出世ナビ 記事セレクト

Phrase of the Day

落ちぶれる go/come down in the world

He was down at the heels, looking like he had gone/come down in the world.
(彼はみすぼらしい恰好をしていて、落ちぶれたようすでした)

Vocab Aid:
down at the heels(みすぼらしい)

 どんな権力者でもお金持でも、いつまでもそうであり続けるとはかぎりません。いつどこで落魄(らくはく)の身に転ずるかは神のみぞ知るところです。あの平家が、源氏に敗れて落ちぶれていくさまを「おごれる人も久しからず」と後世に伝えたのは、ご存知『平家物語』。この世は無常です。「落ちぶれる」とは羽振りのよかった人や組織が何らかの理由で以前の威勢を失うことですが、英語ではgo/come down in the world(世間的に凋落する)と言います。それまでの地位や財産を失ってみじめな状態になることを指すフレーズで、我々は「尾羽うち枯らす」とも言いますね。

How to use:

  1. I didn't think he would take a job like that.
  2. He had to. He has really gone/come down in the world.
  1. 彼があんな仕事を受けるとは思わなかったわ。
  2. 受けざるをえないんだ。あいつも落ちぶれたものだ。

Further Study:

 落ちぶれると、人は風体がみすぼらしくなります。それが如実に現れるのが、まず靴。冒頭の例文にあるdown at the heelsは「(靴の)カカトがすり減って」ということですが、それが「みすぼらしい」の意味になるのはそんなところが理由です。話の流れでは、これも「落ちぶれて」と訳せますね。「靴」がらみでは、もうひとつdown on ~'s uppersという面白い表現があります。uppersとは靴の上の部分のことで、底がすり切れて上だけになった靴を履いている状態を指す、古いイギリスの慣用句。そんな靴を履き続けているということは、新しい靴を買うおカネがないということですから、「貧乏している」と訳しておきます。

Jim is down at the heels after his company went broke.
(会社がつぶれて、ジムはみすぼらしくなりました)

Can you lend me some money? I'm down on my uppers.
(少しカネを貸してもらえないか。俺、貧乏してるんだ)

コスモポリタン・インスティテュート(CI)

この連載の一覧

バックナンバー

NIKKEI STYLE

最新記事一覧

おすすめの講座

  • 会社役員・幹部向けベーシックコース
  • NBSベーシック300
  • オンライン講座
  • ビジネススキル再点検
  • 日経緊急解説Live!
  • 日経ビジネススクール アジア
  • 日本版エグゼクティブ研究会
  • お気に入り登録&マイページ便利な使い方