日経ビジネススクール Winter School 2016-17

新しい年を新たなチャレンジで迎えるための冬季集中講座「ウインタースクール2017-18」。
ビジネスに不可欠な4つの要素を、日経ビジネススクールの選りすぐりの講座で是非身につけてください。

講座一覧

明日を創る

新たな目標、事業にチャレンジするために必要な思考力と戦略を学びます。

12/12(火)

新規事業の進め方

日 時: 2017年12月12日 (火)13:30~17:00
会 場:丸の内オアゾ (OAZO)丸善3階 日経セミナールーム
講 師: 河瀬 誠 氏
受講料: 34,560円(税込み)
定 員: 64名

講師  企業の継続と成長には、新規事業を作り続けることが不可欠です。この新規事業とは、新技術や新製品の開発とは違います。新事業と既存事業は、全く性格が異なり、ときには対立するものなのです。
 既存業務とは、100を110に増やし、コストを10%削減するといった仕事です。それに対して、新規事業とは新たな顧客を開拓し、0から1を生み出し、1を100に拡大するといった仕事です。また、新規事業とは、既存事業の枠組みを抜け出すものであり、ときには既存事業を否定するものでもあるのです。
 新規事業では、最初から“こうすれば確実にうまくいく”という方法はありません。新規事業とは、数多くの試行錯誤と失敗を繰り返すなかから、ようやく”こうすれば良いのだ”という「答えを見つけだすプロセス」そのものだからです。
 しかし、新規事業の成功確率を格段に上げる方法はあります。それが、新規事業開発のスタンダードともいえる「リーンスタートアップ」です。 
 このセミナーでは、日本企業がいかにこの「リーンスタートアップ」を活用し、どのように新規事業を成功させていくべきか、豊富な実践事例に裏打ちされた、具体的なステップと押さえるべきポイントを伝えます。また、社内で新規事業を進めるための組織やマネジメント方法、そして「社内起業家(イントレプレナー)」の育て方について説明します。 実際に新規事業などを担当され、悩んでいる方におすすめします。

お申し込みはこちら

12/13(水)

2018年の経営戦略を読む

日 時: 2017年12月13日(水)13:00~17:00
会 場: 日本経済新聞社6階 「日経・大手町セミナールーム1」(日経カンファレンス&セミナールーム内)
講 師: 武藤 泰明 氏
受講料: 32,400円(税込み)
定 員: 72名
講師  2018年を迎えるにあたり、本セミナーは2部構成で自社の経営方針や経営戦略の策定・検討の参考となる最新情報と分析を提供します。
 第1部では景況の包括的な展望をお示しします。現在の日本経済は言わば「凪(なぎ)」の状態で、全体としては良くも悪くもありません。経済と企業業績の変動はほとんど為替レートで決まります。このような状況の中で、「海外については何に着目しておけばよいか」「国内の重要な変化は何か」を中心に解説していきます。
 第2部では国内市場の中期的な変化のトレンドを検討します。景況は目先は安定していますが中期的には大きな変動が予見されます。経営判断に欠かせない重要なテーマについて解説します。重視するのは政府統計です。例えば、2015年国勢調査結果は年末に向けて詳細な結果が順次公表される予定です。国勢調査と言うと少子高齢化が中心的な話題になるという誤解が多いのですが、たとえば前回(2010年)の調査結果からは「人手不足が不可避であること」「非正規雇用がさらに増えること」「主婦の『典型』は75歳になっていくこと」等を予見することができました。今回も「ほぼ確実な未来」を、日本人と国内市場についてご提示することができるでしょう。

お申し込みはこちら

12/19(火)

事業性評価と意思決定の進め方<30名定員>

日 時: 2017年12月19日(火)10:00~17:30
会 場: ネクストワークス ラーニングセンター
講 師: 小川 康 氏
受講料: 43,200円(税込み)
定 員: 30名
講師  事業はなぜ失敗するのでしょうか。それは、「事業は仮説が外れると失敗する」と定義することができます。仮説とは、事業の成功に必要な条件のことで、例えば「この製品を市場に最初に投入できれば」「30%のコストダウンが実現出来たら」などの「たら・れば」が仮説です。
 このような事業の成功・失敗を左右する仮説を明確にし、起こりうるシナリオを分析・シミュレーションしていくと、事業計画のポイントがシンプルで、わかりやすくなります。仮説が大きく外れるのを防いでいくと、事業が成功する確率を高めることができます。
 このセミナーでは、こうした仮説を明確にし、シナリオをシミュレーションして事業計画に落とし込み、実行管理していくことで、事業を成功に導いていく方法論を学びます。具体的には、米国で開発された仮説指向計画法(※用語解説参照)のポイントを理解したうえで、これらの理論をベースにしたWhat-If分析、感度分析、リスク分析などの重要な分析・シミュレーションの基本と活用法を身につけていただきます。また、実際に使うときのイメージがつかめるよう、一人一台のPCを使い、分析・シミュレーションを演習します。
 この手法は、設備投資、研究開発投資、M&A、新規事業など、これまで取り組んだことのない、新たな事業への投資に有効ですが、既存事業・海外事業・子会社などの事業構造を改めて整理し、管理を進めていく際にも役立ちます。
 事業プランを説明しなければならない立場の方、事業の意思決定を行うマネージャー、経営幹部、経営企画や管理部門の方など、広く事業の計画・管理に携わる方々に役立つ、事業投資、事業計画の実践プログラムです。

お申し込みはこちら

12/20(水)

ビジネス・仕事に使える「ロジカルシンキング」

日 時: 2017年12月20日(水)10:00~17:00
会 場: 丸の内オアゾ (OAZO)丸善3階 日経セミナールーム
講 師: 生方 正也 氏
受講料: 34,560円(税込み)
定 員: 64名
講師  「ロジカルシンキングは大事と分かるが、具体的に実務でどう使えばいいか分からない」
「様々な手法があるが、どのビジネスシーンで何を活用すればいいか迷ってしまう」
「ビジネス・仕事に役立てているが、具体的なステップがうまく組み立てられない」  
 ロジカルシンキングの初心者はもちろん、一通り学んだ人でも、このような課題をお持ちの方が多い現状ではないでしょうか。
 本セミナーは、「仕事に役立つロジカルシンキング」(日経産業新聞)を連載していたプロフェッショナルが、「具体的なビジネス実務に当てはめたロジカルシンキングの使い方」をわかりやすく解説します。“実践力”を養うために、豊富な演習やクイズを交えエッセンスを学んでいただきます。
 若手リーダー・スタッフや指導するマネージャーなどのご参加をおすすめします。

お申し込みはこちら

12/25(月)26日(火)

事業戦略・マーケティング戦略の作り方<30名定員・2回コース>

日 時: 2017年12月25日(月)10:00~18:00
2017年12月26日(火)10:00~18:00
会 場: 丸の内オアゾ (OAZO)丸善3階 日経セミナールーム
講 師: 河瀬 誠 氏
受講料: 93,960円(税込み)
定 員: 30名
講師  このセミナーは、事業戦略から事業を成功させるポイントであるマーケティング戦略の策定までを2日間集中で学ぶ、特別コースです。
 1日目は「事業戦略の作り方」をテーマに、正しい戦略を効率よく作るために必要な「順を追って進むべき、戦略策定ステップ」を学びます。2日目は「マーケティング戦略」に焦点を当て、事業戦略の基本方針がある程度固まった後、マーケティング戦略の具体的な作り方を学びます。ドラッカーの視点を踏まえ、マーケティングの基本ツールの使い方を実践的にトレーニングします。
 トレーニング形式(個人ワーク)で「受講者の皆様の会社・事業を題材」に、実際に戦略策定ステップを進めることで、フレームワークをしっかり身につけていただきます。2日間で戦略からマーケティングまでのつながりを、一気に効率よく学びます。
 実際に戦略の策定、実行で悩んでいる多忙なビジネスパーソン向けの特別コースです。

お申し込みはこちら

1/5(金)

[午前] 戦略的思考力強化講座 [午後] ロジカルシンキング講座 <2回コース>

日 時: 2018年1月5日(金)10:00~17:00
会 場: 丸の内オアゾ (OAZO)丸善3階 日経セミナールーム
講 師: 西村 克己 氏
受講料: 37,800円(税込み)
定 員: 64名
講師  急速に変化する経営環境・事業環境のなかで、自ら考え、判断するために必要な「戦略的思考力」の重要性がクローズアップされています。
 また、筋道の通ったわかりやすい説明は、ビジネスにおいて人を納得させ、組織を動かすための必須条件です。
 この「思考力強化」エッセンシャルシリーズでは、特に普段まとまって講座を受ける時間の無い方を対象に、問題を発見し、論理的に分析し、経営戦略や事業戦略の立案、実行に役立てる「戦略的思考力」と、そのベースとなる、論理的思考力「ロジカル・シンキング」について、専門家がそれぞれ半日でエッセンスを分かりやすく解説します。
 「組織を支える人財=リーダー」となるために、必ず身につけておきたい思考スキルです。

お申し込みはこちら

1/11(木)

事業戦略に必要な15年後の技術予測

日 時: 2018年1月11日(木)13:30~17:00
会 場: 日本経済新聞社6階 「日経・大手町セミナールーム1」(日経カンファレンス&セミナールーム内)
講 師: 河瀬 誠 氏
受講料: 32,400円(税込み)
定 員: 72名
講師  技術の最先端のトレンドを具体的に説明し、こうした技術が未来をどう変えていくかを「包括的」に解説するとともに、その変化が、自社のビジネスにどんなインパクトを与えるかを検討し、今後の新しい戦略の方向について考えていただくセミナーです。
 人工知能(AI)やロボット、また自動運転や電気自動車、といった新しい技術は、今後、情報通信業界はもとより、自動車・化学・機械といった製造業、 また小売業などのサービス業、医療やエネルギーといった幅広い業界を、そして社会を、根本的に変えていきます。
 これら業界の15年後の姿は、今とは全く異なった姿になるはずです。
 想像以上の速さで変化する未来の中で勝ち残るためには、これからの技術の大きなトレンドを、まずは理解し、そして自社へのインパクトをイメージし、新しい戦略に転換していかなければなりません。
 この半日の講座では、これから起こるであろう技術の変化とさまざまな産業へのインパクトを、全体像を持って紹介します。
 テクノロジーの進展が事業戦略や営業戦略に及ぼす影響と関係を整理し生かしたいとお考えの、企画、営業、マーケティング関連部署や経営企画部門などの方が主な受講対象です。

お申し込みはこちら

1/12(金)

【実践】「会計力・戦略思考力」養成講座

日 時: 2018年1月12日(金)10:00~17:30
会 場: 丸の内オアゾ (OAZO)丸善3階 日経セミナールーム
講 師: 大津 広一 氏
受講料: 35,640円(税込み)
定 員: 64名
講師 「自分のビジネス・仕事」と「会計」の関係を体感的・具体的に学びたい」
「ビジネス・仕事に使うために、会計数値を理解し、読み解く力を身につけたい」
「自社・他社の「マネジメント・戦略」と「会計」のつながりを一体理解したい」
 ビジネス環境が大きく変化する中、ビジネス現場で仕事を実践するための「戦略思考力」と、会計数値を読み解く「会計力」を行き来しながら、一体で融合的に判断することを求められます。
 本セミナーでは、人気MBA講師が「会計のWHY(なぜそうした数値なのか)」と「経営のSO WHAT(そこから何が言えるのか)」を具体的な事例や演習を交えて分かりやすく解説します。
 階層・部門を問わず、会計数値からビジネス環境を読み解き、仕事に役立てたい方のご参加をお待ちしております。

お申し込みはこちら

強い組織

環境の変化に対応し組織をより強固なものにするために必要な知識と実践を学びます。

12/11(月)

契約の基礎知識マスター講座

日 時: 2017年12月11日(月)13:00~17:00
会 場: 丸の内オアゾ (OAZO)丸善3階 日経セミナールーム
講 師: 鈴木 基弘 氏
受講料: 32,400円(税込み)
定 員: 64名
講師  ビジネスを行うにあたっては、関係当事者が協議し、取り決めた重要事項を、契約書として文書化して取り交わし、それに則って取り引きを行います。
 ビジネスのルールである契約について、正確な基本知識を身につけることで、トラブルを未然に防止し、安全かつ堅実に、また有利にビジネスを進めることができます。このような契約の基礎知識は、企業の法務担当者だけでなく、現場でビジネスを動かしている、すべてのビジネスパーソンに必要な法律基礎知識です。
 このセミナーでは、契約とは何かといった基本知識から、ビジネスを堅実かつ有利に進めるための契約書の見方やチェックポイントなど実践的な内容まで、実務経験豊富な弁護士が効率よく半日で解説します。
 また、民法改正法についても、ビジネスへの影響の大きい範囲に絞って、要点を確認します。
 契約について正確な知識を学び、仕事に生かしたいと考えている方に最初に受講いただきたい、わかりやすくまとまった入門講座です。

お申し込みはこちら

12/11(月)

取締役・執行役員の法律知識とコンプライアンス

日 時: 2017年12月11日(月)13:00~17:00
会 場: 日本経済新聞社6階 「日経・大手町セミナールーム2」(日経カンファレンス&セミナールーム内)
講 師: 菅原 貴与志 氏
受講料: 32,400円(税込み)
定 員: 90名
講師  取締役は会社法で権限と責任等が規定され、これらを正しく理解することは職務遂行上欠かせません。他方、執行役員については、法規定はなく、企業が自由に地位や権限を決定できるため、執行役員規程などで自社の制度内容を把握し、取締役との違いを確認することが重要です。その上で、会社役員は、法が定める経営の効率や機動性を高める仕組みを活用し、コンプライアンス経営と適切なリスクマネジメントを実践し、企業価値を向上させていくことが求められます。
 このセミナーは、会社役員に必須の法律知識と実際の企業経営での活用方法を解説するプログラムです。会社法をはじめ、金融商品取引法、独占禁止法や労働法など理解が必要な法的知識のポイントをつかみ、コンプライアンス経営やリスクマネジメントの実践に役立てていただけます。多くの参考事例をセレクトし、実践ポイントを臨場感を持って学んでいただけます。
 主な対象者は、 会社役員、使用人兼務役員、経営企画、経営管理などのご担当者です。

お申し込みはこちら

12/14(木)

債権法の改正内容と対応実務

日 時: 2017年12月14日(木)13:00~17:00
会 場: 日本経済新聞社6階 「日経・大手町セミナールーム1」(日経カンファレンス&セミナールーム内)
講 師: 千葉 博 氏
受講料: 32,400円(税込み)
定 員: 72名
講師  2017年5月に成立した改正民法(債権法)は、制定以来120年ぶりの抜本的改正であり、企業法務に多大な影響をもたらすことが想定されます。2020年とされる施行時期に向け、企業法務に携わる方には契約や債権管理・保全の対応実務を見直すことが求められます。
 このセミナーでは、今回の改正内容を丁寧に解説し、約款や契約の条項における修正ポイントを具体的に紐解いていきます。プログラムとしては、債権法の改正内容、契約実務への影響・対応、債権管理への影響、契約に関する規定への対応などについてお話しします。
 総務・法務部門をはじめ、各種契約実務に携わる方のご参加をお待ちしています。

お申し込みはこちら

12/15(金)

よくわかる管理会計の基礎と実践

日 時: 2017年12月15日(金)10:00~17:00
会 場: 日本経済新聞社6階 「日経・大手町セミナールーム1」(日経カンファレンス&セミナールーム内)
講 師: 和田 正次 氏
受講料: 34,560円(税込み)
定 員: 72名
講師  会計には大きく分けて報告するための財務会計と企画・管理するための管理会計があります。どちらも同じ会計データを使いますが、管理会計は法律・制度や形式にとらわれないため、企業や人により活用レベルに差が生じ、その差が業績の差となって表れてきます。
 管理会計を学び、実践することにより、人のレベルでは経営的な視点が身につき、経営管理や会計・財務部門などで活躍の場が広がります。また、組織レベルでは損失の発生や拡大を防ぎ、業績向上や経営体質の強化などにつながります。
 このセミナーでは、利益が生まれるしくみの理解をはじめ、管理会計の基礎知識をしっかりと身につけるとともに、すぐに実践・利用できる活用ノウハウや様式・フォームの解説も多く盛り込んでいます。
 経営者、経営企画、会計・財務部門、業務改善システムの構築を担当するIT部門など管理会計にご関心のある方向けの基礎講座です。

お申し込みはこちら

12/19(火)

働き方改革関連法案の最新動向と実務対策

日 時: 2017年12月19日(火)10:00~17:00
会 場: 日本経済新聞社6階 「日経・大手町セミナールーム1」(日経カンファレンス&セミナールーム内)
講 師: 石嵜 信憲 氏
受講料: 37,800円(税込み)
定 員: 72名
講師  成立に向けて本格的に動き始めた働き方改革関連法案。
 衆院解散・総選挙が控えているとはいえ、長時間労働是正をはじめ「働き方」と「働かせ方」に多大な影響を及ぼす改正法が成立することは、ほぼ確実です。
 この講座では、改正の最新動向と、それにともない変わりゆく企業実務について、労働法の専門家である石嵜弁護士が先を見据えて解説します。
 人事部門、法務部門、経営企画部門のご担当者や、労働法改正と最新判例についてキャッチアップしたいとお考えの方の参加を歓迎します。

お申し込みはこちら

12/21(木)

ゼロから学ぶ英文契約書入門

日 時: 2017年12月21日(木)10:00~17:00
会 場: 日本経済新聞社6階 「日経・大手町セミナールーム1」(日経カンファレンス&セミナールーム内)
講 師: 牧野 和夫 氏
受講料: 37,800円(税込み)
定 員: 72名
講師  一般に、英文契約書は非常に難解でわかりにくいといわれています。
 しかし、法律英語・英文契約書は決して難しいものではありません。
 特に高い英語力が必要とされているのではなく、契約の基礎知識と必要最低限の法律英語がわかっていれば、十分に対応できます。ただ、自己流でやみくもに学習しても短期間での熟達は望めません。ゴルフやテニスと同じように、最初に基本的な型を教えてもらえば、後はそれをベースに練習を積めば上達が早いのと同じように、まず最初に英文契約書の基本的な型を教えてもらうことが肝要です。本セミナーでは、頻繁に出てくる英文契約書特有の重要基本表現を厳選して例文と一緒にご紹介します。これらの基本表現をマスターすることで、相手方ドラフトのリスクを適切に評価することができ、契約交渉の際に適切・有効なカウンタープロポーザル(対案)を打てるようになり、有利な交渉を行うことが可能となります。
 最後に、今後みなさんが英文契約書をマスターするためにどのようなステップを踏めばよいか、アクションプランの方向性を説明します。
 初めて学ぶという方のご参加も歓迎します。

お申し込みはこちら

人を動かす

ビジネス・リーダーに不可欠なリーダーシップとマネジメントのノウハウを学びます。

12/12(火)

【マネージャー向け③】タフなネゴシエーションの対応力を高める

日 時: 2017年12月12日(火)10:00~17:00
会 場: 日本経済新聞社6階 「日経・大手町セミナールーム1」(日経カンファレンス&セミナールーム内)
講 師: Dr. ジェームス・ドハティ 氏
受講料: 52,920円(税込み)
定 員: 72名
講師  日本人との商談に慣れている外国人の本音。「今言ったYes、本当にYesなの?」
 グローバルでの意思決定のプロセス、スピードは日本のやり方と大きく異なります。英語での交渉において、相手と円滑に話を進める要素と手順を理解し、自分の立ち位置、意見をプロフェッショナルに、かつ、明確に伝えることで、交渉相手と長期的、友好的な関係構築が可能となります。
 本講座では、多数企業でのトレーニング実績と、経営者、政治家のディベートのパーソナルトレーニングを務める経験豊富な講師が、交渉を効果的に進めるための2つの基本スキルと、成功する交渉の7要素について分かりやすく解説するとともに、グループによるケーススタディ実践とフィードバックを通じ、受講者に気づきを起こさせる双方向型で進行します。交渉における効果的な話の聞き方と質問の仕方の理解が深まるとともに、選択肢検討のブレインストーミング手法を学ぶことで交渉の具体的な進め方が身につきます。

お申し込みはこちら

12/13(水)

残業しない働き方の「しかけ・改善」具体策

日 時: 2017年12月13日(水)10:00~16:45
会 場: 日本経済新聞社6階 「日経・大手町セミナールーム2」(日経カンファレンス&セミナールーム内)
講 師: 松井 順一 氏
受講料: 34,560円(税込み)
定 員: 72名
講師  労働力人口の減少や人材不足対策として、多様な人材を活用するための「働き方改革」が叫ばれ、様々な就業環境の準備と労務管理制度の構築が進められています。
 一方で、このような多様な就業環境(時短やフレックス、在宅勤務)の提供が、働く者の孤立化を招くことが危惧されています。働く者の孤立化は、残業の「見えない化」を招き、仕事の個人化を加速してチーム力を低下させかねません。
 「働き方改革」を進める中で、このような仕事の属人化、孤立化への対策といった働き手のための取り組みが後回しになったり、責任が個人に押しつけられたりしていないでしょうか。
 本セミナーでは、仕事の属人化、孤立化を打破して、多様な就業環境の中でも一人ひとりの負担を軽減し、チーム力を高め、残業させず、チーム生産性を高めるためのしかけと改善について、事例と共に具体的な取り組み方法を紹介します。「働き方改革」が個人の負担を重くし、チーム生産性を低下させる改悪の施策とならないように、これらしかけと改善を同時に進めることをお勧めします。


お申し込みはこちら

12/14(木)15(金)

ファシリテーション能力開発(会議・問題解決・組織開発・変革)<2回コース>

日 時:

2017年12月14日(木)10:00~18:00
2017年12月15日(金)10:00~18:00

会 場: 丸の内オアゾ (OAZO)丸善3階 日経セミナールーム
講 師: 堀 公俊 氏
受講料: 93,960円(税込み)
定 員: 20名
講師  激変するビジネス環境において、スピーディーな問題解決と組織開発が求められる中で、ビジネス・リーダーの役割が大きく変わってきています。多様な人材の智恵とやる気を引き出し、ロジカルな問題解決を通じて、納得感のある合意に導き、優れた成果を上げることが求められています。
 会議、ワークショップ、プロジェクト、組織運営、組織・人材開発、変革などを支援・促進する「ファシリテーション」のスキルは、今やビジネス活動に必須のものであり、多くの企業で導入され成果を上げています。
 本講座は2回コースで、ビジネス成果を高める4つのファシリテーション・スキルを、個人、ペア、グループでの演習を交えて習得していきます。


お申し込みはこちら

12/19(火)

ドラッカーのマネジメントから紐解くリーダーシップとコミュニケーション<48名定員>

日 時: 2017年12月19日(火)10:00~17:00
会 場: 丸の内オアゾ (OAZO)丸善3階 日経セミナールーム
講 師: 國貞 克則 氏
受講料: 34,560円(税込み)
定 員: 48名
講師  リーダーやマネジャーはメンバーと共に組織・チームで成果を上げる責任を担っています。それを果たすためには、これまで研究・蓄積されてきたリーダーシップやコミュニケーション、モチベーションなどの基本的な考え方や実践ポイントを押さえ、状況に応じて実践活用することが必要です。加えて、メンバーと組織の目的・目標を共有し、組織・チームとして更なる成長を目指すには、マネジメントの本質を知り、リーダー、マネジャーの役割をしっかりと理解したうえで、真摯に実行していくことが必要です。
 このセミナーでは、「マネジメント」を体系化したピーター・ドラッカー氏の経営学によるマネジメントの本質から、リーダー、マネージャーの役割を明らかにし、成果を上げ、その達成感を組織・チームで共有し、自律的にビジネスが進められるようにするために、何をすればよいのか、講師と一緒に検討していきます。また、ロールプレイイングやコミュニケーションゲームなどを盛り込み、ビジネス現場で活用できる理論やスキルを体験的に学べるように構成しています。  
 ビジネスの最前線で、組織やチームを率いるマネージャーの皆様に役立つセミナーであることを目指します。


お申し込みはこちら

12/21(木)22(金)

組織を動かす女性マネジャーの必須スキル

日 時:

2017年12月21日(木)10:00~18:00
2017年12月22日(金)10:00~18:00

会 場: 丸の内オアゾ (OAZO)丸善3階 日経セミナールーム
講 師: 浦 亜弓 氏
受講料: 96,120円(税込み)
定 員: 24名
講師  管理職としてのコミュニケーションスキル、チームマネジメントスキルを高めるための女性限定講座です。
 真のダイバーシティが発揮できる組織へと変革するため、部下育成やチームメンバー統括に必要なアサーティブコミュニケーション、メンバー間の衝突を共創へとつなげるコンフリクトマネジメントなど、チームパフォーマンスを高めるスキルを習得します。また、あなたが漠然と抱いているキャリア構築プランを「見える化」し、これから会社で目指すキャリアを実現するための行動計画を作成します。
 職場や会社をいったん離れ、同じ役職や立場の参加者と接することが有効に働きます。ワークやディスカッションを経て、新しい価値観や仕事におけるヒントも得られます。
 講師兼ファシリテーターは、企業の人事部で人材開発担当などの経験を持ち、国内外でコミュニケーションスキルやリーダーシップトレーニングなどの講師を担当している浦亜弓氏です。

お申し込みはこちら

1/10(水)

日経記事で学ぶドラッカー「マネジメント」実践活用法

日 時:

2018年1月10日(水)10:00~17:00

会 場: 丸の内オアゾ (OAZO)丸善3階 日経セミナールーム
講 師: 森岡 謙仁 氏
受講料: 38,880円(税込み)
定 員: 64名
講師  1909年にウイーンで生まれたピーター・F・ドラッカーは“マネジメントの父”と呼ばれています。それは、マネジメントを体系化し誰でも身につけられる人間学、行動学、組織学としてまとめたからだといわれています。彼は生涯をかけて約40冊の書籍を著しました。これらの書籍や生前に語った言葉などを研究するにつれて、私たちが一般に見聞きする“管理”や“マネジメント”という言葉は、提唱者のドラッカーが“マネジメント”に込めた考え方や意図からみると、ずいぶんかけ離れていることに驚かされます。例えば、『現代の経営』(1954年)で提唱した「目標管理」もその一つです。目標が一方的に上から押し付けられたり、ノルマ化してしまい、働く個人と組織に対して悪影響を与えている事例が後を絶ちません。
 世界を取り巻く経済・政治環境が不安定な状況の中、日本企業は創意工夫と試行錯誤を始めています。ドラッカーが提唱した「マネジメント」を学ぶことは、このような状況を打開する多くのヒントと勇気を与えてくれるものだと確信しています。
 これらを踏まえ、本講座は、リーダーやマネージャーなどの登竜門講座として、ドラッカーが説くマネージャーとリーダーの要件、戦略を実現するマネジメントの仕組み、人材育成などについて、日経記事で「ドラッカー理論と実践」を確認しながら理解を深め、マネジメントに必要な知識や観点を習得します。
 企業などの営利組織や、学校や病院、自治体、NPOや非営利組織の若手リーダー、マネージャーをはじめ、将来の働き方や経営について考えている方、今後の社会との関わりについて関心のある方などのご受講をお待ちしております。

お申し込みはこちら

伝える力

「伝えたいこと」を伝えきる力を実践とワークで学びます。

12/13(水)

確実にマスターできる「英語の学び方」

日 時: 2017年12月13日(水)13:30~16:30
会 場: 丸の内オアゾ (OAZO)丸善3階 日経セミナールーム
講 師: 藤沢 晃治 氏
受講料: 19,440円(税込み)
定 員: 64名
講師  企業のみならず「人(ビジネスパーソン)」のグローバル化が急速に進んでいます。社内英語公用語化、国内における外国人雇用、成長戦略としての海外への本格展開など、グローバル化の波が押し寄せています。グローバル化は、もはや海外事業部門や現地法人担当だけでなく、すべてのビジネスパーソンにとっても、避けて通れない切迫する課題です。
 本講座では、グローバルビジネスにおける必須のコミュニケーション・ツールである「英語」の効果的学習法を身につけていただきます。
 今回は「挫折せず、最短ルートでの確実な英語の学び方」を解説します。才能とは無関係に、努力次第で確実に習得できる「投資術(時間・お金)」「メソッド」を伝授します。
 講師自身、社会人になってから独学で英語を学び、2年半でTOEIC900点、英検1級に合格し、通訳ガイド資格も持つ、『分かりやすい説明』のプロフェッショナルでもあります。そんなプロフェッショナルな講師から、今からでも身につけられる確実で効果的な英語習得法を学んでください。尚、本講座は効率のいい「英語の独学法」を紹介するものであり、本講座の中で「英語の基礎」自体を教えるものではありません。

お申し込みはこちら

12/16(土)

【演習付】情報整理の達人になる「図解思考の技術」

日 時: 2017年12月16日(土)10:00~17:00
会 場: 丸の内オアゾ (OAZO)丸善3階 日経セミナールーム
講 師: 永田 豊志 氏
受講料: 34,560円(税込み)
定 員: 64名
講師  「図解思考」は、シンプルな「図」を頭に描きながら、情報整理、理解するテクニックです。
 多くのビジネスパーソンが「情報をうまくまとめられない、伝えられない」という悩みを持っていますが、この「図解思考」を身につければ、会議メモや営業プレゼンなどあらゆるビジネスシーンで応用でき、大幅な生産性のアップ、企画・発想力のアップにつながります。
 本講座では、『頭がよくなる「図解思考」の技術』の著者である講師が実際の図解メモの作成方法や、問題演習を通じて「図解思考」の知識や手法を分かりやすく解説。仕事にすぐに使えるスキルを1日で集中的に習得していただきます。

お申し込みはこちら

12/18(月)

理解力・伝達力が高まる図解トレーニング

日 時: 2017年12月18日(月)10:00~17:00
会 場: 丸の内オアゾ (OAZO)丸善3階 日経セミナールーム
講 師: 渋井 正浩 氏
受講料: 47,520円(税込み)
定 員: 64名
講師  図解を活用することで、複雑な情報もシンプルかつ的確に表現することができ、報告書、提案書、企画書等の作成スキルが向上します。また、図解を作成する過程で事象に対する理解度が深まったり、新しい発見も生まれてきます。
 本研修では、図解の基本から始まり、日常の身近な出来事の図解、ビジネス文書の図解、日経新聞の記事を利用した企業のビジネスモデルの図解など具体的な題材を演習で使用します。基本から実践まで図解の技術を1日でしっかりマスターしていただける内容です。
 図解を使ったことのない方、分かりやすく説得力のある資料作りをしたい方、深い分析力を手に入れたい方、部下の作成する資料が分かりにくいがどう指導したらいいか悩んでいる方などにおススメです。

お申し込みはこちら

12/26(火)

基礎から学ぶプレゼンマスター講座

日 時: 2017年12月26日(火)10:00~17:00
会 場: 日本経済新聞社6階 「日経・大手町セミナールーム1」(日経カンファレンス&セミナールーム内)
講 師: 車塚 元章 氏
受講料: 34,560円(税込み)
定 員: 50名
講師  ビジネスパーソンには、社内メンバーから顧客まで、さまざまなシーンで色々な相手に対してプレゼンテーションを行う機会があります。
 プレゼンスキルは、理論とコツを学び、少し改善するだけで効果を上げられるスキルでもあります。
 この講座では
1.基礎知識の改善:プレゼンに必要なベーシックスキルの理解
2.意識の改善:プレゼンに対する苦手意識を払拭するための基礎スキルの習得
3.アピールの改善:「話し方=聴覚に訴える」「見せ方=視覚に訴える」ポイント
について、講義や演習を経て、より分かりやすく説得力のあるプレゼン方法を習得していただきます。スマートフォンの録画機能などを用いて、ご自身のセミナー前・セミナー後の変化を視覚化していただく、ミニ演習もあります。
 若手から中堅まで、プレゼンの効果を高めて、手間と時間の無駄を省き、仕事の成果を飛躍的に高めたい方にお薦めします。

お申し込みはこちら

1/15(月)

「伝わる文章力トレーニング」講座<48名限定>

日 時: 2018年1月15日(月)10:00~17:00
会 場: 丸の内オアゾ (OAZO)丸善3階 日経セミナールーム
講 師: 藤沢 晃治 氏
受講料: 43,200円(税込み)
定 員: 48名
講師  文章で自分の意図を人に正確に伝えられる能力は、ビジネスにおける説得・成果のための基本です。
 ただし、考えたことを文章化するためには、一定のルールを身につけることが必要です。自己流だけでは、なかなか伝わりません。 伝えるために最も大切なことは「相手の視点」を知ることです。
 本セミナーでは一部、認知心理学の視点も加え、誤解なく確実に自分の意図を伝える文章スキルを学びます。理系出身の講師ならではの「文章工学」とでも呼ぶべき論理的な文章術を徹底解説します。
 文系出身の講師とは、ひと味違う切り口で文章スキルに迫ります。
 また、理論解説だけに終わらず、午後のグループ実習を通じて、実践的な文章術を体感、習得していただきます。
 若手ビジネスパーソンや指導する立場のリーダー、マネージャーのご参加をお勧めします。

お申し込みはこちら

お問い合わせ

日経ビジネススクール事務局

〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-10 笠原ビル7F (株)日経ピーアール内
TEL: 03-6812-8679 (9:30~17:30、土・日・祝日は除く) FAX: 03-6812-8649
E-mail:nikkei-bs@nikkeipr.co.jp