• MANAGEMENT & PROFESSIONAL
  • BASIC
  • マーケティング・企画開発
  • マネージャー
  • リーダー
  • 部長
  • 課長
  • 中堅
  • 若手
  • グループワーク
  • ベーシック300
  • more

顧客インサイトを活かし、勘所を押さえたマーケティングストーリーとカスタマージャーニー設計の基本を学ぶ

「売れるマーケティングストーリー」のつくり方

顧客インサイト、 カスタマーセントリック思考、そしてマーケティングストーリーの本質を解説します。さらに、ご自身で使いこなせるよう、ワークショップや振り返り・ディスカッション等を通じて、ストーリーづくりのノウハウを身につけていただきます

開催日(期間)
2017/03/23
定員
60
受講料
35,640円(税抜き33,000円)
申込期間
2017年1月13日(金)~3月22日(水)
開催日時

2017年3月23日(木)13:00~17:00

12:30開場

会場
御茶ノ水トライエッジカンファレンス

講師紹介

セミナーの狙い

「マーケティングの基本ツールであるSTPや4Pは知っている」
「コトラー教授の本も一通り読んだ」
「デジタルマーケティングにもチャレンジしている」

いろいろ試してみたものの、いざ自分の担当している商品・サービスに
応用しようとすると、思った通りにいかない・・・ということが、
よくあるのではないでしょうか?

マーケティングにおいては、毎年新しいキーワードやツールが発明され、
変化の激しい世界ですが、「顧客インサイトを特定し、顧客を動かす」
という点は、変わりません。

このセミナーでは、
顧客インサイト(顧客の発言や行動の背景にある深層心理)、
カスタマーセントリック思考(企業やブランドではなく、顧客視点を中心に考えること)

そして、マーケティングストーリー(顧客の意識と行動を変えていくためのシナリオ)
の本質を解説します。

さらに、ご自身で使いこなせるよう、ワークショップや振り返り・
ディスカッション等を通じて、ストーリーづくりのノウハウを
身につけていただきます。

「テクニック」ではなく「本質」を理解いただくので、マーケティングの
基礎用語を理解されていれば、実務経験は問いません。
皆さまのご参加をお待ちしております。

プログラム

1.売れるマーケティングストーリーをつくる方程式
 (1)混沌としたマーケティング世界の全体像
     多様化・複雑化した顧客行動と、マーケティング・テクノロジーの急激な変化など、
     マーケティングの現況を解説
 (2)マーケティングのフレームワークだけでは、どうして上手くいかないのか
     50年前に考えられたフレームワーク(STPや4P)では、多様化・複雑化した顧客に対応できない。
     現在のマーケティング担当者(マーケター)に必要な道具は何か?
 (3)カタチだけで終わらない、”売れる”マーケティングストーリーのつくり方
     見た目や耳障りがよいだけのストーリー(シナリオ)では、顧客が動かない、商品が売れない。
     “売れる”マーケティングストーリーはこう考える

2.顧客の意識と行動が変わる、カスタマージャーニーの設計方法
 (1)カスタマー・ジャーニーとは
     ニーズ把握だけでは売れる時代は終わった。
     今のマーケティングに欠かせない、カスタマー・ジャーニーの全体像
 (2)カスタマー・ジャーニー設計のよくある誤解と落とし穴
     顧客の「行動」よりも、「意識」に注目すると問題点が見えてくる
 (3)”使える”カスタマージャーニーにするためのポイント
     「複雑すぎて優先順位が付けられない」「既存の施策がどう位置付けられ、どう
     変更すればよいか分からない」「そもそもどの担当者が何をやるべきか分からない」
     といった状況を克服する
 (4)カスタマー・ジャーニーの設計(ワークショップ)
     自分たちの商品・サービスの価値と、顧客の心理・行動の変化を把握しながら、
     カスタマージャーニーを実際に設計していく

3.ワークショップの振り返り
  ~講師が回答例を説明し、質疑応答やディスカッションを通じて、理解を深める

4.マーケティングストーリーを機能させる仕組みとは
 (1)ストーリーを小粒に終わらせない、会社を巻き込むための仕掛け
     ストーリーをマーケティング戦略や事業戦略と関連づけることで、
     会社を広く巻き込む展開が可能となる
 (2)ストーリーを絵に描いた餅で終わらせない、現場を動かすためのポイント
     営業や広報、お客様センターなど他部署の協力を得るために、なすべきこととは
 (3)ストーリーを過去のものにさせない、データの使い方
     「態度変容」や「購買行動」に関するデータの取得・活用が鍵を握る
 (4)人工知能(AI)時代に淘汰されない、これからのマーケターに求められるスキル
     AIにとって代わられないマーケターになるために

インテグレート講師による「データ×デジタルマーケティングセミナー」を開催予定です。詳細は後日アップしますのでお楽しみに!

備考

※恐れ入りますが、お振り替えはお受けいたしかねますので、あらかじめご了承願います。
※講義の録音・録画、講義中のパソコンや携帯電話のご使用はお断りいたします。また、会場内は禁煙です。ご協力いただきますようお願い申し上げます。
※本セミナーの内容は、事前の告知なく変更を行う場合があります。また主催者により、開催を中止させていただく場合があります。あらかじめご了承願います。

免責事項

日本経済新聞社(日経)は、コース日程を変更または中止する場合、原則として受講者に対してその内容に応じてあらかじめ電話、電子メール、当ウェブサイトなどでの告知を行います。
天災地変その他の不可抗力や主催者および講師の事情などにより、講義を一部あるいは全部、中止(不催行)させていただく場合がございます。
中止の場合は原則、別日程に講義を振り替えて催行させていただきますが、主催者の事情により完全に提供されない講義については、受講料を無利子にて受講者が指定する銀行口座に振り込むことによって返却します(返金時の振り込み手数料は弊社負担)。
ただし、受講料以外に受講者側で発生した宿泊費・交通費などその他の費用については、日経は補償いたしかねます。

「日経ビジネススクール」セミナー事務局
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-10 笠原ビル7F
(株)日経ピーアール内
TEL:03-6812-8679 FAX:03-6812-8755
Eメール:nikkei-bs@nikkeipr.co.jp
受付時間:月~金 9:30~17:30(年末年始、土日祝日を除く)

≪入金締切≫
ご請求書に記載いたします
※現金による銀行振込のみ。クレジットカード、分割払いには対応しておりません
※法人決済の方で入金日に間に合わない場合は事前に事務局までご連絡ください

≪キャンセルポリシー≫
※ セミナーの申込締切は、開催日の前日より数えて3営業日前(土日祝日、年末年始を除く)の午後3時までです。(2日間以上のセミナーの場合はセミナー開始日)。
それ以降にお申し込みされる場合は、開催直前の営業日の午後5時30分までに、必ず事務局03-6812-8679までお電話ください。受講が可能な場合に限り、お申し込み手続きを進めさせていただきます。事前の電話連絡をいただけない場合、お申し込みをお受けできません。ご了承ください。

※ やむを得ずキャンセルされる場合は、開催日(受講開始日)の前日より数えて3営業日前(土/日/祝日、年末年始を除く)の午後3時までに、事務局までご連絡ください。
返金手数料2,000円(税別)を申し受けご返金いたします。それ以降のキャンセルは受講料をお返しいたしかねます。
なお、一部の有料セミナーのキャンセルにつきましては、上記と異なる場合がございます。各セミナーのホームページにてご確認ください。

※ お申し込みいただいた講座は、講師・主催者の諸般の事情により、開催を中止させていただく可能性がございます。
その場合は、事務局からご連絡をさせていただきます。

※ なお、当方から申し込み確認メールをお送りしても、お申し込みのタイミングで、すでにキャンセル待ちの場合がございます。ご了承ください。

「マーケティング・企画開発」に関連するおすすめの講座

  • ビジネス・仕事の質を高める「企画・発想力トレーニング講座」 <40名限定/2回コース>

    「アイデア・企画を量産し、伝えて、実現する」仕組みは、一定の方法により誰でも実践できます。基礎講座ではアイデア発想の基本方法を学ぶと共に、そのアイデアがきちんとビジネスとして成立するかどうかの視点も持...続きを読む

  • 理解力・伝達力が高まる図解トレーニング

     図解を活用することで、複雑な情報もシンプルかつ的確に表現することができ、報告書、提案書、企画書等の作成スキルが向上します。また、図解を作成する過程で事象に対する理解度が深まったり、新しい発見も生まれ...続きを読む

  • 基礎から学ぶマーケティング

    「マーケティング思考」の習得は、いまや全社員に求められる時代です。まず自社と他社の分析を行い、自社のどの部分が最大価値を生むのかを確認し、その最大価値を生かす実践策を練り上げ、戦術を実行に移すフローを...続きを読む