オンライン講座 “勝つための”の企画作りのプロのノウハウ 勝てる企画のまとめ方 <オンライン講座> 企画の立て方から、説得力がある企画書の書き方までを実践的に学びます。

受講料
19,440円(税抜き18,000円)
開催月 申込期間 講座受講期間
2017年9月講座 2017年5月30日(火)
~2017年8月29日(火)
2017年9月5日(火)
~2017年10月31日(火)
2017年10月講座 2017年6月27日(火)
~2017年9月26日(火)
2017年10月3日(火)
~2017年11月28日(火)
受付中
2017年11月講座
2017年8月1日(火)
~2017年10月31日(火)
2017年11月7日(火)
~2018年1月9日(火)
受付中
2017年12月講座
2017年8月29日(火)
~2017年11月28日(火)
2017年12月5日(火)
~2018年1月30日(火)
受付中
2018年1月講座
2017年9月19日(火)
~2017年12月19日(火)
2018年1月9日(火)
~2018年3月6日(火)
2018年2月講座 2017年10月31日(火)
~2018年1月30日(火)
2018年2月6日(火)
~2018年4月3日(火)
2018年3月講座 2017年11月28日(火)
~2018年2月27日(火)
2018年3月6日(火)
~2018年5月8日(火)
2018年4月講座 2017年12月19日(火)
~2018年3月27日(火)
2018年4月3日(火)
~2018年5月29日(火)
2018年5月講座 2018年1月23日(火)
~2018年4月24日(火)
2018年5月8日(火)
~2018年7月3日(火)
2018年6月講座 2018年2月27日(火)
~2018年5月29日(火)
2018年6月5日(火)
~2018年7月31日(火)
2018年7月講座 2018年3月27日(火)
~2018年6月26日(火)
2018年7月3日(火)
~2018年8月28日(火)
2018年8月講座 2018年5月1日(火)
~2018年7月31日(火)
2018年8月7日(火)
~2018年10月2日(火)
2018年9月講座 2018年5月29日(火)
~2018年8月28日(火)
2018年9月4日(火)
~2018年10月30日(火)
2018年10月講座 2018年6月26日(火)
~2018年9月25日(火)
2018年10月2日(火)
~2018年11月27日(火)
2018年11月講座 2018年7月31日(火)
~2018年10月30日(火)
2018年11月6日(火)
~2019年1月8日(火)
2018年12月講座 2018年8月28日(火)
~2018年11月27日(火)
2018年12月4日(火)
~2019年1月29日(火)

セミナーの狙い

この講座では、パワーポイントを使ってフルパッケージの企画書を作り上げるスキルを身につけることを目標としています。経営企画、営業、マーケティングなど日常業務で企画書を作成する仕事に携わっている方にお勧めします。
企画書を書けといわれて困っている人。
何回企画書を書いても「ダメ、書き直し」と言われる人。
何回企画をプレゼンしてもボツになる人。
企画に「ココロがこもっていない」と言われた人。
企画書に「どこからの借り物じゃないか」と言われた人。
企画書の表現力不足を痛感している人。
このような想いを一度でもしたことがある人はぜひご受講ください。(受講には、パワーポイントの基本操作のスキル:ファイルを開いたり、データを書き換えるなど、が必要です。)

Web上の学習画面を読み、自動採点形式のテスト問題で理解度を自己チェックしながら、確実に学習を進めましょう。気がついたことは、 Lectureノートなどのダウンロード資料に書き込みましょう。後々まで手元に残せる資料となります。最後にレポート(記述式の課題)で、企画の立て方 やまとめ方について確認しましょう。提出されたレポートは、採点のうえお返しします。わからないところがあれば、Q&Aなどのインタラクション機能を使って解決できます。

※標準受講時間は、Lectureを一通り読み進めるために必要な時間の目安です(この標準学習時間にはテストやレポート作成のための時間は含まれていません)。
※学習画面はプリントアウトできませんが、ライブラリーにダウンロードできる関連資料(ワード、エクセルで作成)をご用意しています。
※この講座の受講には、Microsoft(R) PowerPoint(R)の基本スキルが必須です(レポートは、PowerPoint(R)のデータ をダウンロードして加工し、提出していただきます)。なお、ライブラリーに収録されているデータは、PowerPoint(R)2010のバージョンで作 成されています。それ以前のバージョンをご利用の場合、一部の機能が再現できない場合があります。

プログラム

1st Lecture 企画とは何か
企画を立案するのに必要な能力とは何か、良い企画書の必要条件は何かを学ぶ。
  ●企画の基本的要素
  ●企画に必要な能力
  ●企画立案の流れ
  ●勝てる企画の構造は

2nd Lecture 企画立案の実際~情報収集/分析
企画をするに当たってまず必要な情報収集と分析のノウハウを学ぶ。
  ●社会環境(トレンド)分析の仕方
  ●市場・業界分析の仕方
  ●自社(提案先)分析の仕方
  ●与件整理の仕方

3rd Lecture アイデア発想法
企画の中心ともいえるアイデア発想法のハウツーを学ぶ。
  ●アイデア発想の原理・位置付け
  ●テーマ設定・ターゲット設定の仕方
  ●アイデア発想法1・・・635(ブレインライティング)法
  ●アイデア発想法2・・・焦点法
  ●アイデア発想法3・・・逆接定法

4th Lecture 企画のまとめ方
収集した情報やアイデア、コンセプトを整理してまとめる方法を学ぶ。
  ●収集した情報を企画につなげる方法
  ●企画の骨格~コンセプトのまとめ方
  ●流れを点検し、シナリオを組み立てよう
  ●企画書の作成を実践しよう(前半)

5th Lecture 通る企画書作成方法 (1) ~導入部分
フルパッケージ企画書の最初の導入部分の効果的作成方法を学ぶ。
  ●企画書の構成
  ●構成の作成手順
  ●導入部の作成方法

6th Lecture 通る企画書作成方法 (2) ~環境・背景・論理説得部分
2nd Lectureで学ぶ分析結果などをどう効果的にフルパッケージ企画書にまとめるかを学ぶ。
  ●調査結果のまとめ作成法
  ●企画の方向性の作成法
  ●企画コンセプトの作成法

7th Lecture 通る企画書作成方法 (3) ~具体化・数値化部分
フルパッケージ企画書における市場導入方法やスケジュールの効果的作成法を学ぶ。
  ●組織・流通の作成法
  ●市場導入の作成法
  ●収支の作成法
  ●スケジュールの作成法

8th Lecture 企画書のブラッシュアップ
見やすく、わかりやすい企画書にするためのコツを学ぶ。
  ●ページレイアウトを統一する
  ●ページデザインを統一する
  ●数値はすべてグラフや表にする
  ●イラスト・写真の入れ方
  ●企画書の作成を実践しよう(後半)

備考

eラーニング教材の概要

コースコード XAV70501
受講料(消費税込み) 19,440円(税抜価格18,000円)
確認テスト Lecture(2、3、5、7)に各1回
レポート 最終に1回
使用するアプリケーションソフト Microsoft(R) Word、Microsoft(R) Excel、Microsoft(R) PowerPoint(R)
標準受講時間 5時間

動作環境  OS × ブラウザー
  Microsoft® Windows® 7 × Microsoft® Internet Explorer 11
  Microsoft® Windows® 10 × Microsoft® Internet Explorer 11

日経ビジネススクール オンライン講座 事務局
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-10 笠原ビル7F
株式会社 日経ピーアール 内
TEL:03-6812-8679
FAX:03-6812-8755
Eメール:nikkei-on@nikkeipr.co.jp
受付時間:月〜金 9:30〜17:30(年末年始、土日祝日を除く)

「マーケティング・企画」に関連するおすすめの講座

  • 基礎から学ぶマーケティング

    「マーケティング思考」の習得は、いまや全社員に求められる時代です。まず自社と他社の分析を行い、自社のどの部分が最大価値を生むのかを確認し、その最大価値を生かす実践策を練り上げ、戦術を実行に移すフローを...続きを読む

  • BtoB(生産財)マーケティング基礎講座

    「本当に自社にマーケティングやブランディングは必要なのか」「そもそもマーケティングとブランディングの違いは何か」「どの程度継続的に投資すべきなのか」「マーケティング組織の最適な体制は」など、BtoBマ...続きを読む

  • EXCELを使ったアンケート計画・調査・活用入門

    巷にあふれるアンケートを見て、「質問の意図が分からない」「答えようにも適切な選択肢がない」と感じることはありませんか?実際にアンケートを作成する際、聞かれる側として感じていた疑問を忘れ、聞く側の理論を...続きを読む