事業買収(M&A)・投資と撤退の判断ポイント

  • EXECTIVE
  • MANAGEMENT & PROFESSIONAL
  • 経営・マネジメント
  • マネージャー
  • 経営者
  • 経営幹部
  • 次世代幹部
  • 部長
  • 執行役員
  • 事業部長
  • ベーシック300
  • more

役員・経営幹部に必要な経営知識を学ぶ ベーシックコース

事業買収(M&A)・投資と撤退の判断ポイント

事業買収の事例から、投資・撤退における経営判断時のポイントをつかむ

開催日(期間)
2017年8月1日 (火)
定員
72
受講料
32,400円(税抜き30,000円)
申込期間
2017年5月22日(月)~7月31日(月)

事業買収(M&A)・投資と撤退の判断ポイント

開催日時

2017年8月1日(火)13:30~17:00

開場時間13:00

会場
日本経済新聞社6階 「日経・大手町セミナールーム1」(日経カンファレンス&セミナールーム内)

プログラム

◆1.事業経営と事業買収(M&A)の潮流

(1)企業買収の意義
 ・オーガニック・グロースの限界
 ・マーケットシェア
 ・経営資源の追加 ほか
(2)企業買収の手順と流れ
(3)企業買収の実情
 ・事業シナジーは本当にあるのか
 ・FA(フィナンシャルアドバイザー)の役割
 ・なぜM&Aは失敗が多いのか ほか

◆2.事業買収(M&A)の「失敗」

(1)買収前の失敗
 ・「失敗」をとがめる文化(いつまでも買えない)
 ・手段の目的化 ほか
(2)買収後の失敗
 ・典型的な失敗:瑕疵発覚、人材流出、衰退、赤字継続、
  新規投資意義低(ノンコア)、統制不能
 ・見極めと処理への決断の遅れ
 ・基本的にうまく行かない前提を理解していない ほか

◆3.事業買収(M&A)検討の勘所

(1)検討すべき5つのポイント
 ・経営方針との整合性
 ・対象事業の実態
 ・運営方針
 ・買収範囲と買収後の位置づけ
 ・合理的な条件と価格
(2)調査・確認すべき5つのポイント
 ・売却動機 
 ・事業の強みと弱みの源泉
 ・財務状況 
 ・買収、統合に必要な追加的負担と必要経営資源 
 ・買い手側の熱意、やる気

◆4.買収後の事業の見極めと対応策 ~見切千両

(1)傷を深める原因
 ・コストカットによる縮小均衡化
 ・人材流出
 ・放任経営 ほか
(2)対応手段とタイミング
(3)事後処理見極めの流れとポイント
 ・処理方針検討のポイントとありがちな問題
 ・継続する意義があるか、ないか
 ・存続させるか、させないか
 ・事業として成立するのか
 ・運営に優位性のある第三者がいるか

◆5.まとめ ~M&A10カ条

セミナーの狙い

事業買収は、事業戦略の実行において、一般的な選択肢のひとつとなっています。しかし、実際には「思い通りの案件が見つからない」、「候補案件が突然登場したが、何をどう検討すべきか解らない。」といった声が聞かれます。また、「買収後に上手くいかなかったらどうすればよいか」は、買収前から想定しておく必要があり、勘所をつかむのが難しいものです。

事業買収は、業容拡大に弾みをつける効果がある一方で、買収事業の業績不振による赤字計上で苦しむケースも後を絶ちません。適切な打開策が見いだせないまま、時間と経営資源を浪費してしまうことは最も避けたい事態です。失敗といわれる事業買収の原因、撤退のありかたは、事業買収の検討、判断に多くの示唆を与えてくれます。

この講座では、最近時の事業買収、撤退の実務を前提に、(1)近時の事業経営におけるM&Aの現状と意義を整理し、(2)M&Aがどのように失敗しているかを概観した上で、(3)買収時の検討の勘所を整理します。さらに、(4)買収後事業の見極め方とタイミング、その典型的な対応方法のポイントについて解説し、理解を深めていただきます。

事業買収の判断を行う、役員、事業部門長、部長やサポートするスタッフの方々を対象とした実践講座です。皆様のご参加をお待ちしております。

備考

※恐れ入りますが、お振り替えはお受けいたしかねますので、あらかじめご了承願います。
※講義の録音・録画、講義中のパソコンや携帯電話のご使用はお断りいたします。また、会場内は禁煙です。ご協力いただきますようお願い申し上げます。
※本セミナーの内容は、事前の告知なく変更を行う場合があります。また主催者により、開催を中止させていただく場合があります。あらかじめご了承願います。

免責事項

日本経済新聞社(日経)は、コース日程を変更または中止する場合、原則として受講者に対してその内容に応じてあらかじめ電話、電子メール、当ウェブサイトなどでの告知を行います。
天災地変その他の不可抗力や主催者および講師の事情などにより、講義を一部あるいは全部、中止(不催行)させていただく場合がございます。
中止の場合は原則、別日程に講義を振り替えて催行させていただきますが、主催者の事情により完全に提供されない講義については、受講料を無利子にて受講者が指定する銀行口座に振り込むことによって返却します(返金時の振り込み手数料は弊社負担)。
ただし、受講料以外に受講者側で発生した宿泊費・交通費などその他の費用については、日経は補償いたしかねます。

「日経ビジネススクール」セミナー事務局
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-10 笠原ビル7F
(株)日経ピーアール内
TEL:03-6812-8679 FAX:03-6812-8755
Eメール:nikkei-bs@nikkeipr.co.jp
受付時間:月~金 9:30~17:30(年末年始、土日祝日を除く)

≪入金締切≫
ご請求書に記載いたします
※現金による銀行振込のみ。クレジットカード、分割払いには対応しておりません
※法人決済の方で入金日に間に合わない場合は事前に事務局までご連絡ください

≪キャンセルポリシー≫
※ セミナーの申込締切は、開催日の前日より数えて3営業日前(土日祝日、年末年始を除く)の午後3時までです。(2日間以上のセミナーの場合はセミナー開始日)。
それ以降にお申し込みされる場合は、開催直前の営業日の午後5時30分までに、必ず事務局03-6812-8679までお電話ください。受講が可能な場合に限り、お申し込み手続きを進めさせていただきます。事前の電話連絡をいただけない場合、お申し込みをお受けできません。ご了承ください。

※ やむを得ずキャンセルされる場合は、開催日(受講開始日)の前日より数えて3営業日前(土/日/祝日、年末年始を除く)の午後3時までに、事務局までご連絡ください。
返金手数料2,000円(税別)を申し受けご返金いたします。それ以降のキャンセルは受講料をお返しいたしかねます。
なお、一部の有料セミナーのキャンセルにつきましては、上記と異なる場合がございます。各セミナーのホームページにてご確認ください。

※ お申し込みいただいた講座は、講師・主催者の諸般の事情により、開催を中止させていただく可能性がございます。
その場合は、事務局からご連絡をさせていただきます。

※ なお、当方から申し込み確認メールをお送りしても、お申し込みのタイミングで、すでにキャンセル待ちの場合がございます。ご了承ください。
テーマ
職位・対象
シリーズ・学校
フロア
レベル
  • 基礎
カテゴリー
キーワード
  • ビジネスモデル
  • リーダーシップ力
  • リスクマネジメント

「経営・マネジメント」に関連するおすすめの講座

  • 若手リーダーが身につけたいマネジメント知識と思考法

     スピード化と激しい変化が「上司像」を変えています。これまでのやり方や考え方、スキル・ノウハウだけでは通用しない環境下で、次々に起こる複雑な課題にスピーディに「答」を出していく必要があります。 また、...続きを読む

  • 原価計算と管理会計の基礎知識

     景気回復のはっきりとした兆しが見えず、円高による収益の目減りが進む不透明な経済環境のなかで、収益性を改善する王道は、原価のしくみを把握し、マネジメントしていくことです。企業内のコスト構造をしっかりと...続きを読む

  • 経営の視点からの人事労務知識

    「働き方改革」は「働かせ方改革」でもあります。経営としては、社員にどのように働いてもらえるか(働かせるか)を考えて、これを人事制度にしていきます。多様な働き方が求められる中では、自社としての働き方の意...続きを読む