お知らせ

2016.5.20申し込み受け付けを開始しました

早稲田大学ビジネススクール×日経ビジネススクール Presents

管理職向けMBA Essentials 2016

日経ビジネススクールでは早稲田大学ビジネススクールと共同で「管理職向けMBA Essentials 2016」を、ご好評をいただいた昨年に続けて開講します。
本コースは、平日夜間に集中して開講することで、多忙な管理職の皆さまでも無理なく効率的に学べるプログラムです。将来の経営幹部候補の皆さまに多くの知見と新しい視野を獲得していただける、エグゼグティブMBAの基礎科目を中心とした特別なカリキュラムをご用意しています。

開催概要 ▼詳細

管理職向けMBA Essentials 2016

開催期間

6/24(金)~8/8(月)

講義時間

19:00~21:00(2時間)

会場

早稲田大学 早稲田キャンパス

定員

各回200名程度

受講料金

■8科目一括申し込み
一般:64,800円(税込み)
MBA Essentials受講者割引※1
法人割引※2:58,320円(税込み)
■単科申し込み
10,800円(税込み)

詳細は申し込みフォームでご確認ください

6回以上出席された方には早稲田大学ビジネススクールから修了証が発行されます。また、プログラムは変更される場合があります

一括申し込みを含めすべての科目は先着順に受け付けます。定員に達した科目から締め切り日に関わらず受け付け終了となります

※1

MBA Essentials<総合コース>(2012~2016)を一括受講された方または修了証をお持ちの方は10%の割引特典がございます。 ご不明な方は事務局までお問い合わせください。

※2

法人契約により、5名以上の一括の申し込みの場合、10%割引特典がございます。詳しくは事務局までお問い合わせください。

ビジネスリーダー

コースレベル

応用・専門

コースの特長

  • 平日夜間

  • 先着定員制

  • 単科受講可

  • 1回2時間

  • 懇親会開催

  • 受講料割引

  • 修了証発行

  • 領収書発行可

内田 和成

早稲田大学ビジネススクール(WBS)と日経ビジネススクールが共同開催する「MBA Essentials」も6年目に入り、これまで大変多くの受講者の方々にご参加いただきました。

<総合コース>は、MBAの様々な分野の基礎を、<アドバンスコース>は、ビジネスに不可欠な特定の科目に絞ってより集中的に学んでいただける講座として、それぞれご好評を博しています。

昨年より、企業の将来を担う上級幹部候補生にとって、多くの知見と新しい視野を得られる学びの場を創出すべく、早稲田大学ビジネススクールにおける上級幹部候補生向けプログラムの基礎科目を中心に構成された、「管理職向けMBA Essentials」を新たに開講しております。

おかげさまで大盛況であった昨年に引き続き、本年もより多くの上級幹部候補入りを目前にした方やトップマネジメント層が推薦するミドルマネジメント層といった方に意欲的にご参加いただきたいと考えています。それは、今後のビジネス界をけん引されるような次世代リーダーの皆様が、本プログラムを通し、今後起こりうる目の前の壁を乗り越えていただけるよう、その一助になれば、という思いからです。

さらに、昨年も多くのご参加者が交流を楽しみ、人脈構築の一助とされた「ネットワーキングパーティー」(※)も引き続き開催します。昨年も学ぶ仲間同士、皆さんすぐに打ち解け、大いに盛り上がりました。おひとりでのご参加でもまったく心配ありません。多くの意欲あるビジネスパーソンのご参加をお待ちしています。

※8科目一括申し込みの方がご参加いただけます。

早稲田大学ビジネススクール(WBS)教授内田 和成

受け付けを終了しました

閉じる

ページ上部へ

講義内容

企業内において既に相当の権限と責任を持たれ、将来を担う上級経営幹部候補生となる方々が、更なる問題解決能力向上へのニーズを満たすことに特化し、そのエッセンスを凝縮したプログラムです。 上級幹部候補生が押さえるべき基本を様々な角度から学びながらも、最新の経済情勢やグローバル競争を見据えたタイムリーな内容を扱うことで、実践的で即効性のある内容となります。

受講対象者

部下を持つ管理職(課長などのマネジメント以上)

閉じる

管理職向けMBA Essentials 2016は、8科目一括の受講をおすすめしています。昨年からスタートした、WBSが誇るビジネスエグゼクティブ教育プログラム「EMBA Essence」の基礎科目を中心に、全8科目を学ぶコースとなります。

第1回

6/24(金)
19:00~21:00

経営戦略

ビジネスモデル

利益率の低下に悩む日本企業で、ビジネスモデルの見直しを迫られる企業も少なくない。しかし、グーグルやアマゾンのようなモデルが机上で浮かぶことは稀である。本講義では、異業種にあるビジネスモデルに気づき、抽象化したうえで、自社に移植する方法を、多数の日本企業の事例を踏まえてお話する。

山田 英夫

山田 英夫(やまだ・ひでお)

早稲田大学 大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授。慶應義塾大学文学部卒業。同大学大学院経営管理研究科修了(MBA)。三菱総合研究所を経て、現職。博士(学術)早稲田大学。アステラス製薬、NEC、ふくおかフィナンシャルグループ、サントリー・ホールディングスの社外監査役を歴任。

第2回

6/29(水)
19:00~21:00

組織・人事

グローバル人事

グローバル化を加速させる日本企業にとってグローバル人事制度の構築・運用は喫緊の課題である。本講義では、欧米のグローバル企業を研究しつつ、日本企業に適したグローバル人事機能とグローバル人事プログラムおよびグローバル人材育成について学ぶ。人事専門家のための講義ではなく、グローバル企業の一般管理職が知っておくべきる基本知識をカバーする。

大滝 令嗣

大滝 令嗣(おおたき・れいじ)

早稲田大学 大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授。東北大学工学部卒業。カリフォルニア大学電子工学科博士課程修了。博士(工学)。東芝、ヘイコンサルティングを経て、マーサージャパン社長、ヘイコンサルティング アジア地域代表などを歴任。2006年から早稲田大学ビジネススクールで教鞭を取る。

第3回

7/7(木)
19:00~21:00

財務

企業価値創造型経営

最近ROEを重視する企業が増えるなど、企業価値経営が注目されている。このセッションでは、企業の中核を担う管理職の皆様に知っておいていただきたいポイントに絞って、企業価値、それを高めるための具体策、その前提となる財務の考え方などについて、レクチャーとクイズなどを使いながら学ぶ。

西山 茂

西山 茂(にしやま・しげる))

早稲田大学 大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授。早稲田大学政治経済学部卒業。ペンシルバニア大学ウォートンスクール経営学修士課程修了(MBA)。博士(学術)。公認会計士。監査法人ト-マツ等を経て2002年から早稲田大学大学院で教鞭をとる。

一括申込者限定

7/11(月)
19:00~21:00

ネットワーキングパーティー

8科目一括申し込みの方をリーガロイヤルホテル(予定)で開催される「ネットワーキングパーティー」にご招待します。教授陣に質問したり、参加者の方々と名刺交換や交流をしていただける絶好の機会です。

image

第4回

7/13(水)
19:00~21:00

マーケティング

顧客との価値共創

顧客と企業との関係は,短期的な取引相手から長期的なリレーションシップの構築へと進んできた。そして今,取引前から取引後までの長期にわたって価値を共創する関係へと変わってきている。この講義では,顧客との価値共創をキーワードに,デジタル化するマーケティングの最前線に注目し,ソーシャルメディアやAIを活用したB2CとB2Bの具体的な事例を解説する。

川上 智子

川上 智子(かわかみ・ともこ)

早稲田大学 大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授。大阪大学文学部卒業。関西大学教授等を経て2015年4月より現職。大阪大学大学院経済学研究科博士前期課程修了。神戸大学大学院経営学研究科博士後期課程修了。博士(商学)。ワシントン大学連携教授,南洋理工大学リサーチフェローなどを歴任。

第5回

7/19(火)
19:00~21:00

イノベーションと経営

ITを経営にいかす

企業活動にはIT活用がますます重要になってきている。ITの発達は、新たなビジネスモデルを可能にし、予想されていなかった競争相手を出現させる。本講座では、イノベーション、特にITの発達が可能にした新たなビジネスモデルを具体的な事例を基づいて議論することで、既存企業の立場とITベンャーの立場の両方の視点から、イノベーションが迫る競争戦略変革について考える。

根来 龍之

根来 龍之(ねごろ・たつゆき)

早稲田大学 大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授。京都大学文学部卒業。應義塾大学大学院経営管理研究科修了(MBA)。鉄鋼メーカー、英ハル大学客員研究員、文教大学などを経て、2001年から現職。早稲田大学IT戦略研究所所長。

第6回

7/25(月)
19:00~21:00

グローバル

グローバル化戦略とM&A

企業のグローバル化は、2000年代の新興国ブームを経て、より複雑で困難なステージを迎えている。本講義では、今日の企業のグローバル化に関する課題を俯瞰した上で、その有力な実現手段として大型案件が相次ぐ海外企業の買収の実態を学ぶ。なぜ企業は買収を選択するのか、そしてなぜ失敗するのか。その背景を探り、海外企業買収の難しさや成功の鍵について理解を深める。

平野正雄

平野 正雄(ひらの・まさお)

早稲田大学 大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授。東京大学大学院、スタンフォード大学院了。工学博士。日揮、マッキンゼー・アンド・カンパニー、カーライルを経て、2012年から現職。

第7回

8/3(水)
19:00~21:00

新規事業

事例で学ぶ新規事業創造

ベンチャー企業の創業や大企業の新規事業の進め方について理論と実例を交えて講義する。特にベンチャー企業と大企業とが連携を組んで実行するオープンイノベーションの具体的な進め方について解説したい。事例としてはIOT、シェアリングエコノミー、新モノ作り、遠隔コントロールなどを取り上げる予定である。

長谷川 博和

長谷川 博和(はせがわ・ひろかず)

早稲田大学 大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授。早稲田大学大学院アジア太平洋研究科博士後期課程修了(学術博士)。野村総合研究所、株式会社ジャフコを経てグローバルベンチャーキャピタル株式会社を創業。代表取締役社長を経て現在も会長。2012年から現職。

第8回

8/8(月)
19:00~21:00

リーダーシップ

経営者に求められること

突き詰めてしまえば、リーダーの仕事は、問題を発見し、それに優先順位をつけて、解決策を考え、実行し、結果に責任を持つことに尽きる。問題はそれをどうやって身につけ、部下に動いてもらうかである。 本講義では実例を取り上げながら、自分ならどうするかを考えてもらう。

内田 和成

内田 和成(うちだ・かずなり)

早稲田大学 大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授。東京大学工学部卒業。慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了(MBA)。日本航空を経て、ボストンコンサルティンググループ(BCG)入社。2000年6月から04年12月までBCG日本代表。06年から現職。

受け付けを終了しました

閉じる

ページ上部へ

image

名称

早稲田大学ビジネススクール×日経ビジネススクール Presents 管理職向けMBA Essentials 2016

主催

早稲田大学ビジネススクール、日経ビジネススクール

開講時期

2016/6/24(金)~2016/8/8(月)

講義時間

19:00~21:00(2時間)

会場

早稲田大学 早稲田キャンパス(新宿区西早稲田1-6-1) 東京メトロ 東西線「早稲田」駅徒歩5分

定員

200名程度

受講料金

8科目一括申し込み
【一般】64,800円(税込み)
【MBA Essentials受講者割引※1】58,320円(税込み)
【法人割引※2】58,320円(税込み)

単科申し込み
10,800円(税込み)

※1

MBA Essentials<総合コース>(2012~2016)を一括受講された方または修了証をお持ちの方は10%の割引特典がございます。ご不明な方は事務局までお問い合わせください。

※2

法人契約により、5名以上の一括の申し込みの場合、10%割引特典がございます。詳しくは事務局までお問い合わせください。

申込締切

8科目一括申し込み 6/16(木)

単科申し込み 各回の2週間前(くわしくは申込フォームでご確認ください)

一括申し込みを含めすべての科目は先着順に受け付けます。定員に達した科目から締め切り日に関わらず受け付け終了となります

入金締切

ご請求書に記載いたします

現金による銀行振込のみ。クレジットカード、分割払いには対応しておりません

法人決済の方で入金日に間に合わない場合は事前に事務局までご連絡ください

備考

6回以上出席された方には早稲田大学ビジネススクールから修了証が発行されます。また、プログラムは変更される場合があります

免責事項

日本経済新聞社(日経)は、コース日程を変更または中止する場合、原則として受講者に対してその内容に応じてあらかじめ電話、電子メール、当ウェブサイトなどでの告知を行います。

天災地変その他の不可抗力や主催者および講師の事情などにより、講義を一部あるいは全部、中止(不催行)させていただく場合がございます。中止の場合は原則、別日程に講義を振り替えて催行させていただきますが、主催者の事情により完全に提供されない講義については、受講料を無利子にて受講者が指定する銀行口座に振り込むことによって返却します(返金時の振り込み手数料は弊社負担)。ただし、受講料以外に受講者側で発生した宿泊費・交通費などその他の費用については、日経は補償いたしかねます。

受け付けを終了しました

閉じる

  • 2週間に1回、会社帰りに短時間で効率よく参加することができた。豊富なビジネス経験をお持ちの先生方から楽しい話を聞くことができ、生徒同士の議論も楽しかった。

  • 「様々な角度から経営者として物事を考える」という目線・引き出しが増えたと感じています。とても有意義な時間をありがとうございました。

  • 日程・費用の面で、無理なく通学できる設定でありながら、講義内容は決して中途半端なものではなく、各回とも何かしら得るものがありました。各講義テーマについての具体的なイメージがつかめたことで、今後の自己学習の引き出しが増えたように思います。また、ネットワーキングパーティ等をきっかけに、志の高い異業種の方々と新しいつながりができ、講義終了後も情報交換を継続できています。

閉じる

  • 各科目は独立したものですか?

    独立しています。お好みやご都合に合わせた選択も可能です。ただし、全8科目を連続して受けていただくことで最大限の効果があるように設計されています。

  • 大卒、院卒などの受講資格はありますか?

    ありません、どなたでも受講できます。

  • 受講料の支払いは振込だけですか?カードで支払えますか?

    申し訳ありませんが、お振込みのみとなります。

  • 講義の形式を教えてください。

    ディスカッション、グループワーク、ディベートなど、科目によってさまざまな形式で行われます。

  • 領収書はもらえますか?

    希望者には発行いたします。

  • 昨年、MBA Essentials総合コースやアドバンスコースを受講したのですが、講義内容は同じですか?

    講義内容は、総合コースやアドバンスコースとは異なり、管理職用に組み立てられた講義になっており、リーダーやマネジメント寄りの高度な内容になっています。既に総合コースやアドバンスコースを受講された方には、さらにレベルを上げての受講が可能となっておりますので、ぜひご検討ください。

閉じる

MBA Essentials事務局

〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-10 笠原ビル7F(株)日経ピーアール内
TEL:03-6812-8695 FAX:03-6812-8649 (平日9:30~17:30)
E-mail:mba_essentials@nikkeipr.co.jp

閉じる

受け付けを終了しました

ページ上部へ

このサイトについて

日本経済新聞社について