債権法の改正内容と対応実務

  • BASIC
  • 人事・労務・総務
  • マネージャー
  • リーダー
  • 新任
  • ベーシック300
  • more

民法制定以来の大改正がもたらす企業法務への影響と取り組むべき課題

債権法の改正内容と対応実務

開催日(期間)
2017年12月14日 (木)
定員
72
受講料
32,400円(税抜き30,000円)
申込期間
2017年9月19日(火)~12月13日(水)

債権法の改正内容と対応実務

開催日時

2017年12月14日(木)13:00~17:00

開場12:30

会場
日本経済新聞社6階 「日経・大手町セミナールーム1」(日経カンファレンス&セミナールーム内)

プログラム

1.債権法の改正内容

2.契約実務への影響・対応

  1)契約締結段階
  2)定型約款での規律を維持するには
  3)契約内容の実現
  4)債務不履行による損害賠償
  5)帰責事由がなくても解除ができる
  6)危険負担の概念が変わる
  7)複数当事者がいる場合の債権管理

3.債権管理への影響

  1)時効制度が大きく変わる
  2)利息をめぐる改正
  3)債権譲渡
  4)債権消滅の制度

4.契約に関する規定への対応

  1)売買
  2)贈与
  3)消費貸借
  4)賃貸借
  5)請負
  6)委任
  7)雇用
  8)寄託

5.その他の規定

6.質疑応答

セミナーの狙い


 2017年5月に成立した改正民法(債権法)は、制定以来120年ぶりの抜本的改正であり、企業法務に多大な影響をもたらすことが想定されます。2020年とされる施行時期に向け、企業法務に携わる方には契約や債権管理・保全の対応実務を見直すことが求められます。
 このセミナーでは、今回の改正内容を丁寧に解説し、約款や契約の条項における修正ポイントを具体的に紐解いていきます。総務・法務部門をはじめ、各種契約実務に携わる方のご参加をお待ちしています。

備考

※恐れ入りますが、お振り替えはお受けいたしかねますので、あらかじめご了承願います。
※講義の録音・録画、講義中のパソコンや携帯電話のご使用はお断りいたします。また、会場内は禁煙です。ご協力いただきますようお願い申し上げます。
※本セミナーの内容は、事前の告知なく変更を行う場合があります。また主催者により、開催を中止させていただく場合があります。あらかじめご了承願います。

免責事項

日本経済新聞社(日経)は、コース日程を変更または中止する場合、原則として受講者に対してその内容に応じてあらかじめ電話、電子メール、当ウェブサイトなどでの告知を行います。
天災地変その他の不可抗力や主催者および講師の事情などにより、講義を一部あるいは全部、中止(不催行)させていただく場合がございます。
中止の場合は原則、別日程に講義を振り替えて催行させていただきますが、主催者の事情により完全に提供されない講義については、受講料を無利子にて受講者が指定する銀行口座に振り込むことによって返却します(返金時の振り込み手数料は弊社負担)。
ただし、受講料以外に受講者側で発生した宿泊費・交通費などその他の費用については、日経は補償いたしかねます。

事務局情報

「日経ビジネススクール」セミナー事務局
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-10 笠原ビル7F
(株)日経ピーアール内
TEL:03-6812-8679 FAX:03-6812-8755
Eメール:nikkei-bs@nikkeipr.co.jp
受付時間:月~金 9:30~17:30(年末年始、土日祝日を除く)

≪入金締切≫
ご請求書に記載いたします
※現金による銀行振込のみ。クレジットカード、分割払いには対応しておりません
※法人決済の方で入金日に間に合わない場合は事前に事務局までご連絡ください

≪キャンセルポリシー≫
※ セミナーの申込締切は、開催日の前日より数えて3営業日前(土日祝日、年末年始を除く)の午後3時までです。(2日間以上のセミナーの場合はセミナー開始日)。
それ以降にお申し込みされる場合は、開催直前の営業日の午後5時30分までに、必ず事務局03-6812-8679までお電話ください。受講が可能な場合に限り、お申し込み手続きを進めさせていただきます。事前の電話連絡をいただけない場合、お申し込みをお受けできません。ご了承ください。

※ やむを得ずキャンセルされる場合は、開催日(受講開始日)の前日より数えて3営業日前(土/日/祝日、年末年始を除く)の午後3時までに、事務局までご連絡ください。
返金手数料2,000円(税別)を申し受けご返金いたします。それ以降のキャンセルは受講料をお返しいたしかねます。
なお、一部の有料セミナーのキャンセルにつきましては、上記と異なる場合がございます。各セミナーのホームページにてご確認ください。

※ お申し込みいただいた講座は、講師・主催者の諸般の事情により、開催を中止させていただく可能性がございます。
その場合は、事務局からご連絡をさせていただきます。

※ なお、当方から申し込み確認メールをお送りしても、お申し込みのタイミングで、すでにキャンセル待ちの場合がございます。ご了承ください。
テーマ
職位・対象
シリーズ・学校
フロア
レベル
  • 基礎
カテゴリー

「人事・労務・総務」に関連するおすすめの講座

  • 基礎から学ぶ社会保険の仕組みと実務

    会社が取り扱う社会保険(健康保険、厚生年金、労災保険、雇用保険)は幅広く、手続き・事務内容が複雑です。確実で素早い実務処理のためには内容・制度・しくみを正しく理解する必要があります。本セミナーでは、社...続きを読む

  • 成果不良・就労環境阻害社員への対応策

    「能力不足」、「実績不良」、「協調性欠如」、「ハラスメント」などと言われる社員への対応については、こうした使用者目線で問題をとらえるのではなく、当該社員自身の改善可能性や性格傾向、資質、さらには組織と...続きを読む

  • 経営トップが取り組む 長時間労働の改革 2回シリーズ

     第2次電通事件を契機に、労働行政は益々、経営本丸への攻勢を強めています。労基署の臨検監督や労災(過労死等)の発生によって長時間労働の実態が露呈すれば、「ブラック企業」とみなされ、受注や採用にも大きな...続きを読む