日経ビジネススクール主催、ビジネスコーチ株式会社特別協力 ビジネスコーチ養成講座(基礎コース):社内ビジネスコーチ養成コース(2017年11月開講募集) 「ビジネスコーチング」により、社内で成長したい個人、成長させたい人事・研修担当者向け

開催日(期間)
2017年11月28日 (火)
定員
40
受講料
37,800円(税抜き35,000円)
申込期間
2017年9月27日(水)~11月23日(木)
主催
主催:日経ビジネススクール 特別協力:ビジネスコーチ株式会社

ビジネスコーチ養成講座(基礎コース):社内ビジネスコーチ養成コース

開催日時

2017年11月28日(火)10:00~17:30

会場
ビジネスコーチ株式会社

コースの狙い

価値観が多様化し、成長が鈍化する一方でグローバルな競争が激化する現在では、何においても過去の延長線上での思考で通用することは難しくなっています。そのことはコミュニケーションの方法についても同様であり、指示命令型、上意下達型の一方向から、共生型、双方向型のコミュニケーションを実現することが重要となっています。こうした背景から、成長継続企業や進歩的企業のリーダー層を中心に、後者において有効なスキルとなるコーチングを学び、習得する事例が増えています。

「ビジネスコーチング」とは、とりわけビジネスにおける目標達成と成長の加速を支援するためのコーチングです。個人や組織に活力を与え、ビジネスの成果をもたらすための手段として、コーチングは非常に有益です。

コーチという第三者の存在が触媒となることで、個人の決断力やその精度・強度の向上が図られ、それにより組織も成果を上げ、そのことでさらに個人も成長できるという正のサイクルを作り、回すことができます。

「社内ビジネスコーチ養成コース」は、以下のような方に最適な内容として設計されています。

【個人】
「ビジネスコーチング」を学び、習得することで社内でより成長し、活躍したい方
【人事・研修ご担当】
自社の社員を「ビジネスコーチ」として育成したい方

「ビジネスコーチ」である社員を、自社やグループのコーチング研修の講師として育成したい方「ビジネスコーチング」のスキルを身につけることで、今まで自分の培ったスキルや経験などの価値をブラッシュアップし、企業内で昇進するなどキャリアを築き上げていくイメージを持つことができます。また、全社や部門の目標達成に向けた組織やチームの運営に活用することができます。
企業や組織で「ビジネスコーチング」を活用するための知識とスキルの基本を学びます。
コーチングを社内で導入し、成果を上げている先進企業の取り組み事例も紹介し、実践的な活用法をつかんでいただきます。

プログラム(予定)

1.ビジネスの成長を加速・支援するビジネスコーチング
(1)ビジネスコーチングのクライアントを取り巻く大きな環境変化
(2)生産性向上と働き方改革を加速させるビジネスコーチング
(3)人事評価の時代からリアルタイム・対話重視の時代へ
(4)ビジネスコーチングの目的とアプローチ
(5)コーチングのデモンストレーション

2.ビジネスコーチングの基本スキル
(1)ビジネス成長を加速させる3つのポイント
 a)思考の枠を外す(固定観念、成功体験) 
 b)組織の成功循環モデル(関係の質)
 c)リーダーシップ醸成/自己変革の重要性
(2)観察(相手に合わせて関与の仕方を変える)
(3)質問(視点を変える)
(4)傾聴(言葉以外のサインを読み取る)
(5)承認(伝わる承認の方法)

3.「答えは相手の中にある」とは限らない
(1)ビジネスコーチングのステップ
(2)ステップ毎の質問例
(3)ロールプレイと相互フィードバック
(4)コーチング時のチェックポイント

4. リフレクション(内省)とリアルタイム・フィードバックが迅速な成果を生み出す
(1)日々の振り返り(日課の質問)の実践
(2)リフレクション(内省)の重要性

5. 優れた企業から学ぶ
(1)「自ら考え、自ら動く」仕組み(ヤフー株式会社 ほか)
(2)習慣化・定着化するまでフォローする仕組み(株式会社MonotaRO/ソフトバンク株式会社 ほか)
(3)ゲスト講師講演、対談、Q&A(日清食品株式会社:深井 雅裕 氏)

備考

※受付時に必要となりますので、講義当日には名刺を1枚ご持参ください。また、参加者各位の活発な交流を図るべく、可能であれば複数枚を持参いただければ幸いです。
※領収証をご希望の方は事務局へお申し出ください。後日の郵送にて対応させていただきます。
※講義の録音・録画、講義中のパソコンや携帯電話のご使用はお断りいたします。また、会場内は禁煙です。ご協力いただきますようお願い申し上げます。
※本セミナーの内容は、事前の告知なく変更を行う場合があります。また主催者により、開催を中止させていただく場合があります。あらかじめご了承願います。

免責事項

日本経済新聞社(日経)は、コース日程を変更または中止する場合、原則として受講者に対してその内容に応じてあらかじめ電話、電子メール、当ウェブサイトなどでの告知を行います。天災地変その他の不可抗力や主催者および講師の事情などにより、講義を一部あるいは全部、中止(不催行)させていただく場合がございます。
中止の場合は原則、別日程に講義を振り替えて催行させていただきますが、主催者の事情により完全に提供されない講義については、受講料を無利子にて受講者が指定する銀行口座に振り込むことによって返却します(返金時の振り込み手数料は弊社負担)。ただし、受講料以外に受講者側で発生した宿泊費・交通費などその他の費用については、日経は補償いたしかねます。

【個人情報の取り扱いについて】
ご記入いただいたメールアドレス、お名前などの個人情報(以下、個人情報)は、株式会社日本経済新聞社(以下、日経)が取りまとめ、ビジネスコーチ株式会社に渡します。

●日経ビジネススクールにおける個人情報の利用目的など、取り扱いについての詳細は下記をご参照ください。
・「日経ビジネススクールにおける個人情報の取扱いについて」http://school.nikkei.co.jp/info/privacy.html

●ビジネスコーチ株式会社は、以下の目的で個人情報を利用します。
・本コースの企画、運営のため
・講座開発・サービス向上のため
・同社の提供するサービスに関する各種情報のご案内

●登録いただいた個人情報は、次の定めに従って取り扱います。
・日本経済新聞社 「日経IDプライバシーポリシー」http://school.nikkei.co.jp/info/privacy.html
・ビジネスコーチ 「プライバシーポリシー」http://www.businesscoach.co.jp/privacypolicy/

【キャンセルポリシー】
ご入金後にやむを得ずキャンセルされる場合は、開講日の3営業日前(土・日、祝日を除く)の午後3時までに、下記事務局までご連絡ください。返金手数料2,160円(税込み)を申し受けご返金いたします。
以降のキャンセルは受講料をお返しいたしかねます。

ビジネスコーチ養成講座 事務局
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-10 笠原ビル7F(株)日経ピーアール内
TEL:03-6812-8652 FAX:03-6812-8649 (平日9:30~17:30)
E-mail:bizcoach@nikkeipr.co.jp

テーマ
職位・対象
講座の特徴
フロア
レベル
  • 実践
カテゴリー
キーワード
  • コミュニケーション力
  • チームマネジメント

「コミュニケーション」に関連するおすすめの講座

  • 問題解決フレームワーク<30名限定>

    問題解決というと、多くの人が思い浮かべるのが「ギャップアプローチ」です。原因を分析し、解決策を考え、最も合理的な選択肢を選ぶやり方です。  ところが、これは「技術的課題」には通用しても、「適応的課題」...続きを読む

  • 女性リーダーのコミュニケーションスキルアップ講座

    社会環境の変化に伴い、あらゆる分野で女性の活躍の場が広がっています。 昨今は特に女性リーダーに対する期待が高まっています。職場の要であり核となるリーダーには、組織の活性化と部下をまとめてより良いチーム...続きを読む

  • 基礎から学ぶプレゼンマスター講座<48名限定>

    ビジネスパーソンには、社内メンバーから顧客まで、さまざまなシーンで色々な相手に対してプレゼンテーションを行う機会があります。 プレゼンスキルは、理論とコツを学び、少し改善するだけで効果を上げられるスキ...続きを読む