• BASIC
  • 会計・財務分析
  • マネージャー
  • リーダー
  • 経営者
  • 経営幹部
  • 次世代幹部
  • 新任
  • 部長
  • 課長
  • 中堅
  • 若手
  • 執行役員
  • 事業部長
  • ベーシック300
  • more

~戦略的に価格を決めるための7つのステップ~

顧客満足を高める・プライシング戦略の進め方

この講座では、田中靖浩公認会計士が戦略的に価格を決定するための「プライシング(価格決定)」や行動経済学を踏まえた「顧客価値の創造」について、その基本となる考え方と具体的手法をわかりやすく解説します。

開催日(期間)
2017/04/25
定員
72
受講料
35,640円(税抜き33,000円)
申込期間
2017年1月25日(水)~4月24日(月)

顧客満足を高める・プライシング戦略の進め方

開催日時

2017年4月25日(火)10:00~17:00

開場9:30、昼休憩12:30~13:30

会場
日本経済新聞社6階 「日経・大手町セミナールーム1」(日経カンファレンス&セミナールーム内)

セミナーの狙い

利益に対して最も大きなインパクトを持ち、会社の雰囲気まで決めてしまうプライシング。その重要性は「モノから情報・サービス」への産業シフトが進む今日、ますます高まっています。欧米のビジネススクールでも「プライシング」は、注目される科目(テーマ)になっています。

しかし、日本ではいまだモノ作り時代のコスト・プライシングから抜け出せず、値下げ消耗戦が繰り返されている例が少なくありません。

この講座では、アジア、米国でもプライシングに関するセミナーを実施している、公認会計士の田中靖浩氏が、戦略的に価格を決定するための「プライシング(価格決定)」や行動経済学を踏まえた「顧客価値の創造」について、その基本と具体的手法をわかりやすく解説します。

プライシングの基本を学びたい方々のご参加をお待ちしております。

プログラム

◆1.プライシング(値決め)を学ぶ心構え
   -いまや日本最大の輸出品は「デフレ」-

(1)プライシング戦略の動向~アジア、米国から
(2)プライシングをめぐる心・技・友
(3)産業シフトとプライシング

◆2.プライシングに必要な「数字」「マーケティング」「心理学」
(1)デフレ時に売上目標を重視する危険
   ~家電業界の不況を読む
(2)プライシングに必要な限界利益思考
(3)コスト・プライシングとバリュー・プライシング

◆3.DOGビジネス vs CATビジネス
(1)これからも値下げの止まらない、Digital・Online・Global(DOG)ビジネス
(2)高価格を実現する、Cozy・Analog・Touch(CAT)ビジネス
(3)ビールスタンド重富/オーラルピースの成功から

◆4.値下げ戦略の成功条件
(1)マクドナルド・ハンバーガー、プライシングの成功と失敗の歴史
(2)利益は引き算でなく、足し算で計算される
(3)値下げ戦略成功の条件と値下げの分岐点

◆5.ビジネス心理学(行動経済学)を活用した戦略的な価格設定
(1)スキッピー/ケロッグが成功した値上げしない値上げ
(2)ビジネスに心理学を持ち込んだダニエル・カーネマンの功績
(3)消耗戦から機動戦へとビジネスの舵を切れ

◆6.アンカリングと損失回避を活かしたプライシング
(1)あなたはどちらを選びますか?
   ~レストランメニューの作り方事例
(2)メッセージを変えることで「比較場所」を変える
(3)なぜヨーカ堂「下取りセール」は大成功したのか?

◆7.「高価格ストーリー」をつくるケーススタディー(演習)

備考

※恐れ入りますが、お振り替えはお受けいたしかねますので、あらかじめご了承願います。
※講義の録音・録画、講義中のパソコンや携帯電話のご使用はお断りいたします。また、会場内は禁煙です。ご協力いただきますようお願い申し上げます。
※本セミナーの内容は、事前の告知なく変更を行う場合があります。また主催者により、開催を中止させていただく場合があります。あらかじめご了承願います。

免責事項

日本経済新聞社(日経)は、コース日程を変更または中止する場合、原則として受講者に対してその内容に応じてあらかじめ電話、電子メール、当ウェブサイトなどでの告知を行います。
天災地変その他の不可抗力や主催者および講師の事情などにより、講義を一部あるいは全部、中止(不催行)させていただく場合がございます。
中止の場合は原則、別日程に講義を振り替えて催行させていただきますが、主催者の事情により完全に提供されない講義については、受講料を無利子にて受講者が指定する銀行口座に振り込むことによって返却します(返金時の振り込み手数料は弊社負担)。
ただし、受講料以外に受講者側で発生した宿泊費・交通費などその他の費用については、日経は補償いたしかねます。

日経ビジネススクール」セミナー事務局
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-10 笠原ビル7F
(株)日経ピーアール内
TEL:03-6812-8679 FAX:03-6812-8755
Eメール:nikkei-bs@nikkeipr.co.jp
受付時間:月~金 9:30~17:30(年末年始、土日祝日を除く)

≪入金締切≫
ご請求書に記載いたします
※現金による銀行振込のみ。クレジットカード、分割払いには対応しておりません
※法人決済の方で入金日に間に合わない場合は事前に事務局までご連絡ください

≪キャンセルポリシー≫
※ セミナーの申込締切は、開催日の前日より数えて3営業日前(土日祝日、年末年始を除く)の午後3時までです。(2日間以上のセミナーの場合はセミナー開始日)。
それ以降にお申し込みされる場合は、開催直前の営業日の午後5時30分までに、必ず事務局03-6812-8679までお電話ください。受講が可能な場合に限り、お申し込み手続きを進めさせていただきます。事前の電話連絡をいただけない場合、お申し込みをお受けできません。ご了承ください。

※ やむを得ずキャンセルされる場合は、開催日(受講開始日)の前日より数えて3営業日前(土/日/祝日、年末年始を除く)の午後3時までに、事務局までご連絡ください。
返金手数料2,000円(税別)を申し受けご返金いたします。それ以降のキャンセルは受講料をお返しいたしかねます。
なお、一部の有料セミナーのキャンセルにつきましては、上記と異なる場合がございます。各セミナーのホームページにてご確認ください。

※ お申し込みいただいた講座は、講師・主催者の諸般の事情により、開催を中止させていただく可能性がございます。
その場合は、事務局からご連絡をさせていただきます。

※ なお、当方から申し込み確認メールをお送りしても、お申し込みのタイミングで、すでにキャンセル待ちの場合がございます。ご了承ください。

「会計・財務分析」に関連するおすすめの講座

  • 会計の基本がわかる・財務諸表マスター講座

    この講座は会計・財務に苦手意識があるが、理解を深めたいと考えている方を対象としています。損益計算書(P/L)貸借対照表(B/S)キャッシュフロー計算書(C/S)の財務3表を1つのセットにし、3表の数字...続きを読む

  • 会社のしくみから理解する会計入門

    決算書の読み方、そこから何が読み取れるのか、きちんと基礎から学びたい、会社の数字や会計に何となく苦手意識を持っている、という方は少なくないのではないでしょうか?  決算書だけを勉強するのではなく、株主...続きを読む

  • 営業・マーケティングに活かす基礎から学ぶ財務分析

    マーケティング視点による財務の実務ポイント・マスター講座―マーケティングを財務でパワーアップする!数値に強い営業部隊をつくることは確実に会社の収益に貢献します。最前線の営業パーソンが財務の知識をつける...続きを読む