• BASIC
  • ビジネス英語・語学
  • マネージャー
  • リーダー
  • 新任
  • 若手
  • ベーシック300
  • more

メンタル・タフネスを1日で英語で学ぶ!講座をすべて英語で行います

Mental Toughness Seminar-英語で学ぶメンタル・タフネス-

本講座は、これまで「持って生まれた性分」と片付けられがちなメンタル・タフネス(ストレス耐性やレジリエンス)の向上を目指したユニークなプログラムです。

開催日(期間)
2017/05/10
定員
64
受講料
35,640円(税抜き33,000円)
申込期間
2017年1月23日(月)~5月9日(火)

Mental Toughness Seminar-英語で学ぶメンタル・タフネス-

開催日時

2017年5月10日(水)10:00~17:00

開場時間9:30 、昼食休憩12:30~13:30

会場
日本経済新聞社6階 「日経・大手町セミナールーム1」(日経カンファレンス&セミナールーム内)

講師紹介

セミナーの狙い



 The goal of this seminar is to learn how to better control our emotions and behaviors. Against the backdrop of global competition, business people are expected to achieve tangible results in ever more high-pressure working environment. If they succumb to the pressure, it would be difficult to make a full use of their competencies they possess. Only by overcoming the pressure can business people expected to achieve the desired results.
 This seminar explains how to design our thinking correctly thereby allowing us to manage our emotions and behaviors leading to persistent motivation. It is a very unique seminar based on a long-tested clinical psychology theory (REBT), which enables us to strengthen our stress resistance and resilience. We hope that you will become mentally tough and more resilient through the lecture and many practical exercises in this one-day seminar!
 For your information, this seminar will be conducted in English as it is intended for globally oriented staff. Supplemental explanations will be provided in Japanese on an as-needed basis.

 本セミナーのねらいは、メンタル・タフネス、つまり感情と行動をマネージする技術を高めるところにあります。グローバル化による競争激化などにより、日本のビジネスパーソンはこれまでになく大きなプレッシャーの中で目に見える「結果」を出すことを期待されています。しかし、本人がプレッシャーに屈してしまえば、コンピテンシーを発揮するのも意志を貫くのも難しくなります。業務上のプレッシャーをうまく管理できてこそ、実力の発揮と結果を期待できるのです。
 本講座は、これまで「持って生まれた性分」と片付けられがちなメンタル・タフネス(ストレス耐性やレジリエンス)の向上を目指したユニークなプログラムです。
最先端の心理療法を基盤とする、「タフネス思考」に根ざしたセルフコーチングにより、適切な感情と行動を促す実践的なプレッシャー管理方法を、講義と演習課題を通して学びます。すべてのビジネスパーソンの業務効率/生産性向上を目指したスキル講座です。 数多くの演習を交えながら、1日でメンタル・タフネスとレジリエンスのスキルを身につけてください。
 尚、本セミナーはグローバル人材向けとして資料・講義とも全て英語での運営となります。必要に応じて日本語での補足をいたします。

 配布資料:1オリジナルテキスト
      2講師著書『実践・プレッシャー管理のセオリー』(NHK出版社)


研修の期待効果:
・プレッシャーに屈してしまうメカニズムを理解できる。
・プレッシャーを克服するための具体的な思考方法を学べる。
・平常心を保つことによって、持てる力を持続的に発揮できるようになる。
・苦境や失敗に直面してもモチベーションを維持できるようになる。

プログラム



◆Introduction: Importance of Mental Toughness はじめに:メンタル・タフネスの重要性
   ● Toughness as a Global Core Skill グローバル・コア・スキルとしてのタフネス
   ● The essence of Toughness Thinking タフネス思考の本質
   ● Academic basis of Toughness Thinking タフネス思考の学術的基盤

◆1 How We Upset Ourselves 重圧に屈する仕組みを理解する
   ● The root cause of emotional disturbance 心理的動揺の根本原因を理解する
   ● Good and bad negative emotions マイナス感情の善し悪し
   ● 7 distorted thinking patterns 7つの歪んだ思考パターン
   【Exercise】   【演習】

◆2 Disputing the Irrational Thinking 悪い思考を論駁する
   ● Logical disputation 論理的な論駁法
   ● Empirical disputation 実証的な論駁法
   ● Functional disputation 実利的な論駁法
   【Exercise】   【演習】

◆3 How to Design Rational Thinking 良い思考を設計する
   ● 5 Steps of rational thinking よい思考の5ステップ
   ● Merits of rational thinking 良い思考の利点
   ● Rational thinking samples 良い思考のサンプル
   【Exercise】   【演習】

◇注目を集めているメンタル・タフネスとレジリエンス。
◇講師が長年トップ企業向けに提供してきたノウハウに基づき、今回は英語による効果的な手法を伝授します。同講師による日本語の「1日でわかるメンタル・タフネス」講座とは構成が一部異なります。
◇受講者に講師著書『実践・プレッシャー管理のセオリー』(NHK出版社)を配布します。

備考

※恐れ入りますが、お振り替えはお受けいたしかねますので、あらかじめご了承願います。
※講義の録音・録画、講義中のパソコンや携帯電話のご使用はお断りいたします。また、会場内は禁煙です。ご協力いただきますようお願い申し上げます。
※本セミナーの内容は、事前の告知なく変更を行う場合があります。また主催者により、開催を中止させていただく場合があります。あらかじめご了承願います。

免責事項

日本経済新聞社(日経)は、コース日程を変更または中止する場合、原則として受講者に対してその内容に応じてあらかじめ電話、電子メール、当ウェブサイトなどでの告知を行います。
天災地変その他の不可抗力や主催者および講師の事情などにより、講義を一部あるいは全部、中止(不催行)させていただく場合がございます。
中止の場合は原則、別日程に講義を振り替えて催行させていただきますが、主催者の事情により完全に提供されない講義については、受講料を無利子にて受講者が指定する銀行口座に振り込むことによって返却します(返金時の振り込み手数料は弊社負担)。
ただし、受講料以外に受講者側で発生した宿泊費・交通費などその他の費用については、日経は補償いたしかねます。

日経ビジネススクール」セミナー事務局
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-10 笠原ビル7F
(株)日経ピーアール内
TEL:03-6812-8679 FAX:03-6812-8755
Eメール:nikkei-bs@nikkeipr.co.jp
受付時間:月~金 9:30~17:30(年末年始、土日祝日を除く)

≪入金締切≫
ご請求書に記載いたします
※現金による銀行振込のみ。クレジットカード、分割払いには対応しておりません
※法人決済の方で入金日に間に合わない場合は事前に事務局までご連絡ください

≪キャンセルポリシー≫
※ セミナーの申込締切は、開催日の前日より数えて3営業日前(土日祝日、年末年始を除く)の午後3時までです。(2日間以上のセミナーの場合はセミナー開始日)。
それ以降にお申し込みされる場合は、開催直前の営業日の午後5時30分までに、必ず事務局03-6812-8679までお電話ください。受講が可能な場合に限り、お申し込み手続きを進めさせていただきます。事前の電話連絡をいただけない場合、お申し込みをお受けできません。ご了承ください。

※ やむを得ずキャンセルされる場合は、開催日(受講開始日)の前日より数えて3営業日前(土/日/祝日、年末年始を除く)の午後3時までに、事務局までご連絡ください。
返金手数料2,000円(税別)を申し受けご返金いたします。それ以降のキャンセルは受講料をお返しいたしかねます。
なお、一部の有料セミナーのキャンセルにつきましては、上記と異なる場合がございます。各セミナーのホームページにてご確認ください。

※ お申し込みいただいた講座は、講師・主催者の諸般の事情により、開催を中止させていただく可能性がございます。
その場合は、事務局からご連絡をさせていただきます。

※ なお、当方から申し込み確認メールをお送りしても、お申し込みのタイミングで、すでにキャンセル待ちの場合がございます。ご了承ください。
テーマ
職位・対象
シリーズ・学校
フロア
レベル
  • 基礎
カテゴリー
キーワード
  • グローバルイングリッシュ

「ビジネス英語・語学」に関連するおすすめの講座

  • Logical Writing Seminar -英語で学ぶロジカル・ライティング-

    The purpose of this seminar is to improve business writing skills. “Writing” is an exercise essentia...続きを読む

  • 英語で学ぶグローバル・コア・コンピテンシー3回コース

    続きを読む

  • English Email Writing 研修<2回コース>

    外国人スタッフ、海外取引先とのコミュニケーションにおいて英文Eメールは最も頻度の高い手段になりました。迅速かつ的確に自分の意図を伝え、相手との信頼関係を築き、速やかな行動を促すことが求められます。 そ...続きを読む