「働き方改革実行計画」がもたらす雇用への影響と法的対応

  • MANAGEMENT & PROFESSIONAL
  • BASIC
  • 人事・労務・総務
  • マネージャー
  • 経営者
  • 経営幹部
  • 次世代幹部
  • 部長
  • 課長
  • 事業部長
  • ベーシック300
  • more

同一労働同一賃金論、時間外労働の上限規制は日本の雇用を変えるのか

「働き方改革実行計画」がもたらす雇用への影響と法的対応

労働法の専門家である石嵜弁護士が、政府が企業に求める「働き方改革」への道筋と今後のゆくえ、組織としてどの方向に舵を取るべきか、また、その舵取りのために必要な策とは何かについて解説します

開催日(期間)
2017年8月2日 (水)
定員
64
受講料
36,720円(税抜き34,000円)
申込期間
2017年5月17日(水)~8月1日(火)

「働き方改革実行計画」がもたらす雇用への影響と法的対応

開催日時

2017年8月2日(水)10:00~17:00

9:30開場、昼食休憩12:30~13:30

会場
丸の内オアゾ (OAZO)丸善3階 日経セミナールーム

講師紹介

セミナーの狙い


 16年12月の「働き方ガイドライン(案)」に続き、17年3月下旬に「働き方実行計画」が政府から発表され、すでに時間外労働の上限規制や同一労働同一賃金に関する法整備については労働政策審議会で検討が開始されています。この実行計画は正社員の雇用保障を中核として展開してきた日本の雇用慣行(働き方や雇用システム)を大きく転換することを目的としているものといえます。
 このセミナーでは、労働法の専門家である石嵜弁護士が、政府が企業に求める「働き方改革」への道筋と今後のゆくえ、組織としてどの方向に舵を取るべきか、また、その舵取りのために必要な策とは何かについて解説します。

プログラム

1.政府の実行計画(H29.3.28)への評価
 (1)戦後日本の労働法制史上の大改革である
 (2)後世に2017年が日本の働き方が変わった出発点といわれる
 (3)今後、国会で法案を立案し国会審議へ(同一労働同一賃金・時間外労働の上限規制)

2.実行計画が改革に求めるもの
 (1)「行き過ぎた雇用維持型」から「労働移動支援型」への政策転換
 (2)行き過ぎた雇用維持型(内部労働市場)とは
   1)解雇権濫用法理
    ・労働条件不利益変更
    ・時間外・休日労働命令
    ・転勤・出向命令法理等
   2)幣害
    ・長時間労働(女性の職場進出・男性の育児参画阻害)
    ・非正規社員の増加
    ・雇用保障のための賃金デフレ
 (3)労働移動支援型(外部労働市場)とは
   1)失業なき労働移動の実現
   2)ワークライフバランスを確保して、健康に柔軟な働き方

3.実行計画の概要
 (1)処遇の改善(賃金など)
    ~同一労働同一賃金・不本意非正規社員の正社員登用・賃金引上げ
 (2)制約の克服(時間・場所・契約など)
    ~時間外労働の上限規制導入
   1)勤務間インターバル制度導入・雇用型
   2)非雇用型テレワーク・副業兼業促進・外国人人材の受け入れ
 (3)キャリアの構築―女性労働者、若者、高年齢者の就労支援

4.実行計画の個別論点
 (1)同一労働同一賃金論
   1)ガイドライン案の法的評価と実務対応
    (無期フルタイムへの転換者の取扱い・「不合理」の主張立証責任の問題・説明義務の強化・裁判外紛争解決手続等)
   2)その後の検討会・労働政策審議会の状況
   3)派遣労働者の取り扱い(労使協定による例外的取り扱い)
   4)労働契約法20条に関する裁判例の分析・比較
    (ハマキョウレックス事件、長澤運輸事件、メトロコマース事件)
 (2)時間外労働の上限規制
   1)規制内容
   2)法定休日労働の利用とその特定論
 (3)非雇用型テレワークの労働法上の「労働者」性の整理
 (4)副業・兼業への実務対応

5.今後の法改正の進め方
 (1)労基法改正1(高度プロフェッショナル制度、企画業務型裁量労度制の適用拡大等)
 (2)労基法改正2(時間外労働の上限規制)
 (3)労働契約法20条、パート労働法8条、派遣法30条の3
 (4)労働政策審議会の審議状況
   1)労働条件分科会(時間外労働の上限規制)
   2)労働条件分科会・職業安定分科会・雇用均等分科会同一労働同一賃金部会

6.同一労働同一賃金論が2018年問題(有期から無期への転換)・限定正社員論に与える影響

7.最後に:日本の「雇用」は将来どこに向かうのか ~過去・現在・将来―AI、IoT関連も含めて

備考

※恐れ入りますが、お振り替えはお受けいたしかねますので、あらかじめご了承願います。
※講義の録音・録画、講義中のパソコンや携帯電話のご使用はお断りいたします。また、会場内は禁煙です。ご協力いただきますようお願い申し上げます。
※本セミナーの内容は、事前の告知なく変更を行う場合があります。また主催者により、開催を中止させていただく場合があります。あらかじめご了承願います。

免責事項

日本経済新聞社(日経)は、コース日程を変更または中止する場合、原則として受講者に対してその内容に応じてあらかじめ電話、電子メール、当ウェブサイトなどでの告知を行います。
天災地変その他の不可抗力や主催者および講師の事情などにより、講義を一部あるいは全部、中止(不催行)させていただく場合がございます。
中止の場合は原則、別日程に講義を振り替えて催行させていただきますが、主催者の事情により完全に提供されない講義については、受講料を無利子にて受講者が指定する銀行口座に振り込むことによって返却します(返金時の振り込み手数料は弊社負担)。
ただし、受講料以外に受講者側で発生した宿泊費・交通費などその他の費用については、日経は補償いたしかねます。

「日経ビジネススクール」セミナー事務局
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-10 笠原ビル7F
(株)日経ピーアール内
TEL:03-6812-8679 FAX:03-6812-8755
Eメール:nikkei-bs@nikkeipr.co.jp
受付時間:月~金 9:30~17:30(年末年始、土日祝日を除く)

≪入金締切≫
ご請求書に記載いたします
※現金による銀行振込のみ。クレジットカード、分割払いには対応しておりません
※法人決済の方で入金日に間に合わない場合は事前に事務局までご連絡ください

≪キャンセルポリシー≫
※ セミナーの申込締切は、開催日の前日より数えて3営業日前(土日祝日、年末年始を除く)の午後3時までです。(2日間以上のセミナーの場合はセミナー開始日)。
それ以降にお申し込みされる場合は、開催直前の営業日の午後5時30分までに、必ず事務局03-6812-8679までお電話ください。受講が可能な場合に限り、お申し込み手続きを進めさせていただきます。事前の電話連絡をいただけない場合、お申し込みをお受けできません。ご了承ください。

※ やむを得ずキャンセルされる場合は、開催日(受講開始日)の前日より数えて3営業日前(土/日/祝日、年末年始を除く)の午後3時までに、事務局までご連絡ください。
返金手数料2,000円(税別)を申し受けご返金いたします。それ以降のキャンセルは受講料をお返しいたしかねます。
なお、一部の有料セミナーのキャンセルにつきましては、上記と異なる場合がございます。各セミナーのホームページにてご確認ください。

※ お申し込みいただいた講座は、講師・主催者の諸般の事情により、開催を中止させていただく可能性がございます。
その場合は、事務局からご連絡をさせていただきます。

※ なお、当方から申し込み確認メールをお送りしても、お申し込みのタイミングで、すでにキャンセル待ちの場合がございます。ご了承ください。

「人事・労務・総務」に関連するおすすめの講座

  • ビジネス成果に貢献する「企業内人材開発・育成」の進め方

    厳しいビジネス環境において、改めて「人材」が企業の競争力の重要な要素として見直されています。 製品やサービスそのものでの差別化が難しくなるなかで、競争に打ち勝ち、ビジネス成果を獲得し、企業の持続的成長...続きを読む

  • 演習で学ぶ給与計算の基本と実践

    給与計算実務はほとんどの会社で「コンピューター」で行われています。 担当者として間違いのない「支給額算出/チェック」をするには、「給与計算のしくみ」を理解することが必要です。確実で、素早い実務処理のた...続きを読む

  • 海外勤務者をめぐる労務管理と給与・社会保険

     近年、社内でも海外赴任者が増えてきたこと、進出する国や地域が拡大してきたこと、さらには従来のルールが実態と合わなくなってきたこと等により、海外赴任規程の全体的な見直しを検討している企業が急増していま...続きを読む