人的リソースの意味・定義とは?人材不足に悩む企業は人材育成が鍵!

2024.3.12
日経ビジネススクール

人的リソースとは、従業員のスキルや能力を指し、近年もっとも重要視される資源の1つとして注目されています。

 

人的リソースの重要性は理解しているものの慢性的な人材不足や社会の要請から人材の多様化という課題を突きつけられ立ち往生してしまっている企業が多く見られます。

 

今回は、人的リソースの定義から重要性、企業が直面する課題、解決策まで分かりやすく解説します。

 

本記事を参考にして取り組みを進め、より豊かに人的リソースを確保できる余地を広げて、競争力の高い組織づくりと、企業成長に導く好循環につなげましょう。

 

日経では、最適な人材育成体系を構築するために見直すべきオリジナルチェックリスト資料をご用意しています。各階層別研修、テーマ別研修、選抜研修などを見直す際に、確認しておきたいポイントを是非ご覧ください。

人材育成体系を見直せる日経オリジナル資料ダウンロードはこちら

人的リソースとは

「リソース(resource)」は、直訳すると「資源」という意味をもつ言葉です。ビジネスシーンにおいてよく使われる「リソース」は、業務を遂行するのに必要な人材や時間、物資、資金、情報などの経営資源全般です。

 

「人的リソース」とは、組織内の従業員や従業員がもつ知識、スキル、能力などを指します。人的リソースのほか、ヒューマンリソースや人的資源、人材、ヒューマンキャピタル(人的資本)と呼ばれることもあります。

 

企業経営には「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」「時間」の5つの資源が必要とされています。そのなかで「ヒト(人的リソース)」は最重要項目にあたります。「HR(ヒューマンリソース)」として組織化して人材の採用から育成、管理までを担う専門的な部署を設ける企業も目立ちます。

人的リソースの定義

人的リソースとは、組織内のヒトがもつ知識や技能、スキルを経営資本として捉えた経済学における概念です。明確な定義はなく、ビジネスシーンにおいて広く使われる経済学用語です。

 

近年では、「人材=コスト」ではなく、企業価値を高める投資対象として捉え、経営戦略に人材戦略を連動させる「人的資本経営」が浸透させようとの動きが出てきました。

ビジネスにおける人的リソースの重要性

人的リソースは、近年もっとも重要視すべき経営資源とされ、多くの企業が注目しています。その理由は、ほかの経営資源(モノ・カネ)とは異なり、人的リソースは「価値を生み出すことができる資本」だからです。

 

ここ数年では、企業の市場価値を構成する要素として、有形資産(モノ・カネ)より、知的財産のような無形資産(ヒト・情報)が占める割合が増えてきています。

出典:内閣府「知的財産戦略推進事務局 構想委員会 資料」

 

「人がもつ能力や才能が企業の知的財産となり、企業の価値や競争力に直結する」という考え方がグローバル企業を中心に浸透してきています。

 

人的リソースの価値を最大限に引き出す方向へと、創造的かつ柔軟に順応できる企業が持続可能な発展を実現するといえるでしょう。

 

出典:経済産業省「持続的な企業価値の向上と人的資本に関する研究会 報告書 ~ 人材版伊藤レポート ~ 」

人的リソースの役割

人的リソースのおもな役割は、適切な人材確保や配置、従業員の成長、組織の戦略・方針の一致を図ることだといえます。

 

ほかにも、従業員と組織の間で円滑なコミュニケーションを図ったり、ビジネスに関する法律の理解を深めたりすることも人的リソースの重要な目的です。

【人的リソースの役割】

  • 適切な人材の確保・配置
  • 社員や組織の成長
  • 組織の戦略や方針の一致
  • 社員と組織のコミュニケーション構築
  • ビジネスに関する法令の遵守
  • 社員の満足度・モチベーションの向上

日本の企業が直面する人的リソースに関する課題

中小企業庁が公表しているデータ「小規模企業白書」によると、多くの日本企業が人的リソースに関する課題に直面していることが見て取れます。ここでは、具体的にどのような課題に直面し、解決策や取り組みを進めているのかを事例とともに紹介します。

【人的リソースに関する課題】

  • 少子高齢化による人材不足
  • 多様性の時代への適応
  • 時代ニーズにあった人材育成プログラムの構築

 

少子高齢化による人材不足

少子高齢化によって、生産年齢人口といわれる15歳から64歳が減少したのに伴い、年々労働力も低下してきています。これからの時代は、優秀な人材の確保が企業成長の決め手になるという考えが広まる一方で、人手不足に陥る企業の割合は年々増加しているのです。

 

人材不足が深刻化すると、社員一人ひとりの負担が増します。離職率が高まったり、人員不足によって生産性が落ちて、市場での競争力が低下したりします。個々の企業だけでなく、結果的に経済規模の縮小を余儀なくされます。国を挙げて働き方改革や少子化対策へ注力する必要があるのです。

多様性の時代への適応

働き方改革の推進によって、外国人従業員や非正規雇用の増加、リモートワーク、フレックスタイム制の導入など、働き方に大きな変化が生じています。人的リソースに関する大きな課題です。

 

人材や働き方が多様化するなかで、従来の人材管理では限界を迎えつつあることを多くの企業が実感しています。こうした状況下において、一人ひとりの事情や状況にあわせた働き方で柔軟に、それぞれの価値を最大限に引き出していくことが求められています。

時代ニーズにあった人材育成プログラムの構築

時代ニーズに適した人材育成プログラムの構築が求められていることは、企業の人的リソース確保における課題だといえるでしょう。テクノロジーの進化やグローバル化に伴い、人材に求められるスキルは常に変化しています。

 

特にDX(デジタルトランスフォーメーション)人材やデジタル人材と呼ばれる高い技術力やスキルをもつ人材が重要視されているなか、人手不足の影響で雇用が困難な状態となっています。こうした課題を解決するためにリスキング(新しい知識やスキルを学ぶこと)を導入し、人材育成の方法の見直し、および再構築を進めている企業が増加傾向にあるのです。

求める人的リソースの確保は人材育成がカギ

企業が求める人的リソースを確保し、競争優位性を手にするには質の高い人材育成が必要です。少子高齢化やIT(情報技術)人材不足の深刻化に伴い、企業が求める人的リソースを新規雇用で確保するのは困難だと考えられます。

 

そこで既存社員の育成に注力すれば、ITスキルや激変する時代を生き抜く力を伸ばして、組織力の向上を図ることができます。

 

消費者ニーズが異なるにつれて、企業が求める人材も変化していきます。柔軟に人材育成ができれば、これからの時代も競争力を強化し続けられる組織づくりができるでしょう。

人的リソース確保のための人材育成の手法

人材育成の代表的な手法といえば、OJT(職場内研修)や集合型研修(座学研修)などが挙げられるかと思いますが、下記のようにさまざまな手法が存在します。

  • グループワーク:複数人で成果物を発表するワーク形式
  • レクリエーション:従業員同士の交流や、リフレッシュを目的とした社内イベント
  • ロールプレイ:業務上の疑似場面を想定し、役割を演じながらスキルを習得する学習方法
  • OJT:上司が部下に対して実務を通じて指導する教育方法
  • eラーニング:学習管理システム(LMS)を使用して学習や研修を行う方法

どれか1つを選択するのではなく、身につけるスキルや従業員の階層などによって適切な手法を選ぶことが大切です。

 

また、1つのスキルを習得するのに、「レクリエーションを実施した後でグループワークを行う」といった複数の手法を組み合わせるケースもあります。

まとめ

人的リソースとは、組織内の従業員や従業員がもつ知識、スキル、能力などを指します。企業価値を創出する経営資源のなかでもっとも重要な要素です。

 

しかし近年では、労働人口の減少や働き方の多様化などが影響し、優秀な人材の確保が困難であるとの課題を抱える企業が増えてきています。

 

人材育成を強化し、時代ニーズに沿った優秀な人材を輩出できれば、これからの予測困難な時代でも、柔軟に対応できます。そして、企業が求める人的リソースを確保できるはずです。

 

人材育成は社内だけで完結させるのではなく、外部の機関を最大限に活用するのも1つの手です。社内の人材育成スキルや、指導人材の不足、準備などの時間が作れないといった課題も解決できます。

 

日本経済新聞社が運営する「日経ビジネススクール」では、社会に変革と活力をもたらす人材の育成を目指しています。それぞれの企業のニーズに応じて様々なプログラムをご用意しています。ぜひご活用ください。

経営戦略と連動した教育体系
見直しませんか?

最新情報を組み合わせ、
教育体系の見直し・構築・育成施策実行まで伴走します。

本記事に関連するサービス