出世ナビ 記事セレクト

Phrase of the Day

身を粉にして働く work ~'s fingers to the bone

After Mr. Smith passed away, Mrs. Smith worked her fingers to the bone to feed her five children.
(スミスさんが亡くなったあと、夫人は身を粉にして働いて5人の子供を養いました)

Vocab Aid:
pass away(死ぬ、亡くなる) feed(食べさせる、養う)

 「身を粉(こ)にして働く」は一生懸命に働くことですから、そのままwork hard――でもいいのですが、これでは身もふたもない。第一、この日本語が持つ悲壮な響きが伝わってきません。「身を粉にする」は「労苦をいとわず、身を砕くほどに努力すること」と、国語辞典にあります。つまり、身は粉々に砕け散っても働くのが「身を粉にして働く」。似たことを英語ではwork ~'s fingers to the boneと言います。「指が骨になるまで働く」が直訳ですから、「身を粉にして」と共通するものがありますね。実は、work ~'s tail/butt off(お尻が吹き飛ぶほど働く)という言い方もあるのですが、品位に欠けるのでおすすめしません。

How to use:

  1. How is it going? Working hard?
  2. Working hard? I'm working my fingers to the bone.
  1. どうだい。一生懸命働いてる?
  2. 一生懸命働いてるかって?身を粉にして働いてるわよ。

Further Study:

 to the boneは字義的には「骨(の髄)まで」ということですが、ほかにも「ぎりぎりまで」「とことん」などの意味にもなります。be chilled to the boneは「骨の髄まで冷える」、cut the budget to the boneなら「予算をぎりぎりまで削る」。余談ですが大昔、『骨まで愛して』というヒット演歌がありました。そのまま英訳して「Love me to the (marrow of my) bone(s)」で、外国の人にもわかってもらえる――はずですが、そうでない人がいればLove me, love my dog.のことだと教えてやってください。「私が好きなら、とことん好きになって」の決まり文句です。

If the funding is cut down to the bone like this, we won't be able to maintain a quality service.
(こんなぎりぎりまで節約すると、質のいいサービスができなくなりますよ)

We need to cut expenses to the bone ― entertainment expenses in particular.
(経費をとことん切りつめなきゃいかん、接待費は特にだ)

コスモポリタン・インスティテュート(CI)

この連載の一覧

  • 1日でわかる・戦略的思考力強化の進め方

    問題を発見・分析・解決するスキル続きを読む

  • よくわかる管理会計の基礎と実践

    会計の基礎知識を考える力にする続きを読む

  • 財務諸表分析と企業価値評価の基本

    企業価値向上の好循環を生みだす続きを読む

バックナンバー

NIKKEI STYLE

最新記事一覧

おすすめの講座

  • 会社役員・経営幹部向けベーシックコース 2017夏
  • SUMMER SCHOOL 2017
  • 上司力養成講座特集
  • ビジネス基礎力特集
  • ビジネススキル再点検
  • 日経緊急解説Live!
  • 日本版エグゼクティブ研究会
  • お気に入り登録&マイページ便利な使い方