出世ナビ 記事セレクト

Phrase of the Day

立ち聞きする listen in on ~

You may be her mother, but you are not supposed to listen in on her phone calls.
(あなたは彼女の母親かもしれないけど、娘の電話を立ち聞きするのはよくないわよ) 

Vocab Aid:
be not supposed to ~(~するべきでない)

 立ち聞きするシーンが多いね――と、視聴者からの指摘がネットに相次いだそうです。NHKの連続テレビ小説の話。なるほどそう言われてみると、登場人物が障子やフスマの陰で人の話を立ち聞きする場面が多い。物語の主人公もその夫も、それにお手伝いさんたちも。

 物かげから人の話をこっそり聞くのが「立ち聞き」。座ったままの姿勢で聞いていても、やはり「立ち聞き」。英語でならlisten in on ~が、ちょうどこれにあたります。listen inは「盗み聞きする」、on ~は「~について」という意味ですから、「~について盗み聞きする」がこのフレーズの直訳。つまりは「立ち聞きする」ということですね。

How to use:

  1. Will you stop listening in on us? This is our private conversation.
  2. I’m not listening in. You people are talking too loud for me not to hear.
  1. 立ち聞きしないでくれる?私たちプライベートな話をしてるんだから。
  2. 立ち聞きなんかしてませんよ。あなたたちの声が大きいから聞こえてくるだけですよ。

Further Study:

 先ほどのテレビ小説での「立ち聞き」は、たまたまそこを通りかかったら話し声が聞こえてきたので、という設定ですが、もっと積極的に耳を澄まして何かを聞こうとすることを英語ではprick ~'s ears up/prick up ~'s ears(耳をピンと上に向ける)と言います。もともとは馬や犬などが音をよく聞こうとするときに、耳をピンと立てる(prick up)ところから来たフレーズ。比喩として使う場合には「耳をそばだてる」という訳が原語との相性がよさそうです。

John pricked his ears up to catch what they were talking about.
(彼らが何を話しているのかと、ジョンは耳をそばだてました)

Hey, guys. Prick up your ears. I have an announcement to make.
(いいかみんな、よーく聞け。今から発表することがある)

コスモポリタン・インスティテュート(CI)

この連載の一覧

  • よくわかる管理会計の基礎と実践

    会計の基礎知識を考える力にする続きを読む

  • 財務諸表分析と企業価値評価の基本

    企業価値向上の好循環を生みだす続きを読む

  • ファシリテーション能力開発

    ファシリテーションの第一人者がエッセンス・スキル・ノウハウを伝授続きを読む

バックナンバー

NIKKEI STYLE

最新記事一覧

おすすめの講座

  • 会社役員・幹部向けベーシックコース
  • 上司力養成講座特集
  • ビジネス基礎力特集
  • ビジネススキル再点検
  • 日経緊急解説Live!
  • 日経ビジネススクール アジア
  • 日本版エグゼクティブ研究会
  • お気に入り登録&マイページ便利な使い方