リーダーのための実践コーチング

  • BASIC
  • 経営・マネジメント
  • マネージャー
  • リーダー
  • グループワーク
  • ベーシック300
  • more

マネジメントに活かせる4つのスキルを伝授! 実習を交えたプログラムで理解を深めます

リーダーのための実践コーチング

100以上のコーチングスキルからビジネスシーンで実際に使うことのできる有効なスキルを抽出し、すぐに実践できるようエクササイズやディスカッションを織り交ぜ、理解を深めていただく構成になっています。

開催日(期間)
2017年10月24日 (火)
定員
30
受講料
52,920円(税抜き49,000円)
申込期間
2017年7月18日(火)~10月25日(水)

リーダーのための実践コーチング

開催日時

2017年10月24日(火)10:00~17:00

開場9:30、昼食休憩12:30〜13:30

会場
丸の内オアゾ (OAZO)丸善3階 日経セミナールーム

プログラム



◆<オープニング>
・研修の目的
 マネジメントにコーチングを活かす

◆1.コーチングとは
 1)コーチングの定義・コーチングの三原則
 2)なぜ、今コーチングが注目されているのか?
 3)コーチングをマネジメントに活かすことで期待される効果
 4)コーチ型マネジャーが成果を生む

◆2.コーチング・スキル(1) 質問
 1)部下に考えさせ、自主性を育てる
 2)アイデアだけでなく、やる気を引き出す
 3)長期的に使うことで 、指示待ち族を自立した人財に育てる
 <ディスカッション・エクササイズ>

◆3.コーチング・スキル(2) ペーシング
 1)意見の飛び交う活性化した職場にする
 2)報連相、提案の多いチーム作りに活かす
 3)部下に安心感を与え、話させる技術
 <ディスカッション・エクササイズ>

◆4.コーチング・スキル(3) アクノレッジメント
 1)部下を動かす言葉や行為とは
 2)どのように認めたら部下は動くのか
 3)明日から使えるアクノレッジメント集
 <ディスカッション・エクササイズ>

◆5.コーチング・スキル(4) タイプ分け
 1)人はそれぞれ違う
 2)価値観と行動様式のパターンに関するセルフチェック
 3)周りからはどう理解されているのかのフィードバック
 4)個性の違う部下をどのように成長させるか
 <ディスカッション・エクササイズ>

◆6.まとめと質疑応答

※個人演習、ペア演習があります。 
※ネームプレートをご用意いたします。

セミナーの狙い



コーチングとは目標達成に向けて必要な「知識」「スキル」「ツール」を装備し、最短の時間で効果があがるよう継続的にサポートしていく戦術的コミュニケーション術です。経営者、マネジャーがスキルを習得することによって、部下の自発的な行動を促し、個々の強みを生かした組織作りが可能になります。  

本セミナーは100以上のコーチングスキルからビジネスシーンで実際に使うことのできる有効なスキルを抽出し、すぐに実践できるようエクササイズやディスカッションを織り交ぜ、理解を深めていただく構成になっています。経験豊富なプロのコーチング講師が、リーダーに必要なマネジメントに活かせる4つのスキルを伝授します。   

1)社員の自発的行動が起こりうるコミュニケーション環境を創造するスキル   
2)効果的な質問により社員のアイデアや提案を引き出すスキル   
3)自身が培ってきた知識や経験を組織やチームメンバーに効果的に伝達するスキル   
4)社員の自発的行動を継続的にフォローするスキル

備考

※恐れ入りますが、お振り替えはお受けいたしかねますので、あらかじめご了承願います。
※講義の録音・録画、講義中のパソコンや携帯電話のご使用はお断りいたします。また、会場内は禁煙です。ご協力いただきますようお願い申し上げます。
※本セミナーの内容は、事前の告知なく変更を行う場合があります。また主催者により、開催を中止させていただく場合があります。あらかじめご了承願います。

免責事項

日本経済新聞社(日経)は、コース日程を変更または中止する場合、原則として受講者に対してその内容に応じてあらかじめ電話、電子メール、当ウェブサイトなどでの告知を行います。
天災地変その他の不可抗力や主催者および講師の事情などにより、講義を一部あるいは全部、中止(不催行)させていただく場合がございます。
中止の場合は原則、別日程に講義を振り替えて催行させていただきますが、主催者の事情により完全に提供されない講義については、受講料を無利子にて受講者が指定する銀行口座に振り込むことによって返却します(返金時の振り込み手数料は弊社負担)。
ただし、受講料以外に受講者側で発生した宿泊費・交通費などその他の費用については、日経は補償いたしかねます。

「日経ビジネススクール」セミナー事務局
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-10 笠原ビル7F
(株)日経ピーアール内
TEL:03-6812-8679 FAX:03-6812-8755
Eメール:nikkei-bs@nikkeipr.co.jp
受付時間:月~金 9:30~17:30(年末年始、土日祝日を除く)

≪入金締切≫
ご請求書に記載いたします
※現金による銀行振込のみ。クレジットカード、分割払いには対応しておりません
※法人決済の方で入金日に間に合わない場合は事前に事務局までご連絡ください

≪キャンセルポリシー≫
※ セミナーの申込締切は、開催日の前日より数えて3営業日前(土日祝日、年末年始を除く)の午後3時までです。(2日間以上のセミナーの場合はセミナー開始日)。
それ以降にお申し込みされる場合は、開催直前の営業日の午後5時30分までに、必ず事務局03-6812-8679までお電話ください。受講が可能な場合に限り、お申し込み手続きを進めさせていただきます。事前の電話連絡をいただけない場合、お申し込みをお受けできません。ご了承ください。

※ やむを得ずキャンセルされる場合は、開催日(受講開始日)の前日より数えて3営業日前(土/日/祝日、年末年始を除く)の午後3時までに、事務局までご連絡ください。
返金手数料2,000円(税別)を申し受けご返金いたします。それ以降のキャンセルは受講料をお返しいたしかねます。
なお、一部の有料セミナーのキャンセルにつきましては、上記と異なる場合がございます。各セミナーのホームページにてご確認ください。

※ お申し込みいただいた講座は、講師・主催者の諸般の事情により、開催を中止させていただく可能性がございます。
その場合は、事務局からご連絡をさせていただきます。

※ なお、当方から申し込み確認メールをお送りしても、お申し込みのタイミングで、すでにキャンセル待ちの場合がございます。ご了承ください。
テーマ
職位・対象
講座の特徴
シリーズ・学校
フロア
レベル
  • 基礎
カテゴリー
キーワード
  • コミュニケーション力
  • リーダーシップ力

「経営・マネジメント」に関連するおすすめの講座

  • 原価計算と管理会計の基礎知識

     景気回復のはっきりとした兆しが見えず、円高による収益の目減りが進む不透明な経済環境のなかで、収益性を改善する王道は、原価のしくみを把握し、マネジメントしていくことです。企業内のコスト構造をしっかりと...続きを読む

  • 新規事業の進め方

    企業の継続と成長には、新規事業を作り続けること不可欠です。この新規事業とは、新技術や新製品の開発とは違います。新事業と既存事業は、全く性格が異なり、ときには対立するものなのです。 既存業務とは、100...続きを読む

  • 1日でわかる・プロジェクトマネジメント

     経営環境の変化が激しいなかで、新規事業プロジェクトをはじめ、組織横断型のプロジェクトへの取り組みが増えています。プロジェクトを効率良く進め、成功に導くには、「プロジェクトマネジメント」の手法を活用す...続きを読む