【2020年6月5日開催】学習効果を高める、研修のオンライン化実践

新型コロナウイルスの世界的な感染により、私たちの日常生活だけでなく、ビジネスや入社式などの季節行事にも大きな影響があるなど、危機に直面しています。そして、影響を受けたことのひとつに新入社員研修をはじめとする社員研修が挙げられるのではないでしょうか。 これまでは、「集まることが前提の研修」や「稼働率の低いeラーニング」が常態化していましたが、ここ数カ月のうちに前提が覆り、オンラインでの育成を余儀なくされました。これは、一時的な危機などではなく、私たちは今まさに、ニューノーマル(新常態)への対応が迫られているのです。 このセミナーでは、研修のオンライン化とは何を指すのか?集合研修とオンライン研修の違いは何か?そして、20年度下期以降の研修企画はどうあるべきかなどについてわかりやすく解説します。

タイトル 学習効果を高める、研修のオンライン化実践
~コロナ危機で変わる社員研修のあり方~
日時 2020年6月5日(金) 13:00~13:45
参加方法 オンライン(ZOOM)での参加
※お申込みいただきました方にこちらからリンクをご案内いたします
参加費 無料
定員 50名
申込締切 2020年6月2日(火) 15:00

SPACE NIO


※応募者多数の際、抽選とさせていただきます。ご了承ください。
※企業の人事部・研修担当者を対象としたセミナーです。同業他社、個人申し込み、コンサルタントの方などのお申込みはご遠慮ください。

本セミナーで
持って帰っていただきたいもの

1

オンライン研修の特徴と企画ポイント

2

下期以降の研修の企画ポイント

お申込みはこちら

申込締切:2020年6月2日(火) 15:00
※応募者多数の際、抽選とさせていただきます。ご了承ください。

第1部 13:00~13:30

社員研修をオンライン化するポイント

1.コロナ危機で何が変わったのか?
2.集合研修とオンライン研修、それぞれのメリットとデメリット
3.研修をオンライン化するポイント
 ①集合研修とオンラインの組み合わせ
 ②インプット学習
 ③学習状況の可視化
4.20年度下期または21年度のオンライン化を加味した研修企画のポイント

講師/日本経済新聞社 人材教育事業局 HRD事業グループ 横山貴士

第2部 13:30~13:45

Q&Aセッション・クロージング

チャットでいただいた質問に回答します。

講師/日本経済新聞社 人材教育事業局 HRD事業グループ 横山貴士




資料請求(無料)


お申込みはこちら

申込締切:2020年6月2日(火) 15:00
※応募者多数の際、抽選とさせていただきます。ご了承ください。

<お問い合わせ先>

日本経済新聞社 法人研修問い合わせ窓口
Tel : 03-6256-7350
E-mail:hrconsul@nex.nikkei.co.jp
(営業時間:月~金10:00 ~ 17:00、土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く)

お申し込みはこちら

研修の申込み・お問い合わせ