出世ナビ 記事セレクト

Phrase of the Day

(高慢な)鼻をへし折る bring ~ down a peg or two

Tom is becoming bigheaded. About time we brought him down a peg or two.
(トムは天狗になってるな。鼻をへし折ってやってもいいころだ)

Vocab Aid:
become bigheaded(天狗になる、うぬぼれる) about time ~(そろそろ~してもいい頃だ)

 「得意になる」ことを、我々は「鼻を高くする」と言います。その鼻が高くなりすぎると周りは面白くなくなってきて、「誰かあの鼻をへし折ってやれ」という話になります。これがbring ~ down a peg or two(~のペグを1つ、2つ下げる)。pegとは先のとがった「留め釘」のことです。帽子を掛ける壁の「ひっかけ」もpegなら、テントを固定させる「杭」もpeg。船でいえば、旗を上げるためにマストにつけてある「留め具」も、そう呼ばれます。英国海軍では格の高い船ほど上段のペグに旗を掲げたそうで、それが表題のフレーズの由来という説があります。思い上がっている人を、その「格」もないのに上段に旗を上げる船に見立て、「そんなガラじゃないだろう、ペグを下げろ」と思い知らせる――。つまりは「(高慢な)鼻をへし折る」ことですね。

How to use:

  1. After he was made the team captain, Tom really got conceited.
  2. Yeah, we need to bring him down a peg or two someday.
  1. キャプテンになってトムは天狗になってるわね。
  2. うん、いつか鼻をへし折ってやらなきゃいかん。

Further Study:

 「得意になる」ということなら、英語にも「nose(鼻)」を使った言いまわしがあります。nose in the air(中空の鼻)がそれで、「ツンとすました」態度や「鼻高々」になっている人のことを指します。Jane’s nose is always in the air.は「ジェーンはいつもツンとすましている/鼻高々だ」。もうひとつturn up ~’s noseも覚えておくと、重宝します。こっちは「鼻であしらう」「(小ばかにして)断る」などの意味になります。これも、ペグの1つや2つは下げてやりたいタイプ。直訳が「鼻をプイと上に向ける」ですから、そのものずばりの感じが出ていますね。

Jill has had her nose in the air since her son passed the bar exam.
(ジルは息子が司法試験に受かって、鼻高々です)

Sally turned up her nose at Jack when he proposed to her.
(ジャックが求婚したら、サリーはフンと鼻であしらいました)

コスモポリタン・インスティテュート(CI)

この連載の一覧

バックナンバー

NIKKEI STYLE

最新記事一覧

おすすめの講座

  • 会社役員・幹部向けベーシックコース
  • NBSベーシック300
  • オンライン講座
  • ビジネススキル再点検
  • 日経緊急解説Live!
  • 日経ビジネススクール アジア
  • 日本版エグゼクティブ研究会
  • お気に入り登録&マイページ便利な使い方