出世ナビ 記事セレクト

Phrase of the Day

新品同様の in mint condition

I bought a used car. It was in mint condition.
(中古車を買いましたが、新品同様でした)

Vocab Aid:
used car(中古車)

 その昔「ピッカピカのイッチネンセイ」というフレーズが印象的なテレビCMがありました。小学校に上がったばかりの子どもたちが出てきてニコニコするという、何度見ても飽きなかった構成。ついでに言えば「ピカピカの1年生」は、英語ではbrand new first-graders(まっさらの1年生)ということになります。brand newは「まっさら、新品」という意味。「人」にはあてはまりませんが、新品とはいかなくとも「新品同様」ということでならin mint condition(ミント状態にある)という慣用句があります。「mint」とは「貨幣鋳造所」、我々で言えば「造幣局」。そこで造られたばかりのコインのように「ピカピカ」――。これが、このフレーズの意味するところです。

How to use:

  1. I’m looking for a house in mint condition.
  2. We do have a couple of houses that might suit your fancy.
  1. 新品同様の家があればと探しているのですが。
  2. お気に入りそうな家がいくつかありますよ。

Further Study:

 なったばかりの新1年生も、新品だった家や車も、時代を経ると、ピカピカだったのは昔の物語になります。英語で言えばhave seen better days。直訳で「良かった日々はもう見た」、比喩に転じて「古くなった」ということを意味します。This car has seen better days.と言えば、「この車も古くなった」。ところが同じことでもThis car has seen its day.と「better」を取り、「~’s」を加えて「days」を「day」と単数にすると「自分の日はもう見てしまった」、つまりは「(古くなって)もうおしまい」の意味合いが強く出てきます。このあたりの使い分けをしっかり覚えておきましょう。

This machine has seen better days. It’s time we bought a new one.
(この機械も古くなった。買い替え時だ)

Max has seen his day, having been forced to resign.
(辞任を余儀なくされて、マックスはもうおしまいだ)

コスモポリタン・インスティテュート(CI)

この連載の一覧

  • よくわかる管理会計の基礎と実践

    会計の基礎知識を考える力にする続きを読む

  • 財務諸表分析と企業価値評価の基本

    企業価値向上の好循環を生みだす続きを読む

  • ファシリテーション能力開発

    ファシリテーションの第一人者がエッセンス・スキル・ノウハウを伝授続きを読む

バックナンバー

NIKKEI STYLE

最新記事一覧

おすすめの講座

  • 会社役員・幹部向けベーシックコース
  • 働き方改革プロジェクト実践講座
  • 上司力養成講座特集
  • ビジネス基礎力特集
  • ビジネススキル再点検
  • 日経緊急解説Live!
  • 日本版エグゼクティブ研究会
  • お気に入り登録&マイページ便利な使い方