出世ナビ 記事セレクト

Phrase of the Day

至福の眺め sight for sore eyes

The daybreak seen from the mountaintop was a sight for sore eyes.
(山の頂上から見るご来光は見事な眺めでした)

Vocab Aid:
daybreak(夜明け)

 山の頂きから拝むご来光、華麗な打ち上げ花火、静かな温泉町から立ちのぼる湯けむり。他にも、いくらでもあります。何年ぶりかに会う友の顔もそうなら、汗を流したあとのビールもそうでしょう。すべて「至福の眺め」。英語ではa sight for sore eyes(痛む目への光景)と言います。目の痛みも治る眺めというのが、そのココロ。「見事な光景」にも、さらに飛躍して「会えて嬉しい誰か」のことにもなりますが、まだまだ。山で迷って途方にくれているところに、救援隊がやってくる。こんなときの救援隊員の姿は、地獄で仏さまを見るような至福の眺めに違いありません。このフレーズは、「地獄に仏」とも訳せるということです。

How to use:

  1. I was just in the neighborhood, so I decided to drop by.
  2. Well, well, well. Seeing you on a visit like this is a sight for sore eyes!
  1. 近所まで来たものですから、ちょっと寄ってみようかと思って。
  2. これは、これは。こんな風においでいただけるとは嬉しい話です。

Further Study:

 表題の英語句は「目の保養」とも訳せます。故事ことわざ辞典を覗いてみたら、「目正月」とか「目に正月させる」という、昔ながらの言いまわしが出ていました。正月にはご馳走を食べるものですが、「目にもご馳走を食べさせる」のが「目正月」。転じて「目の保養」。英語にもそっくりそのままa feast for the eyes(目のご馳走)、feast (~’s) eyes(目にご馳走をたべさせる)という慣用句があります。feast とは「ご馳走」「ご馳走を食べる/食べさせる」という意味。人の考えることは似たりよったりですね。

She showed me her collection of paintings by great artists. They were a feast for the eyes.
(彼女の有名画家のコレクションは、目の保養でした)

You like watches? Then feast your eyes on these Rolexes.
(時計が好きなの?それじゃローレックスがいくつもあるから目正月をしなさいよ)

コスモポリタン・インスティテュート(CI)

この連載の一覧

  • よくわかる管理会計の基礎と実践

    会計の基礎知識を考える力にする続きを読む

  • 財務諸表分析と企業価値評価の基本

    企業価値向上の好循環を生みだす続きを読む

  • ファシリテーション能力開発

    ファシリテーションの第一人者がエッセンス・スキル・ノウハウを伝授続きを読む

バックナンバー

NIKKEI STYLE

最新記事一覧

おすすめの講座

  • 会社役員・幹部向けベーシックコース
  • 上司力養成講座特集
  • ビジネス基礎力特集
  • ビジネススキル再点検
  • 日経緊急解説Live!
  • 日経ビジネススクール アジア
  • 日本版エグゼクティブ研究会
  • お気に入り登録&マイページ便利な使い方