出世ナビ 記事セレクト

Phrase of the Day

気持ちを思いやる spare ~’s feelings

We pretended that we all liked her dress in order to spare her feelings.
(彼女の気持ちを思いやって、みんなでドレスが気に入ったふりをしました)

Vocab Aid:
pretend(~のふりをする)

 相手の気持ちを傷つけないよう、言いたいことやしたいことを控えるところがあるのは、我々日本人だけじゃありません。相手の気持ちを察しようとする優しさを持ちあわせているのは、どこの国の人でも同じです。その証拠に英語にはspare ~’s feelingsという決まり文句があります。ここでのspareは「容認する」「(人をトラブルや不愉快な目に)あわせない」という意味ですから、このフレーズは直訳で「~を不快な気持ちにさせない」。言い換えれば「(相手の)気持ちを思いやる」とか、「(相手の気持ちをおしはかって)気兼ねする」ことですね。

How to use:

  1. I wonder if I should tell her the truth.
  2. I don’t think so. You should spare her feelings.
  1. 彼女に本当のことを言ったほうがいいのかしら。
  2. いや、そうは思わない。彼女の気持ちも察しなければ。

Further Study:

 たまたま出てきたspareですが、この単語を上手く使いこなせると、数多くのことが表現できます。名詞・動詞・形容詞はみんなspareで済むし、sparinglyにすれば副詞になって縦横に活躍する単語です。とくに動詞は日本語にはない発想の使い方が多いので、いかにも英語らしい表現が覚えられます。スペースの都合もあるので、例文だけをいくつか下に挙げておきます。

Lost the key? Don’t worry, I’ve got a spare.
(カギを失くした?大丈夫、私がスペアを持ってる) [名詞]

Joe spends his spare time in the library.
(ジョーはヒマがあると図書館に行きます) [形容詞]

Can you spare me a minute?
(ちょっと時間割いてくれる?) [動詞]

We got to the airport with more than one hour to spare.
(私たちは1時間以上余裕を持って空港に着きました) [動詞]

We must use natural resources sparingly.
(資源は大切に使わなければいけない) [副詞]

コスモポリタン・インスティテュート(CI)

この連載の一覧

  • 1日でわかる・戦略的思考力強化の進め方

    問題を発見・分析・解決するスキル続きを読む

  • よくわかる管理会計の基礎と実践

    会計の基礎知識を考える力にする続きを読む

  • 財務諸表分析と企業価値評価の基本

    企業価値向上の好循環を生みだす続きを読む

バックナンバー

NIKKEI STYLE

最新記事一覧

おすすめの講座

  • 会社役員・経営幹部向けベーシックコース 2017夏
  • SUMMER SCHOOL 2017
  • 上司力養成講座特集
  • ビジネス基礎力特集
  • ビジネススキル再点検
  • 日経緊急解説Live!
  • 日本版エグゼクティブ研究会
  • お気に入り登録&マイページ便利な使い方