オンライン講座 メンタルヘルスのマネジメントを実践する 3時間でわかる 管理職のためのメンタルヘルス入門 <オンライン講座> ラインケアの方法などを具体的に学ぶ管理職向けのメンタルヘルス入門講座です。

受講料
8,640円(税抜き8,000円)
開催月 申込期間 講座受講期間
4月講座 XAR40201 2016年12月20日(火)
~2017年3月28日(火)
2017年4月4日(火)
~2017年5月30日(火)
5月講座 XAR40201 2017年1月24日(火)
~2017年4月25日(火)
2017年5月9日(火)
~2017年7月4日(火)
受付中
6月講座 XAR40201
2017年2月28日(火)
~2017年5月30日(火)
2017年6月6日(火)
~2017年8月1日(火)
受付中
7月講座 XAR40201
2017年3月28日(火)
~2017年6月27日(火)
2017年7月4日(火)
~2017年8月29日(火)
受付中
8月講座 XAR40201
2017年4月25日(火)
~2017年7月25日(火)
2017年8月1日(火)
~2017年9月26日(火)
9月講座 XAR40201 2017年5月30日(火)
~2017年8月29日(火)
2017年9月5日(火)
~2017年10月31日(火)

セミナーの狙い


~部下のストレスやメンタルヘルスの負の側面を最小限に、正の側面を最大化~

この講座の目的は管理職として

・ ストレスやメンタルヘルス不調を含む、様々な部下の持つ問題を適切に理解・把握して、部下による対処を支援し、個人と職場への影響を許容できる範囲に収めること

・ 部下の心身の健康や感情のあり方に着目し、生産性の高い状態を保ち、業績を上げやすくする状況を創り出すこと

にあります。人的資源である部下のストレスやメンタルヘルスの負の側面を最小限にとどめ、反対に正の側面を最大化するポイントを理解し、実践の手がかりをつかんでください。

プログラム

1st Lecture 職場のストレスやメンタルヘルス不調のリスク
  ●働く人のメンタルヘルスの現状
  ●従業員のメンタルヘルスに関する企業の責任の変化
  ●メンタルヘルス不調による職場の損失
  ●管理職が直面する今日的課題

2nd Lecture 部下の生産性に影響する6つの問題
  ●メンタルヘルス不調の6つの種類
  ●うつ病グループ
  ●不安障害グループ
  ●パーソナリティ障害グループ
  ●統合失調症グループ
  ●依存症グループ
  ●広汎性発達障害グループ

3rd Lecture 部下の問題への対処と方法論
  ●管理職が知っておくべき行政のガイドライン
  ●不調を持つ部下への具体的な対処
  ●三次予防対策
  ●二次予防対策
  ●不調を持つ部下への具体的な対処のまとめ

4th Lecture 自身と部下のセルフケアの実践
  ●一次予防の考え方
  ●ストレス対処戦略の概要

5th Lecture 集団としての部下の傾向と対処を理解する
  ●ストレスとモチベーションの関係
  ●コミュニケーションを再考する
  ●上司から部下への働きかけ

備考

eラーニング教材の概要

コースコード XAR40201
受講料(消費税込み) 8,640円(税抜価格8,000円)
確認テスト 5回
レポート なし
使用するアプリケーションソフト Adobe(R) Reader(R)
標準受講時間 3時間

動作環境  OS × ブラウザー
  Microsoft® Windows® 7 × Microsoft® Internet Explorer 11
  Microsoft® Windows® 10 × Microsoft® Internet Explorer 11

日経ビジネススクール オンライン講座 事務局
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-10 笠原ビル7F
株式会社 日経ピーアール 内
TEL:03-6812-8679
FAX:03-6812-8755
Eメール:nikkei-on@nikkeipr.co.jp
受付時間:月〜金 9:30〜17:30(年末年始、土日祝日を除く)

「人事・労務・総務」に関連するおすすめの講座

  • 「働き方改革実行計画」がもたらす雇用への影響と法的対応

     16年12月の「働き方ガイドライン(案)」に続き、17年3月下旬に「働き方実行計画」が政府から発表され、すでに時間外労働の上限規制や同一労働同一賃金に関する法整備については労働政策審議会で検討が開始...続きを読む

  • 基礎から学ぶ社会保険の仕組みと実務

    会社が取り扱う社会保険(健康保険、厚生年金、労災保険、雇用保険)は幅広く、手続き・事務内容が複雑です。確実で素早い実務処理のためには内容・制度・しくみを正しく理解する必要があります。本セミナーでは、社...続きを読む

  • 事例・判例で学ぶマタハラ対策・防止策

     平成29年1月から、企業にはいわゆる「マタハラ」(妊娠・出産・育児休業・介護休業等に関するハラスメント)を防止する措置が義務付けられました。 業務の軽減を求める妊娠女性に対して、管理者が「仕事を一生...続きを読む