出世ナビ 記事セレクト

Phrase of the Day

フル回転 full steam ahead

Orders keep coming in. Our factories are now going full steam ahead.
(注文がひっきりなしに入って、いまや工場はフル回転です)

Vocab Aid:
Order(s) (注文) factories(工場)

 評判の商品を注文したら3カ月待ちと言われました。工場をフル回転しても生産が追いつかないと、電話口の担当者。こんな「フル回転」にちょうどのfull steam ahead(全速前進)という英語句があります。汽船がフルに蒸気をふかして全速力で進むことから出来たフレーズ。デゴイチなどの蒸気機関車がエンジン全開で走る雄姿を想像してください。「steam」とは「蒸気」のことですが、ものごとが前進することを言うときにはよくこの単語を使います。たとえば「政府は景気は加速していると発表した」ならThe government said the economy is picking up steam。覚えておいて損はありません。

How to use:

  1. How is the project coming along?
  2. We are working hard. It’s full steam ahead.
  1. プロジェクトの進み具合はどうだ?
  2. われわれ全員フル回転でやっているところです。

Further Study:

 ついでに、もうひとつpull out all the stops(すべてのストップレバーを引っぱる)も、レパートリーに加えておきましょう。ここで言うstop(s)とは教会などにあるパイプオルガンについている、「音栓」と呼ばれるレバーのことです。演奏者はこのレバーをそのままにしておいたり、引っぱったりしながら音色を調節します。普段は限られた数のレバーを引くだけですが、ここぞというときにはレバー全部を引っぱって、大音響を出す。ここからこのフレーズは「できることはすべてやる」「最大限の努力をする」などの比喩になります。「フル回転」ということでもありますね。

Let’s go easy for the first half. We’ll pull out all the stops in the second half when they get tired.
(前半は軽く流しておこう。後半、相手が疲れるのを見計らって総攻撃だ)

John will pull out all the stops for Sally, his only daughter.
(ジョンは一人娘のサリーのためなら、やれることはなんでもやります)

 

コスモポリタン・インスティテュート(CI)

この連載の一覧

  • よくわかる管理会計の基礎と実践

    会計の基礎知識を考える力にする続きを読む

  • 財務諸表分析と企業価値評価の基本

    企業価値向上の好循環を生みだす続きを読む

  • ファシリテーション能力開発

    ファシリテーションの第一人者がエッセンス・スキル・ノウハウを伝授続きを読む

バックナンバー

NIKKEI STYLE

最新記事一覧

おすすめの講座

  • 会社役員・幹部向けベーシックコース
  • 働き方改革プロジェクト実践講座
  • 上司力養成講座特集
  • ビジネス基礎力特集
  • ビジネススキル再点検
  • 日経緊急解説Live!
  • 日本版エグゼクティブ研究会
  • お気に入り登録&マイページ便利な使い方