出世ナビ 記事セレクト

Phrase of the Day

どっちに転んでも損はしない heads I win, tails you lose

Joe is a tough negotiator, a “heads I win, tails you lose” type of guy.
(ジョーはやり手で、どっちに転んでも損はしないというタイプの男です)

Vocab Aid:
tough negotiator(手ごわい交渉者)

 ものごとを決めるとき、例えば草野球などで先攻・後攻をどうするかというようなときは、コインを放ります。どっちが先に打つか守るかは、落ちたコインの裏表で決める。コインの「表」のことを英語ではheads(頭)と言います。「裏」はtails(お尻)。と言うことは、heads I win, tails you loseは「表が出たら私の勝ち、裏なら君の負け」ということになりますね。つまり、「表」が出ようが「裏」が出ようが勝つのは「私」(I)というムシのいい理屈。言葉を変えれば、「どっちに転んでも(私は)損はしない」――。これがこのフレーズの意味するところです。

How to use:

  1. Why do you dislike Joe so much?
  2. I'm irritated by his “heads I win, tails you lose” way of living.
  1. あなたは、どうしてそうジョーが嫌いなの?
  2. どっちに転んでも俺は損はしないという、彼の生き方にイライラさせられるんだよ。

Further Study:

 どっちに転んでも損はしない段取りをつけられる人は、それはそれでなかなかの人物とお見受けします。しかし、上には上があるもので、「裏」と出ようが「表」と出ようが積極的に儲けようとする人もいる。「損をしない」だけでは納得できない人。相反するものから同時に利益を得ることをbutter ~'s bread on both sides(パンの両面にバターを塗る)と言います。一方では平和産業に投資して利益を上げながら、もう一方では軍需産業の株で儲けを狙う――。典型的な例を挙げるとすれば、まあこういうことです。

The mayor buttered his bread on both sides by backing environmentalists for public support, while investing secretly in oil companies.
(市長は両方で得をしようと、環境保護論者に肩入れして一般の支持を得る一方、密かに石油会社に投資しました)

Let’s do so. This way, we can butter our bread on both sides.
(そうしよう。そうすれば両方で儲かる)

コスモポリタン・インスティテュート(CI)

この連載の一覧

  • よくわかる管理会計の基礎と実践

    会計の基礎知識を考える力にする続きを読む

  • 財務諸表分析と企業価値評価の基本

    企業価値向上の好循環を生みだす続きを読む

  • ファシリテーション能力開発

    ファシリテーションの第一人者がエッセンス・スキル・ノウハウを伝授続きを読む

バックナンバー

NIKKEI STYLE

最新記事一覧

おすすめの講座

  • 会社役員・幹部向けベーシックコース
  • 上司力養成講座特集
  • ビジネス基礎力特集
  • ビジネススキル再点検
  • 日経緊急解説Live!
  • 日経ビジネススクール アジア
  • 日本版エグゼクティブ研究会
  • お気に入り登録&マイページ便利な使い方