オンライン講座 「コンプライアンス」とは何か 3時間でわかる やさしいコンプライアンス <オンライン講座> 「相手の期待に応える」というコンプライアンスの精神を伝える全社員向け講座です。

受講料
8,640円(税抜き8,000円)
開催月 申込期間 講座受講期間
3月講座 XAR30301 2016年11月29日(火)
~2017年2月28日(火)
2017年3月7日(火)
~2017年5月9日(火)
4月講座 XAR30301 2016年12月20日(火)
~2017年3月28日(火)
2017年4月4日(火)
~2017年5月30日(火)
受付中
5月講座 XAR30301
2017年1月24日(火)
~2017年4月25日(火)
2017年5月9日(火)
~2017年7月4日(火)
受付中
6月講座 XAR30301
2017年2月28日(火)
~2017年5月30日(火)
2017年6月6日(火)
~2017年8月1日(火)
受付中
7月講座 XAR30301
2017年3月28日(火)
~2017年6月27日(火)
2017年7月4日(火)
~2017年8月29日(火)
8月講座 XAR30301 2017年4月25日(火)
~2017年7月25日(火)
2017年8月1日(火)
~2017年9月26日(火)

講師紹介

セミナーの狙い


~コンプライアンスに興味を持って取り組めるように~

私はコンプライアンスという言葉が「法令順守」と訳されていることが、多くの人が消極的になってしまう原因だと考えています。本当は、「コンプライアンス」とは「相手の願い、期待、希望に応えること」という意味であり、相手を思いやる「暖かな心」が、その根底にはあるのです。その点さえわかれば、コンプライアンスに興味を持って取り組むことができるようになります。また、体験したことのない新しい事案にぶつかっても自分自身で考えることができるようになります。
本講座の作成に当たっては、コンプライアンスとはどういう考え方なのか、企業は誰の期待に、どのように応えていけばよいのかという根本的なところか らコンプライアンスの全般を学んでいただけるように工夫しました。この講座を通じて、様々な出来事に際して自分で考えながら仕事を進めていく力も身につけ ていただけるものと確信しています。

プログラム

1st Lecture 「コンプライアンス」とは何か
「コンプライアンス」という言葉を聞いたことがありますか?会社を、あなた自身を守るために、大切なものです。コンプライアンスの基本的な考え方を、しっかり学びましょう。

2nd Lecture 取引先マネジメント「CSR調達」の時代
消費者から見れば、あなたの会社と取引先とは、共同責任者。
「その点は、当社の責任ではございません」といういいわけは通用しません。

3rd Lecture 各種のコンプライアンス なぜ守るべきか
コンプライアンスの相手は大きくわけて4つ。
それぞれに必要な対応を詳しく見ていきましょう。

4th Lecture コンプライアンスを実現するためのしくみ
会社でコンプライアンスを実践するには、そのためのしくみや制度が必要です。

備考

eラーニング教材の概要

コースコード XAR30301
受講料(消費税込み) 8,640円(税抜価格8,000円)
確認テスト 2回
レポート なし
使用するアプリケーションソフト Adobe(R) Reader(R)
標準受講時間 3時間

動作環境  OS × ブラウザー
  Microsoft® Windows® 7 × Microsoft® Internet Explorer 11
  Microsoft® Windows® 10 × Microsoft® Internet Explorer 11

日経ビジネススクール オンライン講座 事務局
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-10 笠原ビル7F
株式会社 日経ピーアール 内
TEL:03-6812-8679
FAX:03-6812-8755
Eメール:nikkei-on@nikkeipr.co.jp
受付時間:月〜金 9:30〜17:30(年末年始、土日祝日を除く)

「ビジネス法律」に関連するおすすめの講座

  • ビジネスに必要な契約の基礎知識

    「契約」は、企業ビジネスの基本をなすもので、基礎的な契約知識はビジネス常識といえます。円滑な取引のためには、ビジネスの最前線に立つ担当者自身が正しい契約知識を持ち、契約内容の問題点を明確化し、当事者間...続きを読む

  • 総務・経理・営業のための法律基礎知識

    総務・経理部門が担当する領収書・請求書など文書の取扱い、各種契約書の作成、債務・債権の処理や管理などの業務を行うためには、法律的な知識・根拠にもとづいて行うことが必要です。専門知識を持たないまま担当者...続きを読む

  • 『会社法』の常識40ポイント再確認!

    「会社法」はすべての会社に関わる極めて重要な法律です。経営者、経営企画部門、総務・法務部門の方だけでなく、全ての部門の方に関わります。しかし、かつての「商法」から「会社法」への改正もあり、しっかりと「...続きを読む