オンライン講座 用語解説、新聞記事でわかりやすく“契約”を学ぶ 契約書の基礎知識と実務対応 <オンライン講座> 契約書の構成や用語、締結の留意点からトラブル対策まで、契約の基本を学びます。

受講料
15,120円(税抜き14,000円)
開催月 申込期間 講座受講期間
2017年7月講座 2017年3月28日(火)
~2017年6月27日(火)
2017年7月4日(火)
~2017年8月29日(火)
2017年8月講座 2017年4月25日(火)
~2017年7月25日(火)
2017年8月1日(火)
~2017年9月26日(火)
受付中
2017年9月講座
2017年5月30日(火)
~2017年8月29日(火)
2017年9月5日(火)
~2017年10月31日(火)
受付中
2017年10月講座
2017年6月27日(火)
~2017年9月26日(火)
2017年10月3日(火)
~2017年11月28日(火)
受付中
2017年11月講座
2017年8月1日(火)
~2017年10月31日(火)
2017年11月7日(火)
~2018年1月9日(火)
2017年12月講座 2017年8月29日(火)
~2017年11月28日(火)
2017年12月5日(火)
~2018年1月30日(火)
2018年1月講座 2017年9月19日(火)
~2017年12月19日(火)
2018年1月9日(火)
~2018年3月6日(火)
2018年2月講座 2017年10月31日(火)
~2018年1月30日(火)
2018年2月6日(火)
~2018年4月3日(火)
2018年3月講座 2017年11月28日(火)
~2018年2月27日(火)
2018年3月6日(火)
~2018年5月8日(火)
2018年4月講座 2017年12月19日(火)
~2018年3月27日(火)
2018年4月3日(火)
~2018年5月29日(火)
2018年5月講座 2018年1月23日(火)
~2018年4月24日(火)
2018年5月8日(火)
~2018年7月3日(火)
2018年6月講座 2018年2月27日(火)
~2018年5月29日(火)
2018年6月5日(火)
~2018年7月31日(火)
2018年7月講座 2018年3月27日(火)
~2018年6月26日(火)
2018年7月3日(火)
~2018年8月28日(火)
2018年8月講座 2018年5月1日(火)
~2018年7月31日(火)
2018年8月7日(火)
~2018年10月2日(火)
2018年9月講座 2018年5月29日(火)
~2018年8月28日(火)
2018年9月4日(火)
~2018年10月30日(火)
2018年10月講座 2018年6月26日(火)
~2018年9月25日(火)
2018年10月2日(火)
~2018年11月27日(火)
2018年11月講座 2018年7月31日(火)
~2018年10月30日(火)
2018年11月6日(火)
~2019年1月8日(火)
2018年12月講座 2018年8月28日(火)
~2018年11月27日(火)
2018年12月4日(火)
~2019年1月29日(火)

セミナーの狙い


~自社の利益を最大限に確保した契約を結ぶために~

契約書の内容は、法律が記載事項や形式をすべて定めているわけではありません。契約自由の原則のもとでは、当事者同士が自由な意思で契約内容や形式を決めることになります。一方、契約自由の例外として、法律に基づいて契約書を用意しなければならないケースもあります。相手に配慮しつつも、できる限り自社のリスクを最小限に抑えた(つまり自社の利益を最大限に確保した)契約を締結するためには、契約にかかわるすべてのビジネスパーソンが、契約や契約書についての知識を持つことが必要といえるでしょう。
この講座では、基本構成・文書の書き方から、押印や署名の留意点、解約・解除の仕方まで、契約の基本を学びます。また、売買、貸借、業務請負、販売代理、ソフトウエア開発、機密情報保持といったビジネスで一般的な契約を取り上げ、契約書の作成から契約締結にあたっての注意点についても説明します。教材には専門用語の用語解説や新聞記事を使った事例紹介なども豊富で、初学者でも基礎からわかりやすく学ぶことができます。
Web上の学習画面を読み、自動採点形式のテスト問題で理解度を自己チェックしながら、学習を進めましょう。学習途中で気付いたことなどをLectureノートなどのダウンロード資料に書き込んでいくと、学習期間終了後も手元に残せる資料となります。わからないところがあれば、Q&Aなどのインタラクション機能を使って講師に質問してください。

※標準受講時間は、Lectureを一通り読み進めるために必要な時間の目安です(この標準学習時間にはテストのための時間は含まれていません)。
※学習画面はプリントアウトできませんが、ライブラリーにダウンロードできる関連資料(ワード、PDFで作成)をご用意しています。

プログラム

1st Lecture  契約の基本
契約とは何でしょうか。また、契約当事者とは誰のことでしょうか。そしてその契約が成立するための要件は何でしょうか。契約の基本的意味について学びます。
  1. 契約とは
  2. 契約の当事者

2nd Lecture 契約の形式と内容
契約書を作成したり、あるいは外部が用意した契約書を確認したりするために、最低限押さえておきたいポイントを解説します。
  1. 基本用語の理解
  2. 表題と前文
  3. 主要条文の例

3rd Lecture  署名・押印、印紙や関連書式の留意点
契約を結ぶにあたって、本文の作成・確認以外に知っておきたい署名・押印や印紙、さらには書類作成のための留意点を確認します。
  1. 署名、記名、押印
  2. 印紙に関する知識
  3. 書類作成の留意点
  4. 予約、仮契約、手付金、内金、保証金

4th Lecture  おもな契約書の研究
ビジネスで結ばれるさまざまな契約書を紹介し、その特徴や締結にあたって気を付けておきたい条項などについて解説します。
  1. 売買契約の注意点
  2. 貸借契約の注意点
  3. 代理店・特約店、委任、寄託契約の注意点
  4. 業務請負、ソフトウエア開発などの契約の注意点
  5. 機密保持、個人情報保護契約の注意点

5th Lecture  契約の終了
最後に、万が一契約トラブルが発生した場合の対応策について押さえておきます。
  1. 契約の瑕疵
  2. 契約の解除
  3. 契約相手への賠償請求

備考

eラーニング教材の概要

コースコード XAN40301
受講料(消費税込み) 15,120円(税抜価格14,000円)(NBS会員制度(法人)割引料金:14,040円(税抜価格13,000円))
確認テスト 全Lectureに1回(各10問)
レポート なし
使用するアプリケーションソフト Microsoft(R) Word、Adobe(R) Reader(R)
標準受講時間 6時間

動作環境  OS × ブラウザー
  Microsoft® Windows® 7 × Microsoft® Internet Explorer 11
  Microsoft® Windows® 10 × Microsoft® Internet Explorer 11

日経ビジネススクール オンライン講座 事務局
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-10 笠原ビル7F
株式会社 日経ピーアール 内
TEL:03-6812-8679
FAX:03-6812-8755
Eメール:nikkei-on@nikkeipr.co.jp
受付時間:月〜金 9:30〜17:30(年末年始、土日祝日を除く)

テーマ
職位・対象
講座の特徴
シリーズ・学校
フロア
レベル
  • 基礎
  • 実践
カテゴリー
キーワード
  • リスクマネジメント

「ビジネス法律」に関連するおすすめの講座

  • 改正個人情報保護法の知識と情報活用の実務

    2017年5月30日、改正個人情報保護法が全面施行されました。今改正は、パーソナルデータの積極活用により新規事業やグローバルビジネスの展開を促すことを目的とする一方で、その環境整備のために個人情報の定...続きを読む

  • ゼロから学ぶ英文契約書入門

    一般に、英文契約書は非常に難解でわかりにくいといわれています。しかし、法律英語・英文契約書は決して難しいものではありません。特に高い英語力が必要とされているのではなく、契約の基礎知識と必要最低限の法律...続きを読む

  • 総務・経理・営業のための法律基礎知識

    総務・経理部門が担当する領収書・請求書など文書の取扱い、各種契約書の作成、債務・債権の処理や管理などの業務を行うためには、法律的な知識・根拠にもとづいて行うことが必要です。専門知識を持たないまま担当者...続きを読む