基礎から学ぶ企業法務とリスクマネジメント

  • MANAGEMENT & PROFESSIONAL
  • BASIC
  • ビジネス法律
  • マネージャー
  • リーダー
  • 次世代幹部
  • 新任
  • 部長
  • 課長
  • 中堅
  • 事業部長
  • ケーススタディ
  • ベーシック300
  • more

新任管理職、経営企画・法務・総務スタッフのための基礎知識を網羅した半日の法務講座

基礎から学ぶ企業法務とリスクマネジメント

民間企業の法務部門での勤務経験もある菅原弁護士が、分かりやすく解説します

開催日(期間)
2018年5月10日 (木)
定員
72
受講料
32,400円(税抜き30,000円)
申込期間
2018年1月23日(火)~5月9日(水)

基礎から学ぶ企業法務とリスクマネジメント

開催日時

2018年5月10日(木)13:00~17:00

開場:12:30

会場
日本経済新聞社6階 「日経・大手町セミナールーム1」(日経カンファレンス&セミナールーム内)

セミナーの狙い

企業法務の知識とリスクマネジメントのポイントを学びたい、経営企画・法務・総務スタッフ、新任管理職の方に適した講座です。

企業法務の知識は、リスクをコントロールしてトラブルに強い組織をつくるため、法的問題に関わるビジネスパーソンが知っておくべき経営知識です。

企業はいま、経済環境の変化に加え、事後規制型社会への移行、モノ言う株主の台頭や内部告発の増加など、さまざまなリスクに囲まれています。また次々と発生している組織がらみの不祥事は、リスクに対する認識・準備不足を表面化させた結果ともいえます。企業人は日ごろから、トラブルを想定して対策・準備を講じておくことが必要です。

このセミナーでは、民間企業の法務部門で勤務経験もある菅原弁護士が、厳選した企業法務の基本知識と実務、課題などについて、事例を交えて解説・検討します。

※セミナー開催後のご質問は、開催日後2週間以内とさせていただきます。

プログラム

1.企業法務の課題

 (1)日本企業を取り巻く環境
 (2)企業法務とは
  ・多義的な企業法務の概念
  ・企業法務の機能(紛争解決、予防法務、戦略法務)


2.コンプライアンスの考え方

 (1)コンプライアンスの要諦 ~道徳や倫理などではない
 (2)コンプライアンス経営に必要な法律知識
  1)経済法(独禁法) ~汚い商売のやり方を許さない
  2)労働法 ~労務リスクあれこれ
  3)消費者保護法制 ~消費者契約や不当表示規制
  4)個人情報保護 ~プライバシーと情報リスク
  5)その他


3.事例演習 ~ケース・スタディーによる疑似体験~

 (1)紛争解決(債権回収)ケース ~専門家に頼らず対処する
 (2)予防法務(国際取引)ケース ~正義とビジネスの交錯
 (3)戦略法務(会社法)ケース ~経営の意思決定に関与する


4.リスクマネジメントと危機管理

 (1)法的リスクマネジメントの実態 ~そもそも「リスク」って何?
 (2)内部統制システムとリスクマネジメントの関係 ~企業不祥事の防止策
 (3)不祥事発生時にとるべき対応


5.総括と補足

 (1)改正民法のポイント解説
 (2)法改正の状況(会社法、独禁法等)
 (3)法務の仕事をするために

備考

※恐れ入りますが、お振り替えはお受けいたしかねますので、あらかじめご了承願います。
※講義の録音・録画、講義中のパソコンや携帯電話のご使用はお断りいたします。また、会場内は禁煙です。ご協力いただきますようお願い申し上げます。
※本セミナーの内容は、事前の告知なく変更を行う場合があります。また主催者により、開催を中止させていただく場合があります。あらかじめご了承願います。

免責事項

本講座の内容は、事前の告知なく変更を行う場合があります。
主催者の諸般の事情や、天災地変その他の不可抗力の事態により、本講座の一部あるいは全部を中止させていただく場合がございます。
本講座の一部あるいは全部を中止する場合は、運営事務局から受講者に対して、本サイトや、電子メールなどで事前に告知します。ただし、事由によっては事前の告知がないことをあらかじめご了承ください。
本講座の一部あるいは全部を中止する場合、残り期間または残り回数に応じて精算した受講料を無利子にて受講者が指定する銀行口座に振り込むことによって返金します。この場合、返金時の振込手数料は日経が負担します。ただし、受講料以外に受講者側で発生した宿泊費・交通費などの費用については、日経は補償いたしかねます。

「日経ビジネススクール」運営事務局
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-10 笠原ビル7F
(株)日経ピーアール内
TEL:03-6812-8679 FAX:03-6812-8755
Eメール:nikkei-bs@nikkeipr.co.jp
受付時間:営業日の9:30~17:30 <営業日>土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日

≪お申し込み・ご入金について≫
各講座により指定の方法での入金をお願いいたします。
クレジットカード払いの領収書は、クレジットカード会社が発行する請求明細をご使用ください。
請求書払いの場合は、日経が指定する銀行口座に全額を現金でお振り込みください。振込手数料は受講申込者でご負担ください。ご入金の締切日は請求書に記載いたします。必ず入金締切日までに入金をお願いします。※法人決済の方で入金日に間に合わない場合は事前に運営事務局までご連絡ください。

≪解約について≫
やむを得ず解約される場合は、受講開始日の3営業日前の15:00までに、運営事務局までご連絡ください。返金手数料2,000円(税別)を申し受け、ご指定の銀行口座に振り込むことで、返金いたします。それ以降の解約はお受けいたしかねます。
※運営事務局の営業日は、土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日となります。

≪注意事項≫
講座のお振り替えはお受けいたしかねます。あらかじめご了承ください。
講義の録音・録画、講義中のパソコンや携帯電話のご使用はお断りいたします。また、会場内は禁煙です。ご協力いただきますようお願い申し上げます。
テーマ
職位・対象
講座の特徴
シリーズ・学校
フロア
レベル
  • 基礎
カテゴリー
キーワード
  • リスクマネジメント

「ビジネス法律」に関連するおすすめの講座

  • 1日でマスターする・会社法のポイント

    「会社法」は会社の組織や運営のルールを定めており、骨格をなす重要な規定や実務の運用はビジネスパーソンの日常業務のベースとなる基本ルールです。平成26年6月に改正法が成立・公布され、27年5月1日から施...続きを読む

  • 総務・経理・営業のための法律基礎知識

    総務・経理部門が担当する領収書・請求書など文書の取扱い、各種契約書の作成、債務・債権の処理や管理などの業務を行うためには、法律的な知識・根拠にもとづいて行うことが必要です。専門知識を持たないまま担当者...続きを読む

  • ビジネスに必要な契約の基礎知識

    「契約」は、企業ビジネスの基本をなすもので、基礎的な契約知識はビジネス常識といえます。円滑な取引のためには、ビジネスの最前線に立つ担当者自身が正しい契約知識を持ち、契約内容の問題点を明確化し、当事者間...続きを読む