出世ナビ 記事セレクト

Phrase of the Day

かっこいい cat’s pajamas~

We took a look at the new restaurant. It was really the cat’s pajamas.
(新しくできたレストランをちょっと見てきたのよ。すごく、かっこいいわよ)

Vocab Aid:
take a look(見る)

 チョッキ風のものを着せられて散歩している犬はよく見かけますが、パジャマを着た猫というのは見たことがない。にもかかわらず、cat’s pajamas(猫のパジャマ)という慣用句があって、しかもそれが「かっこいい」ことの比喩になるのはなぜか――。といって、大した理由があるわけじゃありません。空前の好況にわいていた1920年代のアメリカでは、既成の概念にとらわれない奔放な若い女性のことをcatと呼んでいました。今の時代、「美人」をfoxと呼ぶのと同じです。このcatたちが下着ではなくパジャマで寝るようになったら、それがいかにもかっこよく映った――。これがこのフレーズが「素晴らしい、かっこいい(人、モノ)」の意味になったいきさつです。

How to use:

  1. Did you see John’s new car? It’s awesome.
  2. Yeah, the car is the cat’s pajamas. John himself in it is not so much, though.

  1. ジョンの新しい車、見た?かっこいいわよ。
  2. うん、車はかっこいい。乗ってるジョン自身は大してかっこよくないけど。

Further Study:

 実を言えばcat’s pajamasは、「かっこいい」ことを意味する、いくつもある「ナンセンス表現」のひとつに過ぎません。他にもcat’s meow(猫のニャー)、monkey’s eyebrows(お猿の眉毛)、eel’s ankles(ウナギのかかと)などなど、もう何でもあり。全部、20年代のアメリカではやった「素晴らしい、かっこいい」ことを指す表現です。中でも「猫のパジャマ」と同じくらいポピュラーだったのがbee’s knees(ハチのひざ)。ナンセンスフレーズですから、それ自体の意味は何もありません。考えてみれば我々の「・・・もハチの頭もあるか!」の「ハチの頭」も、似たようなものですね。

Wearing that gaudy jacket, he thinks he is the bee’s knees.
(あんなけばけばしい上着を着て、彼は自分じゃかっこいいと思ってるんだよ)

I saw Clint Eastwood in the flesh. He was the real bee’s knees.
(実物のクリント・イーストウッドを見たけど、ほんとにかっこよかった)

コスモポリタン・インスティテュート(CI)

この連載の一覧

  • よくわかる管理会計の基礎と実践

    会計の基礎知識を考える力にする続きを読む

  • 財務諸表分析と企業価値評価の基本

    企業価値向上の好循環を生みだす続きを読む

  • ファシリテーション能力開発

    ファシリテーションの第一人者がエッセンス・スキル・ノウハウを伝授続きを読む

バックナンバー

NIKKEI STYLE

最新記事一覧

おすすめの講座

  • 会社役員・幹部向けベーシックコース
  • 上司力養成講座特集
  • ビジネス基礎力特集
  • ビジネススキル再点検
  • 日経緊急解説Live!
  • 日経ビジネススクール アジア
  • 日本版エグゼクティブ研究会
  • お気に入り登録&マイページ便利な使い方