出世ナビ 記事セレクト

Phrase of the Day

大歓迎(する) welcome ~ with open arms

They welcomed us with open arms and showed us a good time.(向こうは私たちを大歓迎してくれて、いろいろともてなしてくれました)

Vocab Aid:
show ~ a good time(~を歓待する)

 welcomeは「ウエルカム」として、もはや日本語になっている感がありますね。もちろん「歓迎する」という意味。同じことでも、もろ手を挙げて歓迎する、つまり「大歓迎する」ことは英語でもwelcome with open arms(両手を広げて歓迎する)と、日本語そのままの言い方をします。receive with open armsと言っても同じ。よく見たり聞いたりするyou are most welcome(d)よりも、仕草が目に浮かぶ分、こっちの方が臨場感がある表現です。ついでですから、例文にあるshow a good time(いい時を過ごさせる)も覚えておきたいところです。これも「大歓迎」のことですが、そこには「歓待する」のニュアンスが含まれています。

How to use:

  1. You visited your hometown for the first time in 30 years. How did they receive you?
  2. I got together with old friends, and they all welcomed me with open arms.
  1. 30年ぶりに故郷に帰って、どうだった?
  2. 昔の友だちが集まって大歓迎してくれました。

Further Study:

 いつも長居をする近所のおばさんが来たら、お手伝いさんがほうきを逆さにして壁に立てかけていました。昔の日本映画の1シーン。いまの若い人はご存知ないかも知れませんが、こうすれば客が早く帰るという、古くからわが国に伝わるおまじないです。最初は歓迎されても、長居をすると人は疎(うと)まれるようになります。毎度のように訪ねても迷惑がられる。英語にはwear out ~’s welcome(歓迎をすり減らす)というフレーズがあります。歓迎されたら、いつまでも帰らなかったり何度も押しかけたりして、相手の歓迎の気持ちをすり減らしてしまうことを言う慣用句です。

Joe always wears out his welcome by staying too long. He doesn’t know when to go home.
(ジョーはいつまでも居座るから嫌われるのよ。あの人は帰り時を知らないのよね)

She visits the Smiths so often that she wears out her welcome.
(彼女があまりしょっちゅう来るのでスミス家は困っています)

コスモポリタン・インスティテュート(CI)

この連載の一覧

  • 会計の基本がわかる・財務諸表マスター講座

    会計・財務の苦手意識を克服できる続きを読む

  • 右脳型英語学習法【土曜開催】

    英語学習のモチベーションに火をつける続きを読む

  • ビジネスに必要な経営環境/市場環境分析・予測ノウハウ

    現状分析から未来の変化を予測続きを読む

バックナンバー

NIKKEI STYLE

最新記事一覧

おすすめの講座

  • 会社役員・経営幹部向けベーシックコース 2017夏
  • SUMMER SCHOOL 2017
  • 上司力養成講座特集
  • ビジネス基礎力特集
  • ビジネススキル再点検
  • 日経緊急解説Live!
  • 日本版エグゼクティブ研究会
  • お気に入り登録&マイページ便利な使い方