日経ビジネススクールアジア 在タイ日系企業駐在員向け 実務講座

日系企業で活躍するタイ人ミドルマネジャーのさらなる成長のために、厳選した4講座。
わかりやすく、かつ実務に生かせるセッションを提供します。

日経ビジネススクールアジア2017待望の新コンテンツは、日系企業タイ人ミドルマネージャー向けの4講座です。タイ人ミドルマネジャーに求められる要素をスキルとマインドセットの2段階に分け、それぞれで実践に役立つ4つの講座でご用意しました。体験やディスカッションを通じて学ぶ、わかりやすいワークショップ形式でご提供します。

1. 日系企業の組織文化・理念・価値観:参加費 7,000バーツ
2. 日本人とタイ人の考え方の違いと、協業の在り方:参加費 7,000バーツ
3. 仕事の生産性を高める論理思考・問題解決力:参加費 7,000バーツ
4. 現場変革力に繋がるリーダーシップと、部下の育成:参加費 7,000バーツ
4講座をまとめてお申込みの場合 お得な 25,000 THB!(+VAT 7%)

1.「日系企業の組織文化・理念・価値観」(NBS-D4)講師:クリッティニー・ポンタラナート 氏

良い組織文化を作るにはどうしたらいいのか。自分の組織、チームへの活かし方を発見します。

日本企業は世界で最も長寿であることが良く知られています。大切な価値観を守り、長期的に社会に貢献することにかけては日本企業は世界で随一でしょう。そうした価値観は企業理念、組織文化、などと表現されますが、理念が世界中に浸透し、そしてそれが企業の競争優位性に結びついていることも見逃せないポイントです。
本講座では、企業のミドルリーダーが日系企業の価値観をどう理解し、マネジメントして活用していくか、について豊富な実例を交えながら学んでいきます。

  • 日 時:

    2017年8月31日(木)09:00〜12:30

  • 会 場:

    Major Tower Thonglo(Soi Thonglor 10)

  • 言 語:

    タイ語

  • 参加費:

    7,000バーツ(+VAT 7%)

本講座の講師

  • クリッティニー・ポンタラナート 氏

    クリッティニー・ポンタラナート 氏チュラロンコン大学 マーケティング理論講師チュラロンコーン大学マーケティング理論講師。神戸大学博士課程卒業。日本の良い面をタイに伝え、タイに貢献するために、教育、執筆、等の活動を行っている。「Japan Gossip」「Slow Success」等のベストセラーを多数執筆。

2.「日本人とタイ人の考え方の違いと、協業の在り方」(NBS-D3)講師:ガンタトーン・ワンナワス 氏

近くて遠いタイ人と日本人。一緒に、ハッピーに働くコツを沢山お伝えします。

「日本人とタイ人が幸せに一緒に働くためにはどうしたらいいのか?」 これはタイの日系企業で働くすべての人にとっての共通のテーマではないでしょうか。日本人とタイ人はこれまで数十年にわたってお互いの経済の成長を支え合ってきた、切っても切れないパートナーであることは間違いありません。一方で、職場レベルでは、様々なすれ違いや問題が起きているのも事実で、「日本人は(タイ人は)なぜこうなんだ?」とお互いに頭を悩ませています。本講座では、長年日本人と一緒に仕事をしてきた講師のタイ人の経験も踏まえ、日本人とタイ人のコラボレーションの仕方を学んでいきます。

  • 日 時:

    2017年8月31日(木)13:30〜17:00

  • 会 場:

    Major Tower Thonglo(Soi Thonglor 10)

  • 言 語:

    タイ語

  • 参加費:

    7,000バーツ(+VAT 7%)

本講座の講師

  • ガンタトーン・ワンナワス 氏

    ガンタトーン・ワンナワス 氏mediator co., ltd. CEO1998年に来日。2004年埼玉大工卒業後、在京タイ王国大使館工業部へ。タイ国王室関係者、省庁関係者のアテンドやコーディネート、通訳を務め、2008年に帰国。2009年にMEDIATOR CO., LTD.を設立し、日本貿易振興機構(ジェトロ)、福岡県、全国商工会連合会などの日本政府機関の業務を請け負い日本企業のタイ進出やビジネスマッチングをサポートしている。この他、日本から商品を輸入してタイの主要小売業に卸販売するなど、タイ国内での日本商品普及に取り組んでいる。

3.「仕事の生産性を高める論理思考・問題解決力 」(NBS-D2)講師:中村 勝裕 氏

日常業務における落とし穴を知り、対策することで、仕事の効率・スピードを上げましょう。

「論理的に考えることが苦手」という方は多いのではないでしょうか。日本人もタイ人も、欧米人に比べると論理的に考えコミュニケーションをすることがどちらかというと得意でない人種だと言われています。しかしながら、論理的に考え、伝えることは成果を挙げるビジネスパーソンに必須のスキルです。本講座では、タイの実際の現場で起こりがちな論理思考の落とし穴を理解し、正しい思考の仕方を学びます。それにより、「適切な根拠に基づいて意見や提案を伝えられる」「業務の問題解決、企画の立案を適切なプロセスで進められる」「上司や部下、関連部署に対して説得力を持ってコミュニケーションできる」状態を目指します。

アジェンダ:
・論理的思考の仕方、日本人とタイ人の間ですれ違いやすいポイント
・わかりやすい情報整理、資料作成のやり方
・業務における問題発見、解決

  • 日 時:

    2017年9月1日(金)09:00〜12:30

  • 会 場:

    Major Tower Thonglo(Soi Thonglor 10)

  • 言 語:

    日本語(タイ語逐次通訳付き)

  • 参加費:

    7,000バーツ(+VAT 7%)

本講座の講師

  • 中村 勝裕 氏

    中村 勝裕 氏Asian Identity Co. Ltd CEO & Founder愛知県出身。上智大学外国語学部卒後、ネスレ日本入社。その後、コンサルティンク会社リンクアンドモチベーション、GLOBIS ASIA PASIFICを経て、2014年よりタイに移住、バンコクにてAsian Identity Co. Ltdを設立。日本人とタイ人の混成チー ムで、日系企業およびタイ現地企業の人材開発、組織活性化を支援するコンサルティングを行っている。

4.「現場変革力に繋がるリーダーシップと、部下の育成」(NBS-D1)講師:ポンチャイ・リムビプーワッド 氏

現場をけん引するタイ人ミドルリーダーはどうあるべきか。ディスカッション形式で学びます。

国際的に見て日系企業は「現場」が強いと言われてきました。つまり、「社長がトップダウンで指示を出すのではなく、現場の社員が自分の頭で考え、自ら問題を発見し、解決に向けて動く能力を備えている」のです。それにより、継続的なカイゼンや、強いチームワークを実現してきました。そうした現場変革力を引き出すのは、ミドルマネジャーにほかなりません。日系企業のタイ人ミドルマネジャーは、どのように現場を率いていくことを期待されているのか。本講座では、現場でのリーダーシップの発揮の仕方、コツ及び部下の育て方を、日系企業などでの事例を用いながら、学んでいきます。

アジェンダ:
・日系企業でのミドルマネジメントの特徴と難しさ
・発揮すべき現場リーダーシップ、即ち、現場の変革を起こすこと
・日系企業のタイ人ミドルマネジャーにおける部下の育て方 等

  • 日 時:

    2017年9月1日(金)13:30〜17:00

  • 会 場:

    Major Tower Thonglo(Soi Thonglor 10)

  • 言 語:

    タイ語

  • 参加費:

    7,000バーツ(+VAT 7%)

本講座の講師

  • ポンチャイ・リムビプーワッド 氏

    ポンチャイ・リムビプーワッド 氏ユニークキャリバーコンサルタンツ株式会社 創業者&会長 工学博士東京大学大学院工学部建築工学科博士課程修了、工学博士号取得。博士課程在学中、アジア留学生代表参考人として日本国会出席。いすゞモーター(タイランド)生産技術部設備保全エンジニア、タイ日経済技術振興協会(TPA)事務局長代行、同協会理事を5期務める。チュラロンコン大学工学部助教授等々を経て、1990年ユニークキャリバーコンサルタンツ(株)を創業、現在に至る。25年に亘り110社以上の顧客企業への経営革新実現等々のコンサルプロジェクトの実績を持っている。

【申し込み締め切り】 (1)セミナーの申込締切は、開催日の前日より数えて3営業日前(土日祝日、年末年始を除く)の午後3時までです。(2日間以上の講座はセミナー開始日)。それ以降にお申し込みされる場合は、開催直前の営業日の午後5時30分までに必ず事務局へメールにてご連絡ください。受講が可能な場合に限り、お申し込み手続きを進めさせていただきます。事前のご連絡をいただけない場合、お申し込みをお受けできません。
事務局営業時間は年末年始・土日祝日を除く平日の9:30~17:30(タイ時間)です。
(2)やむを得ずキャンセルされる場合は、開催日(受講開始日)の前日より数えて3営業日前(土/日/祝日、年末年始を除く)の午後3時までに、事務局までご連絡ください。返金手数料600バーツ(THB)を申し受けご返金いたします。それ以降のキャンセルは受講料をお返しいたしかねます。
(3)お申し込みいただいた講座は、講師・主催者の諸般の事情により、開催を中止させていただく可能性がございます。その場合は、事務局からご連絡をさせていただきます。

【入金締め切り】 請求書に記載いたします。申し込み受付後、受講メールに請求書を添付してお送りいたしますので、受講料をタイバーツで指定口座へお振込みいただき、振込明細書をスキャンいただき、事務局へメール添付にてお送りください。

【免責事項】 主催者は、プログラム日程を変更または中止する場合、原則として受講者に対してその内容に応じてあらかじめ電話、電子メール、当ウェブサイトなどでの告知を行います。天災地変その他の不可抗力や主催者および講師の事情などにより、講義を一部あるいは全部、中止(不催行)させていただく場合がございます。主催者の事情により完全に提供されない講義については、受講料を無利子にて受講者が指定する銀行口座に振り込むことによって返却します(返金時の振り込み手数料は弊社負担)。ただし、受講料以外に受講者側で発生した宿泊費・交通費などその他の費用については、主催者は補償いたしかねます。

日経ビジネススクールアジア - タイ国内- 事務局 (株式会社メディエーター 内)

mediator co., ltd. (株式会社メディエーター)
Major Tower Thonglor Fl.10, 141 Soi Thonglor 10, Sukhumvit Road, Khlong Tan Nuea, Watthana, Bangkok 10110 Thailand
TEL : 02-392-3288(日本からの場合:+66-2-392-3288)※9:30~17:30、土・日・祝日は除く
E-mail:nikkeiasia@mediator.co.th