ファシリテーションの第一人者がエッセンス・スキル・ノウハウを伝授! ファシリテーション能力開発(会議・問題解決・組織開発・変革)【基礎編(30名限定)】 ビジネス成果を高める4つのファシリテーション・スキルを、個人、ペア、グループでの演習を交えて習得していきます。

開催日(期間)
2018年2月22日 (木)
定員
30
受講料
34,560円(税抜き32,000円)
申込期間
2017年10月23日(月)~2018年2月21日(水)

ファシリテーション能力開発(会議・問題解決・組織開発・変革)【基礎編(30名限定)】

開催日時

2018年2月22日(木)10:00~18:00

開場9:30 、昼食休憩11:45〜12:30

会場
丸の内オアゾ (OAZO)丸善3階 日経セミナールーム

プログラム


1.ファシリテーションの基本を知る(10:00-10:30)
(1)問題解決と組織活性化は会議から始まる
(2)ファシリテーターがプロセスを舵取りする
(3)【ペア演習】関係性を高めるエクササイズ
(4)ファシリテーションの4つのスキル

2.場のデザインのスキル ~場をつくり、つなげる(10:30-11:00)
(1)場のデザインの5つの要素を駆使する
(2)アジェンダづくりが議論の決め手
(3)グラウンドルールでバインドをかける
(4)物理的・心理的な環境づくりのポイント

3.対人関係のスキル ~受け止めて、引き出す(11:00-13:00 昼食休憩を含む)
(1)コーチングとファシリテーションの違い
(2)質問で議論のイニシアティブを取る
(3)【ペア演習】ホンネを引き出す質問力
(4)意見を引き出すアクティビティ紹介

4.構造化のスキル ~かみ合わせて、整理する(13:00-14:30)
(1)論理の3点セットで歪み・偏りを正す
(2)複雑な問題を「見える化」して整理する
(3)構造化ツール(会議の道具箱)を使いこなす
(4)【グループ演習】ファシリテーショングラフィック実習

5.合意形成のスキル ~まとめて、分かち合う(14:40-16:00)
(1)合理的で納得感の高い意思決定法とは
(2)問題解決=共感力+本質力+視点力
(3)対立を解消する3つのアプローチ
(4)【グループ演習】対立を創造的に解消する

6.ファシリテーションを実践する (16:10-18:00)
(1)【グループ演習】臨機応変に状況に対応する
(2)ファシリテーターの実践的なテクニック
(3)会議の“問題児”への賢い対処法
(4)今後のスキルアップに向けて

講義と演習を織り交ぜスキルを身につける講座です。基礎編・実践編単独でも受講できますが、セットでのご受講をお勧めします。

◆座席指定です。ネームプレートをご用意します。
◆昼食代を受講料に含みます。会場にお弁当をご用意します。
◆基礎編の受講者に講師著書「ファシリテーション入門」(日経文庫)を参考図書として配布します。
※受講者数などによりプログラムを変更する場合があります。あらかじめご了承ください。

セミナーの狙い


激変するビジネス環境において、スピーディーな問題解決と組織開発が求められる中で、ビジネス・リーダーの役割が大きく変わってきています。多様な人材の智恵とやる気を引き出し、ロジカルな問題解決を通じて、納得感のある合意に導き、優れた成果を上げることが求められています。
 
会議、ワークショップ、プロジェクト、組織運営、組織・人材開発、変革などを支援・促進する「ファシリテーション」のスキルは、今やビジネス活動に必須のものであり、多くの企業で導入され成果を上げています。
 
本講座は2回コースで、ビジネス成果を高める4つのファシリテーション・スキルを、個人、ペア、グループでの演習を交えて習得していきます。


ファシリテーション能力開発




◆基礎編
会議を効果的に運営したいと考える人向けに、ファシリテーションの基本的な考え方から代表的な4つのスキルまで、講義と演習を取り混ぜながら体系的に学んでいきます。

※コース受講希望の方はこちらからお申込ください。

講師紹介

免責事項

本講座の内容は、事前の告知なく変更を行う場合があります。
主催者の諸般の事情や、天災地変その他の不可抗力の事態により、本講座の一部あるいは全部を中止させていただく場合がございます。
本講座の一部あるいは全部を中止する場合は、運営事務局から受講者に対して、本サイトや、電子メールなどで事前に告知します。ただし、事由によっては事前の告知がないことをあらかじめご了承ください。
本講座の一部あるいは全部を中止する場合、残り期間または残り回数に応じて精算した受講料を無利子にて受講者が指定する銀行口座に振り込むことによって返金します。この場合、返金時の振込手数料は日経が負担します。ただし、受講料以外に受講者側で発生した宿泊費・交通費などの費用については、日経は補償いたしかねます。

「日経ビジネススクール」運営事務局
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-10 笠原ビル7F
(株)日経ピーアール内
TEL:03-6812-8679 FAX:03-6812-8755
Eメール:nikkei-bs@nikkeipr.co.jp
受付時間:営業日の9:30~17:30 <営業日>土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日

≪入金締切≫
ご入金の締切日は請求書に記載いたします。日経が指定する銀行口座に全額をお振り込みください。振込手数料は受講申込者でご負担ください。クレジットカード、分割払いには対応しておりません。
法人による振り込みなどで、入金締切日に間に合わない場合は、事前に運営事務局までご連絡ください。

≪解約について≫
やむを得ず解約される場合は、受講開始日の3営業日前の15:00までに、運営事務局までご連絡ください。※営業日は、土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日となります。
返金手数料2,000円(税別)を申し受け、ご指定の銀行口座に振り込むことで、返金いたします。それ以降の解約はお受けいたしかねます。

≪注意事項≫
講座のお振り替えはお受けいたしかねます。あらかじめご了承ください。
講義の録音・録画、講義中のパソコンや携帯電話のご使用はお断りいたします。また、会場内は禁煙です。ご協力いただきますようお願い申し上げます。
テーマ
職位・対象
講座の特徴
シリーズ・学校
フロア
レベル
  • 基礎
カテゴリー
キーワード
  • ファシリテーター
  • ロジカル思考

「経営・マネジメント」に関連するおすすめの講座

  • 原価計算と管理会計の基礎知識

     景気回復のはっきりとした兆しが見えず、円高による収益の目減りが進む不透明な経済環境のなかで、収益性を改善する王道は、原価のしくみを把握し、マネジメントしていくことです。企業内のコスト構造をしっかりと...続きを読む

  • 新規事業の進め方

    企業の継続と成長には、新規事業を作り続けること不可欠です。この新規事業とは、新技術や新製品の開発とは違います。新事業と既存事業は、全く性格が異なり、ときには対立するものなのです。 既存業務とは、100...続きを読む

  • 1日でわかる・プロジェクトマネジメント

     経営環境の変化が激しいなかで、新規事業プロジェクトをはじめ、組織横断型のプロジェクトへの取り組みが増えています。プロジェクトを効率良く進め、成功に導くには、「プロジェクトマネジメント」の手法を活用す...続きを読む