出世ナビ 記事セレクト

Phrase of the Day

立ちどまって考える stop and think

Are we on the right track? We need to stop and think about it.
(私たちは間違ってないのでしょうか? 立ちどまって考えてみる必要があります)

Vocab Aid:
be on the right track(正しい方向にある)

 「立ちどまって考える」――。東京が抱える諸問題に関して、小池百合子都知事が記者会見でそう繰り返していました。英語で言えばstop and think(ストップして考える)と、日本語がそのまま英語になってます。ちなみに、この誰もが知っている「stop」ですが、案外使い方を間違える人が多いようです。stop to ~(~するために立ち止まる)とstop ~ing(~するのを止める)の違いですね。「あー、そういえば学校で習ったなあ」と思い出す方も多いと思いますが、stop to smokeは「タバコを吸うために立ちどまる」、stop smokingは「タバコを止める」。もう一度基本にかえって、このあたりのところを整理しておきましょう。

How to use:

  1. How can we drop this project at this late in the day?
  2. But we still have time. We should stop and think about it.
  1. ここまで来て、このプロジェクトを放り出すわけにはいかんだろう。
  2. しかし、時間はまだあります。ここで立ちどまって考えるべきです。

Further Study:

 何か考えるべきことやものがあるから、「立ちどまって考える」わけですね。その「何か」のことを英語では「food (食べもの)」で言い表します。food for thoughtで「思索の糧(かて)」。比喩として「考えるべきこと、もの」や、文脈次第では「参考になること、もの」などの意味になります。Your idea gives me food for thought.なら「君の意見には考えさせられるものがある」。一度取りこんでじっくり吟味すれば、新しい考えにつながるような「ことや、もの」――。食べたもの(food)が胃の中で咀嚼され、それから栄養になることに比して出来た慣用句です。

Although the crisis was averted, the incident provided lots of food for thought.
(危機は回避されたものの、その出来事は多くの教訓を残した)

We appreciate your opinion. It gave us food for thought.
(ご意見ありがとうございます。参考になりました)

コスモポリタン・インスティテュート(CI)

この連載の一覧

  • 財務3表の「つながり」がわかる 財務諸表マスター講座 <オンライン講座>

    続きを読む

  • 英語で学ぶロジカル・ライティング

    論理表現力を1日で英語で学ぶ続きを読む

  • ロジカル・シンキング

    論理的に考え、ビジネスで活用するためのスキル続きを読む

バックナンバー

NIKKEI STYLE

最新記事一覧

おすすめの講座

  • 日経からのお知らせ
  • NBSベーシック300
  • オンライン講座
  • ビジネススキル再点検
  • 日経緊急解説Live!
  • 日経ビジネススクール アジア
  • 日本版エグゼクティブ研究会
  • お気に入り登録&マイページ便利な使い方