出世ナビ 記事セレクト

Phrase of the Day

手取り足取り面倒をみる spoon-feed

Don’t spoon-feed the new recruits. Let them learn the hard way.
(手取り足取りで新入社員の面倒をみるな。苦労して学ばせろ)

Vocab Aid:
new recruit(新入社員) learn the hard way(苦労して学ぶ)

 「はい、アーンして」と、母親がスプーンで食べものを幼児の口に運ぶ。病床のお年寄りに看護師さんが、スプーンで給食する――。表題の英語句が意味するものは、具体的にはこんなことです。spoonはもちろん「スプーン」で、feedは「食べさせる」ことですから、spoon-feedは読んで字のごとく「スプーンで食べさせる」が直訳。これがこのフレーズの第一義ですが、転じて「手取り足取り面倒をみる」ことの比喩にもなります。新入社員に先輩が、仕事の段取りを1から10まで、こんこんと教え諭すことなんかがそうですね。「手取り足取り面倒をみてもらう」は(be) spoon-fedと受け身にします。

How to use:

  1. Jimmy is a spoiled brat. If he doesn’t get his way, he’ll start having a tantrum.
  2. That’s because he’s been spoon-feed since he was a little kid.
  1. ジミーはわがままな子で、思う通りにならないとかんしゃくを起こすのよ。
  2. 小さいときから手取り足取りで育てられたからなあ。

Further Study:

 私たちには「獅子の子落とし」の俗説があります。獅子は我が子を深い谷に突き落として、這い上がってくる苦労を覚えさせるという、あの話です。ウソに決まっていますが、話としては面白い。西欧には昔からspare the rod and spoil the child(ムチを惜しむと、子どもはわがままになる)ということわざがあります。spoon-feedばかりしていると、子どもはわがままに育つし、新入社員はいつまでたっても使いものにならない――。我々の「獅子の子落とし」にあたる金言で、「子どもは甘やかすな」ということです。

  1. My daughter came back home past midnight again last night.
    (昨夜うちの娘が帰ってきたのは、また真夜中すぎだよ)
  2. Teach her a lesson once in a while. Remember: Spare the rod and spoil the child.
    (たまには叱らなきゃ。甘やかすとロクな子にならないわよ)

コスモポリタン・インスティテュート(CI)

この連載の一覧

  • よくわかる管理会計の基礎と実践

    会計の基礎知識を考える力にする続きを読む

  • 財務諸表分析と企業価値評価の基本

    企業価値向上の好循環を生みだす続きを読む

  • ファシリテーション能力開発

    ファシリテーションの第一人者がエッセンス・スキル・ノウハウを伝授続きを読む

バックナンバー

NIKKEI STYLE

最新記事一覧

おすすめの講座

  • 会社役員・幹部向けベーシックコース
  • 上司力養成講座特集
  • ビジネス基礎力特集
  • ビジネススキル再点検
  • 日経緊急解説Live!
  • 日経ビジネススクール アジア
  • 日本版エグゼクティブ研究会
  • お気に入り登録&マイページ便利な使い方