出世ナビ 記事セレクト

Phrase of the Day

知ったかぶりを言う talk through ~’s hat

The commentator was talking through his hat all through the news show.
(ニュースショーで、そのコメンテーターはずっと知ったかぶりを言っていました)

Vocab Aid:
all through ~(~の間ずっと)

 個人的な嗜好を言わせてもらえれば、「きれいごとを言う人」が苦手で、「知ったかぶる人」はさらに苦手です。英語で言えばtalk through ~’s hat。英英辞典によれば、「知らないことでも熟知しているように言う」ということですから、ぴったりですね。文脈次第では「口から出まかせを言う」にも「嘘八百をならべる」にもなります。「帽子を通して語る」がこのフレーズの直訳ですが、それがなぜ「知ったかぶり」の比喩になるのかは知りません。帽子で顔と口を隠してしゃべるイメージは湧いても、それとこれがどうつながるのでしょうか。思い当たることがないでもないけれど、知ったかぶりになりそうなので言いません。

How to use:

  1. I wonder if this candidate knows what he is talking about.
  2. Of course he doesn’t, because he is just talking through his hat.
  1. この候補者、自分が何を言ってるのか、わかってるのかしら。
  2. わかってるわけないじゃない。知ったかぶりを言ってるだけなんだから。

Further Study:

 「知ったかぶりを言う」にあたるそのものずばりの英語表現はあっても、「きれいごとを言う」に合うフレーズは見当たりません。当コラムの選択としてはhypocritical remark(偽善ぶった言)。「きれいごと」には、偽善的な側面があることに注目した結果です。実は、「知ったかぶりを言う」「きれいごとを言う」の両方を、ひとつで言い表せる便利な英単語があるのですが、やや品格に欠けるのが難。日本語訳「牡牛のフン」だけを載せておきますから、辞書で調べてみてください。仲間内で使う分には何の問題もない、ごく一般的な言葉です。

No, I won’t support him. I can’t stand his hypocritical remarks.
(いや、私は彼を支持しません。彼がきれいごとを言うことに辟易していますから)

Why do you keep giving hypocritical remarks? Just call a spade a spade.
(なぜ君はきれいごとばかり言うんだ。ありのままに言えよ)

コスモポリタン・インスティテュート(CI)

この連載の一覧

  • 1日でわかる・戦略的思考力強化の進め方

    問題を発見・分析・解決するスキル続きを読む

  • よくわかる管理会計の基礎と実践

    会計の基礎知識を考える力にする続きを読む

  • 財務諸表分析と企業価値評価の基本

    企業価値向上の好循環を生みだす続きを読む

バックナンバー

NIKKEI STYLE

最新記事一覧

おすすめの講座

  • 会社役員・経営幹部向けベーシックコース 2017夏
  • SUMMER SCHOOL 2017
  • 上司力養成講座特集
  • ビジネス基礎力特集
  • ビジネススキル再点検
  • 日経緊急解説Live!
  • 日本版エグゼクティブ研究会
  • お気に入り登録&マイページ便利な使い方