オンライン講座 日常の疑問や裁判例などをもとに実務的対応方法を学ぶ 管理者・人事労務担当者のための労働法入門 <オンライン講座> 職場でトラブルを起こさないために押さえておきたい労働法の基本を習得します。

受講料
19,440円(税抜き18,000円)
開催月 申込期間 講座受講期間
4月講座 XAVJ0202 2016年12月20日(火)
~2017年3月28日(火)
2017年4月4日(火)
~2017年5月30日(火)
5月講座 XAVJ0202 2017年1月24日(火)
~2017年4月25日(火)
2017年5月9日(火)
~2017年7月4日(火)
受付中
6月講座 XAVJ0202
2017年2月28日(火)
~2017年5月30日(火)
2017年6月6日(火)
~2017年8月1日(火)
受付中
7月講座 XAVJ0202
2017年3月28日(火)
~2017年6月27日(火)
2017年7月4日(火)
~2017年8月29日(火)
受付中
8月講座 XAVJ0202
2017年4月25日(火)
~2017年7月25日(火)
2017年8月1日(火)
~2017年9月26日(火)
9月講座 XAVJ0202 2017年5月30日(火)
~2017年8月29日(火)
2017年9月5日(火)
~2017年10月31日(火)

講師紹介

セミナーの狙い


~法律や判例から従業員管理の基本を学ぶ~

労働をめぐる環境が急速に変化する中、人事・労務管理上の業務は多様化・複雑化しています。従業員に関連した様々な問題・トラブルの対応にあたる労 務管理者にとって、労働法はまず第一におさえておきたい知識のひとつです。この講座では、従業員の管理から人事・賃金制度、休日や労働時間、就業規則、さ らに退職や解雇などのテーマに分け、関連する判例紹介、条文や用語解説などを交えながら、職場で使える労働法を基本から学びます。「社員のアルバイトを禁 止できるか」「残業命令に従わない社員への対応は」といった日常の疑問・問題も多数とりあげ、条文や裁判例などをもとにした実務的対応方法をわかりやすく 解説します。職場の管理・監督者、人事・労務担当者に最適な講座です。

Web上の学習画面を読み、自動採点形式のテスト問題で理解度を自己チェックしながら、確実に学習を進めましょう。気がついたことは、 Lectureノートなどのダウンロード資料に書き込みましょう。後々まで手元に残せる資料となります。

※標準受講時間は、Lectureを一通り読み進めるために必要な時間の目安です(この標準学習時間にはテストの時間は含まれていません)。
※学習画面はプリントアウトできませんが、ライブラリーにダウンロードできる関連資料(ワード、エクセルで作成)をご用意しています。

プログラム

1st Lecture 労働基準法の基礎知識
労働基準法の定義や効力をはじめ、法律の全体像をつかみましょう。
  ●労働基準法の概要
  ●労働条件のルール
  ●雇用の変化と労働基準法の改正
  ●均等待遇とは

2nd Lecture 賃金、賞与、退職金
賃金や賞与、退職金に関する法律上の扱いを理解してください。
  ●労働基準法上の「賃金」とは
  ●賃金支払五原則
  ●賃金からの控除
  ●賞与について
  ●退職金の減額・没収

3rd Lecture 労働時間
異なる労働時間体系に即した制度を紹介します。
  ●労働時間の定義
  ●休憩
  ●変形労働時間制と時間外労働
  ●フレックスタイム制
  ●労働時間のみなし制
  ●評価の対象が労働時間から成果・実績へ

4th Lecture 休日、年次有給休暇
休日労働にともなう諸問題には、どのようなものがあるでしょうか。
  ●「休日」と「休暇」の定義
  ●休日と労働の関係
  ●有給休暇

5th Lecture 就業規則と業務命令権
会社運営上の基本となる就業規則。使用者の命令権行使とあわせて学習します。
  ●就業規則の意味と作成手続
  ●業務命令権の取得と行使
  ●就業規則による労働条件不利益変更

6th Lecture 休職、退職、解雇
職場を解雇、労働契約の解消・・・。問題は何かを考えてみましょう。
  ●労働契約の解消
  ●解雇禁止事由と休職の扱い
  ●普通解雇・懲戒解雇と解雇権の濫用
  ●整理解雇と解雇権の濫用
  ●非正社員との労働契約解消
  ●退職勧奨と不法行為

7th Lecture 職場におけるトラブル対応の具体策
実際に職場で起こりそうなトラブルへの対応方法をQ&A形式で確認しましょう。
  ●雇用社会の変容と部下管理の基本
  ●労働時間、休憩、休日、休暇にかかわるトラブル
  ●健康問題にかかわるトラブル
  ●私生活にかかわるトラブル
  ●退職、解雇にかかわるトラブル

備考

eラーニング教材の概要

コースコード XAVJ0202
受講料(消費税込み) 19,440円(税抜価格18,000円)
確認テスト すべてのLectureに各1回
レポート なし
使用するアプリケーションソフト Microsoft(R) Word、Microsoft(R) Excel
標準受講時間 6時間

動作環境  OS × ブラウザー
  Microsoft® Windows® 7 × Microsoft® Internet Explorer 11
  Microsoft® Windows® 10 × Microsoft® Internet Explorer 11

日経ビジネススクール オンライン講座 事務局
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-10 笠原ビル7F
株式会社 日経ピーアール 内
TEL:03-6812-8679
FAX:03-6812-8755
Eメール:nikkei-on@nikkeipr.co.jp
受付時間:月〜金 9:30〜17:30(年末年始、土日祝日を除く)

「人事・労務・総務」に関連するおすすめの講座

  • 「働き方改革実行計画」がもたらす雇用への影響と法的対応

     16年12月の「働き方ガイドライン(案)」に続き、17年3月下旬に「働き方実行計画」が政府から発表され、すでに時間外労働の上限規制や同一労働同一賃金に関する法整備については労働政策審議会で検討が開始...続きを読む

  • 基礎から学ぶ社会保険の仕組みと実務

    会社が取り扱う社会保険(健康保険、厚生年金、労災保険、雇用保険)は幅広く、手続き・事務内容が複雑です。確実で素早い実務処理のためには内容・制度・しくみを正しく理解する必要があります。本セミナーでは、社...続きを読む

  • 事例・判例で学ぶマタハラ対策・防止策

     平成29年1月から、企業にはいわゆる「マタハラ」(妊娠・出産・育児休業・介護休業等に関するハラスメント)を防止する措置が義務付けられました。 業務の軽減を求める妊娠女性に対して、管理者が「仕事を一生...続きを読む