早稲田大学ビジネススクールのMBA教育のエッセンスを著名講師から気軽に楽しく学べる平日夜講座

お知らせ

2017.6.27 総合コースⅡの お申し込みの受付を開始いたしました。

早稲田大学ビジネススクール×日経ビジネススクール Presents

MBA Essentials 2017 総合コースⅡ

日経ビジネススクールは早稲田大学ビジネススクールと共同で「MBA Essentials 2017<総合コースⅠ><総合コースⅡ>」を開講します。
このコースは昨年ものべ数千名のビジネスパーソンに受講いただいた、同校のMBAカリキュラムから「ビジネスに役立つエッセンス」をピックアップし、人気講師が講義する屈指の人気プログラムです。毎週1回、平日夜に2時間の講義を集中して定期的に開講することで、多忙なビジネスパーソンが気軽に本格的なビジネススクール体験をいただけるよう、設計されています。春秋の通年受講で経営にかかわるエッセンスを余すところなく得ていただける講義予定にて、皆さまのご参加をお待ちしています。
※総合コースⅠは終了しています。

開催概要 ▼詳細

<総合コースⅡ>

開催期間

10/17(火)~12/12(火)

講義時間

19:00~21:00(2時間)

会場

早稲田大学 早稲田キャンパス

定員

各回500名程度

受講料金

8科目一括申し込み 43,200円(税込み)
単科申し込み    7,560円(税込み)

総合コースⅠ、Ⅱは内容が異なります

詳細は申し込みフォームでご確認ください

各コースともに6回以上出席された方には早稲田大学ビジネススクールから修了証が発行されます。また、プログラムは変更される場合があります

一括申し込みを含めすべての科目は先着順に受け付けます。定員に達した科目から締め切り日に関わらず受け付け終了となります

申し込みフォームからお申し込みください。お申し込み後、入力いただいた住所に請求書と受講券をお送りいたします。お振り込みによるお支払い後、お申し込みが完了となります

お申し込みの際には日経IDでのログインが必要となります。日経IDをお持ちでない方は「お申し込みはこちら」の次の画面から、ご登録(無料)ください

お申し込みはこちら

メンバークラス~ビジネスリーダー

コースレベル

応用・専門

コースの特長

  • 平日夜間

  • 課題不要

  • 先着定員制

  • 単科受講可

  • 1回2時間

  • 懇親会開催

  • 修了証発行

  • 領収書発行可

トップメッセージ

気軽に早稲田大学ビジネススクールのエッセンスを学ぶチャンス!

内田 和成

早稲田大学ビジネススクール(WBS)と日経ビジネススクールが共同開催する「MBA Essentials」も前身から数えるとはや7年目に入りました。昨年の総合コースにものべ数千名の受講者にご参加いただき、変わらない人気を嬉しく思います。

「ビジネススクールがどんなものか知りたい」、「MBA取得のための予備知識を身につけたい」、「フルタイムのビジネススクールに通う時間がない」、さらには「一度学んだビジネスの知識をもう一度ブラッシュアップしたい」といった方々にとっての最適な学びの場を提供しているのが「MBA Essentials」です。

総合コースではMBAの様々な分野の基礎を、ケーススタディーやディスカッション、レクチャーといった実際の授業と同じスタイルで学ぶことができます。MBAのコア科目を学ぶ<総合コースⅠ>の8科目と、WBSならではの特長的な科目を学ぶ<総合コースⅡ>の8科目の合計16科目を用意しました。

WBSの大きな特長は、プロフェッショナルファームなどでの高度な実務経験を持つ教員が多く、学問的知識やスキルだけではなく、理論に裏付けされた経営で使える実戦的なノウハウを叩き込むところにあります。

今年も、毎年大好評の「ネットワーキングパーティー」(※)も開催しますので、参加者同士や教員との交流が大いに盛り上がることでしょう。おひとりで参加され、大勢の仲間を見付けられる方は毎年多数おられます。ですから、おひとりでの参加でもまったく心配ありません。学ぶに遅すぎるということはありません。多くの皆さんのご参加をお待ちしています!

※総合コースⅠ、Ⅱともに8科目一括申し込みの方がご参加いただけます。

早稲田大学ビジネススクール(WBS)教授内田 和成

お申し込みはこちら

プログラムガイド

MBA Essentials 2017<総合コース>は通期受講をおすすめしています。4月開講のコースⅠはMBAの基礎科目を中心に8科目、10月開講のコースⅡではWBSの特長的な8つの科目を学ぶ、計16科目を履修します。コース名をクリックするとコースⅠ、Ⅱの内容が確認できます。

総合コースⅡ

第1回

10/17(火)
19:00~21:00

MBAイントロダクションⅡ

~戦略とオペレーション~

ビジネススクールで学ぶ楽しさや奥深さのエッセンスが詰まった企業戦略の考察について、一般に斜陽産業とされる自転車販売業において高い成長率と利益を誇る「あさひ」を題材に、ケースメソッド(ディスカッションスタイル)で実演します。戦略とその実行(オペレーション)をハイレベルでどのように整合させるかがテーマです。WBSの説明会などでも提供される人気プログラムを体感いただけます。

講師

内田 和成(うちだ・かずなり)

早稲田大学 大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授。東京大学工学部卒業。慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了(MBA)。日本航空を経て、ボストンコンサルティンググループ(BCG)入社。2000年6月から04年12月までBCG日本代表。06年から現職。

第2回

10/25(水)
19:00~21:00

BtoBマーケティング

市場規模がB2C(消費者市場)の4~5倍あるにも関わらず、従来B2Cの影で看過されがちだったB2B(法人顧客)市場が最近成長分野として急速に脚光を集めている。ここでは、B2Bマーケティングの基本的な考え方やアプローチをケース討議形式を交えて紹介します。

講師

今村 英明(いまむら・ひであき)

早稲田大学 大学院経営管理研究科(ビジネススクール)客員教授。信州大学経営大学院教授。東京大学経済学士、東洋大学文学修士、スタンフォード大学MBA。三菱商事、ボストン・コンサルティング・グループ(シニア・パートナー、上海事務所長、日本法人代表取締役など)を経て、2010年から現職。

第3回

10/31(火)
19:00~21:00

アントレプレヌールシップ

~成功確率を高める手法を学ぶ~

ベンチャー企業や大企業の新規事業の成功・失敗要因を分析することなどによる「ベンチャーマネジメント」の理論と実務を解説します。単に創業をするベンチャー企業だけに留まらず、大企業やNPO、NGOにおいても今後、ますます重要性を増してゆく考え方である「アントレプレヌールシップ(起業家精神)」について議論してゆきます。

講師

長谷川 博和(はせがわ・ひろかず)

早稲田大学 大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授。早稲田大学大学院アジア太平洋研究科博士後期課程修了(学術博士)。野村総合研究所、株式会社ジャフコを経てグローバルベンチャーキャピタル株式会社を創業。代表取締役社長を経て現在も会長。2012年から現職。

第4回

11/8(水)
19:00~21:00

グローバルリーダーシップ

~ビジネスリーダーの絶対要件~

ビジネスリーダーの基本要素とは、洋の東西を問わず、①Vision/Direction、②Community、③Valueの3つです。事例を使いながらこれら要素を解説するとともに、グローバルなビジネス環境で活躍するリーダーが、特に身につけなければならない行動能力、態度、姿勢、立ち振舞い方などについて解説します。

講師

大滝 令嗣(おおたき・れいじ)

早稲田大学 大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授。東北大学工学部卒業。カリフォルニア大学電子工学科博士課程修了。博士(工学)。東芝、ヘイコンサルティングを経て、マーサージャパン社長、ヘイコンサルティング アジア地域代表などを歴任。2006年から早稲田大学ビジネススクールで教鞭を取る。

一括申込者限定

11/16(木)
19:00~21:00

ネットワーキングパーティー

ビジネススクールで学ぶ価値のひとつは貴重なビジネスネットワークの形成です。本コースでは、8科目一括申し込みの方をリーガロイヤルホテルで開催される「ネットワーキングパーティー」にご招待します。教授陣に質問したり、学びの同志であるほかの参加者の方々と名刺交換など気軽に交流していただける絶好の機会です。

image

第5回

11/22(水)
19:00~21:00

グローバルビジネス

~海外戦略~

グローバル化は、私たちの社会、企業、そして個人の生き方さえ大きく変えつつあります。このグローバル化の実態を展望し、企業の戦略や組織がどのように進化しなければならないのか、またその中で活躍する人材に何が求められるのか、皆さんと一緒に考えます。

講師

平野 正雄(ひらの・まさお)

早稲田大学 大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授。東京大学大学院、スタンフォード大学院了。工学博士。日揮、マッキンゼー・アンド・カンパニー、カーライルを経て、2012年から現職。

第6回

11/29(水)
19:00~21:00

コーポレートファイナンス

コーポレートファイナンスの応用問題として、企業の外への投資、例えばM&A、CVC(コーポレート・ベンチャー・キャピタル)などについて、考えたいと思います。企業がイノベーティブであるためには、企業という境界を超えたこのような投資が重要になっています。ファイナンスの授業はこういうトピックもカバーするんだ、というところをお見せします。

講師

樋原 伸彦(ひばら・のぶひこ)

早稲田大学 大学院経営管理研究科(ビジネススクール)准教授。東京大学教養学部教養学科(国際関係論)卒業、東京銀行(現・三菱東京UFJ銀行)入行。世界銀行コンサルタント、通商産業省通商産業研究所(現・経済産業省経済産業研究所)客員研究員、米コロンビア大学ビジネススクール日本経済経営研究所助手、カナダ・サスカチュワン大学ビジネススクール助教授などを経て、2011年から現職。米コロンビア大学Ph.D。

第7回

12/6(水)
19:00~21:00

バリューチェーンとビジネスモデル

経営コンセプトの中でも事業の新規立案、あるいは再検討・再構築のための強力な武器となり得る「バリューチェーン」と「ビジネスモデル」。よく聞く経営コンセプトであるにもかかわらず、必ずしも結果に繋がる正しい使い方をされているとは限りません。具体例を使ったミニ演習形式で、受講生が自分の頭を使って「バリューチェーン」と「ビジネスモデル」の本質を習得していきます。

講師

菅野 寛(かんの・ひろし)

早稲田大学 大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授。東京工業大学工学部卒。同大学院修士課程修了。日建設計に勤務後、カーネギーメロン大学にて経営工学修士号を取得。その後、ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)にて十数年間、日本およびグローバル企業に対してさまざまなコンサルティング・サービスを提供。BCGテクノロジー、メディアおよびテレコミュニケーション専門部会のアジア/パシフィック地区リーダーを経て2008年より一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授。16年より現職。

第8回

12/12(火)
19:00~21:00

イノベーション

経営にとって、もっとも難しいのは「非連続」の変化に対応することです。そして、非連続の変化の大きな原因は、イノベーション(技術革新)です。このイノベーションにどう対応していくべきなのか、事例を通じて学びます。

講師

根来龍之(ねごろ・たつゆき)

早稲田大学 大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授。京都大学文学部卒業。慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了(MBA)。鉄鋼メーカー、英ハル大学客員研究員、文教大学などを経て、2001年から現職。早稲田大学IT戦略研究所所長。

お申し込みはこちら

総合コースⅠ <終了>

第1回

4/19(水)
19:00~21:00

MBAイントロダクションⅠ

ビジネススクールで学ぶ基本中の基本である戦略とマーケティングについて、 通信販売大手の「ジャパネットたかた」を取り上げて、ケースメソッド(ディスカッションスタイル)で実演します。ビジネススクールのオリエンテーション合宿やWBSの説明会などでも行われる看板授業の再現です。

講師

内田 和成(うちだ・かずなり)

早稲田大学 大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授。東京大学工学部卒業。慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了(MBA)。日本航空を経て、ボストンコンサルティンググループ(BCG)入社。2000年6月から04年12月までBCG日本代表。06年から現職。

第2回

4/26(水)
19:00~21:00

アカウンティング

~クイズとレクチャーで基礎を学ぶ~

ビジネスランゲージともいわれるアカウンティングの基礎について、財務データの分析を中心に学んでいきます。企業の具体的な事例やクイズなどをもとに、財務データの目のつけ所、ROEをはじめとする財務比率の意味や向上策などについて、業種や戦略による違いなども含め、分かりやすく解説します。

講師

西山 茂(にしやま・しげる)

早稲田大学 大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授。早稲田大学政治経済学部卒業。ペンシルバニア大学ウォートンスクール経営学修士課程修了(MBA)。博士(学術)。公認会計士。監査法人ト-マツ等を経て2002年から早稲田大学大学院で教鞭をとる。

第3回

5/10(水)
19:00~21:00

経営戦略

~「戦略的とは何か?」~

「戦略」という言葉は、企業内で多用され過ぎています。「戦略」は、書類を重厚に見せる枕詞ではありません。本講義では「戦略的」である条件を列挙し、戦略のもつ特徴を理解していきます。日本企業の豊富な事例で説明していきます。

講師

山田 英夫(やまだ・ひでお)

早稲田大学 大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授。慶應義塾大学文学部卒業。同大学大学院経営管理研究科修了(MBA)。三菱総合研究所を経て、現職。博士(学術)早稲田大学。アステラス製薬、NEC、ふくおかフィナンシャルグループの社外監査役を歴任。

一括申込者限定

5/16(火)
19:00~21:00

ネットワーキングパーティー

ビジネススクールで学ぶ価値のひとつは貴重なビジネスネットワークの形成です。本コースでは、8科目一括申し込みの方をリーガロイヤルホテルで開催される「ネットワーキングパーティー」にご招待します。教授陣に質問したり、学びの同志であるほかの参加者の方々と名刺交換など気軽に交流していただける絶好の機会です。

image

第4回

5/24(水)
19:00~21:00

マーケティング

マーケティングは、デジタル化の進展とともに、刺激反応のプッシュ型の時代から取引と関係性、そして共創と社会性の時代へと大きな変化を遂げています。最先端のマーケティング理論と日本の事例を基にマーケティングの今を学びます。

講師

川上 智子(かわかみ・ともこ)

早稲田大学 大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授。大阪大学文学部卒業。ミノルタカメラ(現コニカミノルタ)、関西大学教授等を経て2015年4月より現職。大阪大学大学院経済学研究科博士前期課程修了。神戸大学大学院経営学研究科博士後期課程修了。博士(商学)。

第5回

5/31(水)
19:00~21:00

イノベーションと組織学習

~世界の経営学の視点から~

日本企業に求められるイノベーション・組織学習の能力向上のために求められる施作について、世界の経営学の知見から議論します。

講師

入山 章栄(いりやま・あきえ)

早稲田大学 大学院経営管理研究科(ビジネススクール)准教授。慶應義塾大学経済学部卒業、同大学院経済学研究科修士課程修了。三菱総合研究所を経て米ピッツバーグ大学経営大学院よりPh.D.を取得。同年より米ニューヨーク州立大学バッファロー校ビジネススクール助教授。2013年から現職。

第6回

6/7(水)
19:00~21:00

クリティカルシンキング

~現場を論理的に把握するには~

ビジネスの現場で必要な、現象や関係者の意向を論理的に整理・把握するプロセスを学びます。具体的なケースを題材にグループワークを行い、参加者同士が利害関係を抱える関係としての交渉を行います。

講師

鶴谷 武親(つるたに・たけちか)

早稲田大学 大学院経営管理研究科(ビジネススクール)客員准教授。埼玉大学教養学部卒業。ポリゴンマジック株式会社・フューチャーインスティテュート株式会社代表取締役。多摩美術大学講師を経て、2005年より早稲田大学大学院で教鞭をとる。

第7回

6/14(水)
19:00~21:00

市場創造

企業の目的が「顧客の創造」だと言われても、組織としてどのように取り組めばよいのだろうかと悩む企業は少なくありません。天才や偶然に頼るのではない、組織としての市場創造の考え方と方法論を、豊富な日本企業の事例とともに学びます。

講師

池上 重輔(いけがみ・じゅうすけ)

早稲田大学 大学院経営管理研究科(ビジネススクール)准教授。早稲田大学商学部卒業。一橋大学経営学博士、ケンブリッジ大学経営大学院MBA、ケント大学大学院国際関係論修士、シェフィールド大学大学院国際政治経済学修士。ボストンコンサルティンググループ、ニッセイ・キャピタル等を経て2006年より現職。

第8回

6/21(水)
19:00~21:00

人材・組織

~ワークショップで理解を深める~

数名のグループに分かれてディスカッションや簡単なディベートを行いながら、人材と組織のマネジメントやディベロップメントの概要についての理解を深めます。ファシリテーターの谷益美先生をはじめとしたスタッフも特別参加して、受講者同士の討議をサポートします。
※グループ内で相互に自己紹介を行うことから始めますので、開始時間に余裕を持ってご到着ください。

講師

杉浦 正和(すぎうら・まさかず)

早稲田大学 大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授。京都大学文学部卒業。スタンフォード大学経営大学院修了(MBA)。日産自動車、ベイン、マーサー、シティバンク、シュローダーを経て、2004年から早稲田大学で教鞭を取り、08年から現職。

講師

谷 益美(たに ますみ)

早稲田大学 大学院経営管理研究科(ビジネススクール)非常勤講師。香川大学教育学部教員養成課程国語国文学課程卒業。卒業後、営業職・コーチ業に従事し、2005年にコーチング&ファシリテーションを提供するOffice123を設立。13年から早稲田大学で教鞭を執る。

受け付けを終了しました

開催概要(詳細)

image

名称

早稲田大学ビジネススクール×日経ビジネススクール Presents
MBA Essentials 2017 <総合コース>

主催

早稲田大学ビジネススクール、日経ビジネススクール

開講時期

<総合コースⅠ>4/19(水)~6/21(水)開講 ※終了

<総合コースⅡ>10/17(火)~12/12(水)開講

講義時間

19:00~21:00(2時間)

会場

早稲田大学 早稲田キャンパス(新宿区西早稲田1-6-1) 東京メトロ 東西線「早稲田」駅徒歩5分

定員

各回500名程度

受講料金

8科目一括申し込み(ネットワーキングパーティー含む) 43,200円(税込み)

単科(1科目ごと)申し込み 7,560円(税込み)

総合コースⅠ、Ⅱはそれぞれの受け付け期間内に申し込みが必要です

申込締切

コースにより異なります

<総合コースⅡ>8科目一括申し込み 10/9(祝日)

単科申し込み 各回の2週間前(くわしくは申込フォームでご確認ください)

一括申し込みを含めすべての科目は先着順に受け付けます。定員に達した科目から締め切り日に関わらず受け付け終了となります

入金締切

ご請求書に記載いたします

現金による銀行振込のみ。クレジットカード、分割払いには対応しておりません

法人決済の方で入金日に間に合わない場合は事前に事務局までご連絡ください

備考

各コースともに6回以上の講義に出席された方には早稲田大学ビジネススクールから修了証が発行されます。また、プログラムは変更される場合があります

免責事項

日本経済新聞社(日経)は、コース日程を変更または中止する場合、原則として受講者に対してその内容に応じてあらかじめ電話、電子メール、当ウェブサイトなどでの告知を行います。

天災地変その他の不可抗力や主催者および講師の事情などにより、講義を一部あるいは全部、中止(不催行)させていただく場合がございます。中止の場合は原則、別日程に講義を振り替えて催行させていただきますが、主催者の事情により完全に提供されない講義については、受講料を無利子にて受講者が指定する銀行口座に振り込むことによって返却します(返金時の振り込み手数料は弊社負担)。ただし、受講料以外に受講者側で発生した宿泊費・交通費などその他の費用については、日経は補償いたしかねます。

ご入金後にやむを得ずキャンセルされる場合は、開講日(初日)の3営業日前(土・日、祝日を除く)の午後3時までに、上記事務局までご連絡ください。返金手数料2,160円(税込み)を申し受けご返金いたします。以降のキャンセルは受講料をお返しいたしかねます。

お申し込みはこちら

よくあるご質問

  • 大卒、院卒などの受講資格はありますか?

    ありません、どなたでも受講できます。

  • 受講料の支払いは振込だけですか?カードで支払えますか?

    お振り込みだけです。

  • 領収書はもらえますか?

    希望者には発行いたします。

受講生の声

  • 会社帰りに短時間で効率よく参加することができた。豊富なビジネス経験をお持ちの先生方から楽しい話を聞くことができ、生徒同士の議論も楽しかった。

  • 「様々な角度から経営者として物事を考える」という目線・引き出しが増えたと感じています。とても有意義な時間をありがとうございました。

  • 日程・費用の面で、無理なく通学できる設定でありながら、講義内容は決して中途半端なものではなく、各回とも何かしら得るものがありました。各講義テーマについての具体的なイメージがつかめたことで、今後の自己学習の引き出しが増えたように思います。また、ネットワーキングパーティ等をきっかけに、志の高い異業種の方々と新しいつながりができ、講義終了後も情報交換を継続できています。

お問い合わせ

MBA Essentials事務局

〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-10 笠原ビル7F(株)日経ピーアール内
TEL:03-6812-8695 FAX:03-6812-8649 (平日9:30~17:30)
E-mail:mba_essentials@nikkeipr.co.jp

お申し込みはこちら

受講レベルについて

メンバー

主に20~30代を中心としたビジネスパーソン向けのプログラムです

リーダー

マネジメント候補として活躍が期待されるビジネスパーソンにおすすめです

マネジメント

企業などのマネジメントクラス(管理職など)を対象としたプログラムです

コースレベルについて

基本・入門

MBA教育で提供される主な要素を一通り体験いただけます。特別な知識や事前準備は必要ありません

応用・専門

受講される各分野において一定の知識をお持ちであれば、より有効な学びとなることが期待できます

発展

ディスカッションやグループワークを中心に総合力を鍛える発展的なカリキュラムです

アイコンについて

  • 平日夜間

    ビジネスパーソンも通いやすい平日夜間に講義が行われる講座です。

  • 土日開講

    土日に講義が行われる講座です。

  • 英語

    講義の進行や講師とのやりとりが英語で行われる講座です(講座の受講レベルは各講座のご案内を参照ください)。

  • 事前課題

    講義当日までにこなすべき課題が設定されている講座です。

  • 課題不要

    事前の予習や課題がない講座です。

  • 大手町開催

    交通の利便性が高い大手町で開催される講座です。

  • ○人クラス

    定員が設けられている場合のおおよその人数を示しています。

  • 先着定員制

    先着順にお申し込みを受け付ける講座です。

  • 単科受講可

    単科申し込みを受け付けている講座です。

  • ディスカッション

    議論中心の講義スタイルが予定されている講座です。

  • グループワーク

    理解度が深まりやすいグループワークが予定されている講座です。

  • 1回2時間

    1回の講義時間を示しています。

  • 懇親会開催

    対象の講座にお申し込みいただくと受講生と講師が交流するネットワーキングパーティーに参加できます。

  • 受講料割引

    特定の条件を満たした方に受講料金の割引が設定されている講座です。

  • 修了証発行

    一定回数以上の参加で研究科から修了証が発行される講座です。

  • 領収証発行可

    領収書発行が可能な講座です。研修など法人受講などでご検討されている方におすすめです。