事業投資の意思決定とマネジメントの進め方

  • MANAGEMENT & PROFESSIONAL
  • BASIC
  • 経営・マネジメント
  • マネージャー
  • リーダー
  • 経営者
  • 経営幹部
  • 次世代幹部
  • 部長
  • 課長
  • 中堅
  • 起業家
  • 執行役員
  • 事業部長
  • 女性
  • グループワーク
  • ケーススタディ
  • PC実習
  • ベーシック300
  • more

役員・経営幹部に必要な経営知識の基本を学ぶ

事業投資の意思決定とマネジメントの進め方

~投資後のマネジメントの現実的な問題に、経営の視点からどのように取り組めばよいのか~

開催日(期間)
2017年11月7日 (火)
定員
72
受講料
32,400円(税抜き30,000円)
申込期間
2017年9月1日(金)~11月6日(月)

事業投資の意思決定とマネジメントの進め方

開催日時

2017年11月7日(火)13:30~17:00

開場13:00

会場
御茶ノ水ソラシティ カンファレンスセンター

プログラム


◆1.各社に共通する事業投資の課題
(1)各社に共通する事業投資の課題
(2)DCFなどが数字の遊びになるのをどう防ぐか
(3)投資家や利害関係者に対するアカウンタビリティー
~まず社内での説明のしかたから改善する

◆2.計画どおりには進まない事業を、どのようにマネジメントするか
(1)なぜ事業は失敗するのか
(2)計画時の仮説を明確にすることの重要性
(3)変化を前提とした事業計画の立案~クリステンセン教授等による解説
(4)仮説の外れにどのように対応するか
(5)リスクの理解に役立つ、投資分類

◆3.事業投資の基本プロセスと経営視点からのチェックリスト
(1)事業投資の基本プロセスと課題解決の進め方
(2)情報共有の重要性~フォードの事例から
(3)経営層に求められる視点
(4)組織の総合力を生かすための情報共有
(5)事業投資のチェックリスト

◆4.リターンを高めるために、押さえたいポイント
(1)リスクを高めることによってリターンを高める考え方
   (リアルオプションの考え方の活用)
(2)撤退に関する議論の整理

◆5.事例にみる事業投資の勘所
(1)(大阪ガス)「新事業の柱をつくる取り組み」
(2)(双日)「M&Aの買収価格を自社で検討する取り組み」
(3)(中外製薬)「価値最大化を追求する事業性評価の取り組み」

◆6.質疑応答とまとめ

セミナーの狙い


 新事業、設備、M&A、研究開発といった事業投資には、常に失敗する可能性がついてまわります。会社役員・経営幹部は、成功することも、失敗することもある事業投資について、稟議や相談を受け、意思決定を下し、投資リターン実現の責任を負う、困難なマネジメントに取り組まなければなりません。

事業投資を検討する際、5~10年の売上予測やNPVのような価値指標を示されても、意思決定にはほとんど役に立ちません。また、検討の際に大騒ぎで議論をしても、その後ほったらかしとなった結果、失敗してしまうということは、実際によく起こる事態です。

そこで、このセミナーではこのような事業投資の意思決定とその後のマネジメントに関する現実的な問題に、経営の視点からどのように取り組めばよいのか、要点を絞って解説します。多くの事例でみられる事業投資の問題点を整理し、その解決に向けて、事業計画の数字を考えるプロセスを明確にし、それを踏まえた複数のシナリオを使って、事業の進捗と計画からの変化に対応しながら、成功に向けたマネジメントのポイントをわかりやすく解説します。さらに、事業投資に関する各社の取り組みを紹介し、事例を通じて、勘所をつかんでいただきます。質疑応答とディスカッションを盛り込み、クラス全体での理解を深めていきます。

自社の事業投資の意思決定とその後の管理に課題があると考える、会社役員、経営幹部、企画スタッフなどの方々に受講をお勧めします。

備考

※恐れ入りますが、お振り替えはお受けいたしかねますので、あらかじめご了承願います。
※講義の録音・録画、講義中のパソコンや携帯電話のご使用はお断りいたします。また、会場内は禁煙です。ご協力いただきますようお願い申し上げます。
※本セミナーの内容は、事前の告知なく変更を行う場合があります。また主催者により、開催を中止させていただく場合があります。あらかじめご了承願います。

免責事項

日本経済新聞社(日経)は、コース日程を変更または中止する場合、原則として受講者に対してその内容に応じてあらかじめ電話、電子メール、当ウェブサイトなどでの告知を行います。
天災地変その他の不可抗力や主催者および講師の事情などにより、講義を一部あるいは全部、中止(不催行)させていただく場合がございます。
中止の場合は原則、別日程に講義を振り替えて催行させていただきますが、主催者の事情により完全に提供されない講義については、受講料を無利子にて受講者が指定する銀行口座に振り込むことによって返却します(返金時の振り込み手数料は弊社負担)。
ただし、受講料以外に受講者側で発生した宿泊費・交通費などその他の費用については、日経は補償いたしかねます。

「日経ビジネススクール」セミナー事務局
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-10 笠原ビル7F
(株)日経ピーアール内
TEL:03-6812-8679 FAX:03-6812-8755
Eメール:nikkei-bs@nikkeipr.co.jp
受付時間:月~金 9:30~17:30(年末年始、土日祝日を除く)

≪入金締切≫
ご請求書に記載いたします。
※現金による銀行振込のみ。クレジットカード、分割払いには対応しておりません。
※法人決済の方で入金日に間に合わない場合は事前に事務局までご連絡ください。

≪キャンセルポリシー≫
※ セミナーの申込締切は、受講開始日の3営業日(土日、祝日、国民の休日、年末年始(12/28~1/3)を除く運営事務局の営業日をいいます。以下同様)前の午後3時までです。(2日間以上のセミナーの場合はセミナー開始日)。それ以降にお申し込みされる場合は、開催直前の営業日の午後5時30分までに、必ず事務局03-6812-8679までお電話ください。受講が可能な場合に限り、お申し込み手続きを進めさせていただきます。事前の電話連絡をいただけない場合、お申し込みをお受けできません。ご了承ください。

※ やむを得ずキャンセルされる場合は、開催日(受講開始日)の前日より数えて3営業日前(土/日/祝日、年末年始を除く)の午後3時までに、事務局までご連絡ください。
返金手数料2,000円(税別)を申し受けご返金いたします。それ以降のキャンセルは受講料をお返しいたしかねます。
なお、一部の有料セミナーのキャンセルにつきましては、上記と異なる場合がございます。各セミナーのホームページにてご確認ください。

※ お申し込みいただいた講座は、講師・主催者の諸般の事情により、開催を中止させていただく可能性がございます。
その場合は、事務局からご連絡をさせていただきます。

※ なお、当方から申し込み確認メールをお送りしても、お申し込みのタイミングで、すでにキャンセル待ちの場合がございます。ご了承ください。

「経営・マネジメント」に関連するおすすめの講座

  • 原価計算と管理会計の基礎知識

     景気回復のはっきりとした兆しが見えず、円高による収益の目減りが進む不透明な経済環境のなかで、収益性を改善する王道は、原価のしくみを把握し、マネジメントしていくことです。企業内のコスト構造をしっかりと...続きを読む

  • 新規事業の進め方

    企業の継続と成長には、新規事業を作り続けること不可欠です。この新規事業とは、新技術や新製品の開発とは違います。新事業と既存事業は、全く性格が異なり、ときには対立するものなのです。 既存業務とは、100...続きを読む

  • 1日でわかる・プロジェクトマネジメント

     経営環境の変化が激しいなかで、新規事業プロジェクトをはじめ、組織横断型のプロジェクトへの取り組みが増えています。プロジェクトを効率良く進め、成功に導くには、「プロジェクトマネジメント」の手法を活用す...続きを読む