村克己)(2016.04.26)

     シナリオプラニングと従来型の方針決定とはどこが異なるのでしょうか。従来型の方針決定は、比較的外部環境が安定しているので、今までの延長線上で意思決定しても大きな失敗はありませんでした。しかし、外部環境の変化が速く、先が見通せない場合は、大局...

  • Phrase of the Day

    お天道さまはお見通し(2016.04.26)

    The police are bound to find out what he has done. The truth will out. (彼がやったことはいずれ警察の知るところとなるさ。お天道さまはお見通しだ) Vocab Ai...

  • 映画でTOEICリスニング(国際弁護士 湯浅卓)

    天才推理で6W1Hをつかみ取ろう!/Mr.ホームズ(2016.04.25)

     映画を見ながら楽しく、かつ正しい発音を確認しつつTOEIC向けのリスニング力を磨く「映画でTOEICリスニング」。今回取り上げるのは「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件」。もちろん舞台はイギリスですので、イギリス英語を学ぶには格好の教材です...

  • Phrase of the Day

    あぐらをかく(2016.04.22)

    You think you can rest on your laurels after selling just one used car?(中古車を1台売ったぐらいで、それにあぐらをかいていいと思ってるのか?) Vocab Aid...

  • Phrase of the Day

    (気分的に)おもしろくない(2016.04.21)

    When Tom was promoted over his head, Jack felt hard done-by.(トムに出世の先をこされて、ジャックはおもしろくありませんでした) Vocab Aid:be promoted o...

  • 最強のロジカルシンキング

    これを飲めば「ロジカルになれる」ドリンクとは?(堀 公俊)(2016.04.20)

    第3回 「だから」~オチない話は意味がない (この連載の一覧) これを飲めばロジカルになる?  いつも新商品が出るたびに感心させられるのが、ネーミングの秀逸さです。特に食料・飲料品には「よく考えたよな……」と思わせるものが多数あ...

  • 白熱MBA講義

    日米で真逆のガバナンス改革~株主価値経営のねじれ問題とは?(2016.04.19)

    早稲田大学ビジネススクール平野正雄教授のコーポレートガバナンス論(2) コーポレートガバナンスにおける「Principal‐Agent問題」  本稿の第1回では、今日の株主価値経営やコーポレートガバナンス論の原点を、その歴史的背...

  • Phrase of the Day

    背伸びする(2016.04.19)

    Take it easy, Joe. Don’t try to run before you can walk.(ボチボチやれよ、ジョー。背伸びはするな)  Vocab Aid:take it easy(気楽にいく)  不可能に...

  • 龍馬の参謀力

    シナリオプラニングに不可欠な「大局観」とは(西村克己)(2016.04.19)

     日本企業の多くは、外部環境の変化にあまりにも鈍感です。もしあなたの会社で「前例重視」という風潮があるなら、ガラパゴス化に向かっています。なぜなら前提重視は、外部環境が不変であるという前提のみにおいて有効だからです。外部環境が変化すれば、過...

  • 映画でTOEICリスニング(国際弁護士 湯浅卓)

    「男女の会話」も教材に/バットマンvsスーパーマン(2016.04.18)

     TOEICに挑む国際派ビジネスパーソンの皆さん、映画を見ながらリスニング力を強化しましょう。連載の2回目は、3月25日(金)に公開された「バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生」が教材です。 おしゃれな男女の会話もリスニング...

  • Phrase of the Day

    替わりはいくらでもいる/ある(2016.04.15)

    Eat your fill, guys. There’s plenty more where that came from.(みんな、好きなだけ食べてくれ。お替わりはいくらでもあるぞ)  Vocab Aid:eat ~’s fill(...

  • 探訪ビジネススクール

    「フィンテック」もイノベーション 一橋大学大学院国際企業戦略研究科を「体験」(下)(2016.04.15)

     金融と財務に特化した異色のビジネススクール、一橋大学大学院国際企業戦略研究科(一橋ICS)金融戦略・経営財務コース。金融、財務のプロを目指すビジネスパーソンに学校はどう応えようとしているのか。コースディレクターを務める伊藤彰敏教授に聞いた...

  • Phrase of the Day

    (世話になった人/会社などを)足蹴にする(2016.04.14)

    Jill kicked away the ladder when she refused to help Bob. Mind you, she had been greatly indebted to him.(ジルはボブを足蹴にしたわね。...

  • 最強のロジカルシンキング

    コピー機の前に行列、あなたは上手に割り込める?(堀 公俊)(2016.04.13)

    第2回 最も重要なフレーズは「なぜ」 (この連載の一覧) コピーを先に取らせてもらえませんか?  急いでコピーを取らないといけないのに、コピー機の前に列ができています。先頭の方にどう言えば、先にコピーを取らせてもらえるでしょうか...

  • Phrase of the Day

    (乗り込んでいって)捨て身で対決する(2016.04.12)

    He didn’t return my call, so I bearded the lion in his den.(電話を返してこないので、乗り込んでいって捨て身で彼と対決しました)  Vocab Aid:return ~’s c...

  • 龍馬の参謀力

    坂本龍馬の「構想力」と日本企業が勝てない理由(西村克己)(2016.04.12)

     日本企業は、技術で勝って経営で負けるのか? モノ不足の時代には、高度な製品を作る技術力で差が付きました。しかし、技術による差別化が難しくなると、技術力(兵力)を使いこなす軍師の優劣が勝敗を分ける時代になったのです。トップが間違った戦略を立...

  • 映画でTOEICリスニング(国際弁護士 湯浅卓)

    最上級表現が聞き取りのカギ/リリーのすべて(2016.04.11)

     生きた英語を学ぶにためには、映画は最高の教材です。飛び切りクールな英語会話を、俳優たちの正しい発音で聞くことができるからです。TOEICに挑む国際派ビジネスマンたちのために、ウォール街やワシントンで活躍する現役の国際弁護士が、聞き間違いや...

  • 探訪ビジネススクール

    「知的ライザップ」 この意味分かりますか 一橋大学大学院国際企業戦略研究科を「体験」(上)(2016.04.11)

     一橋大学大学院国際企業戦略研究科(一橋ICS)の金融戦略・経営財務コースは、ビジネススクールとしては、かなり異彩を放っている。ビジネススクールと言えば、ふつうは経営戦略からマーケティング、財務、組織運営にいたるまで経営全般を学ぶところとい...

おすすめの講座RECOMMENDATIONS