出世ナビ 記事セレクト

Phrase of the Day

つけ足しの機能 bells and whistles

I want an entry-level model with no bells and whistles.
(私が欲しいのは、つけ足しの機能がついていない初心者用の機種です)

Vocab Aid:
entry-level(初心者レベルの)

 その昔、関東の私鉄が「オルゴール電車」なるものを走らせていた時期があります。キーンコーン、キーンコーンとリズミカルな警笛を鳴らしながら走っていました。しかしながら、人や貨物を乗せて運ぶことが本来の機能である電車(列車)が発する音なんぞ、いくら「オルゴール」的でも所詮はつけ足し――。bells and whistles(鐘と笛)の基底にある考えはこんなところです。カーナビなんかもそうですね。あれば便利ですが、なくても車はちゃんと走るから困らない。多くの場合、パソコンやスマホについている、いろいろな付加価値的オプション機能のことを指すのがこのフレーズ。ひと言でキメる日本語がないので、表題は「つけ足しの機能」ということにしておきます。

How to use:

  1. Why are smartphones so expensive?
  2. They have all the bells and whistles, and that adds to the cost.
  1. スマホってどうしてあんなに高いの?
  2. つけ足しの機能がごちゃごちゃついてるから、その分コストがかかるんだよ。

Further Study:

 「つけ足し」などと軽んじていますが、スマホについている「おまけ」的機能のおかげで、我々はどれだけ便利な思いをしていることか。映画や音楽会の切符も、いながらにしてこれで買えるし、電車の発着時間などもたちどころにわかる。時代の先端を行くテクノロジーですね。英語で言えばcutting-edge technology。cutting edgeとは「鋭い刃先」のことですが、その刃先で時代を切り拓くイメージから「最先端」「最新鋭」の人やこと、モノを表現するフレーズとして使います。こう考えると、今どきのbells and whistlesのことを、昔ながらの「つけ足しの機能」のひと言で片づけていいのかという気がしてきます。

It appears that the country has now gotten the cutting edge of missile technology.
(いまやその国は最先端のミサイル技術を手に入れたようです)

The doctor is at the cutting edge of cancer care.
(その医者はがん治療の第一人者です)

コスモポリタン・インスティテュート(CI)

この連載の一覧

  • よくわかる管理会計の基礎と実践

    会計の基礎知識を考える力にする続きを読む

  • 財務諸表分析と企業価値評価の基本

    企業価値向上の好循環を生みだす続きを読む

  • ファシリテーション能力開発

    ファシリテーションの第一人者がエッセンス・スキル・ノウハウを伝授続きを読む

バックナンバー

NIKKEI STYLE

最新記事一覧

おすすめの講座

  • 会社役員・幹部向けベーシックコース
  • 上司力養成講座特集
  • ビジネス基礎力特集
  • ビジネススキル再点検
  • 日経緊急解説Live!
  • 日経ビジネススクール アジア
  • 日本版エグゼクティブ研究会
  • お気に入り登録&マイページ便利な使い方