新春恒例!日経の編集委員2024年を大胆予測
人事・研修担当者様向け無料セミナー

人材戦略の新潮流を斬る!
いま、人事部に求められる改革とは?
「人的資本経営」「リスキリング」現へ向け、課題と今後を読み解く~
申込受付は締め切りました

2024年、人事部として知っておくべき、人材戦略のトレンドとは?

「人的資本経営」「リスキリング」など、企業経営の最重要事項として改めて「人材」へと注目が集まってから早数年。
企業での取り組みや、世の中の認識はどのように変化したのでしょうか。
また、経営戦略と連動した人材戦略を実現するために、今後どのようなことに目を向ける必要があるのでしょうか。

2024年1月。新たな年の幕開けに、長年にわたり人材戦略や学びに関する取材・執筆を行っている日本経済新聞社の編集委員2名が登壇し、人材戦略の最新潮流と、企業の人事担当者が2024年に注目すべきポイントを解説します。

セミナーで持ち帰っていただきたいもの

  • 2024年の人材戦略のトレンドと、人事担当者が取り組むべきこと
  • 「人的資本経営」実現へ向け見えてきた課題と、これから注目すべきポイント
  • 企業戦略としての「リスキリング」の現状と、これから注目すべきポイント

セミナー概要

開催日時 2024年1月18日(木)13:00~14:00
参加方法 ライブ配信(ZOOM) & アーカイブ配信
申込期限 2023年1月17日(水)17:00
参加費 無料
主催 日本経済新聞社 ライフ&キャリアビジネス 教育事業ユニット

※企業の人事・研修担当者を対象としたセミナーです。同業他社、個人申し込み、コンサルタントの方などのお申込みはご遠慮ください。

プログラム

第1部 13:00~13:20

「人的資本経営」実現へ向けた現状と、2024年に注目すべきポイント

人的情報開示の義務化がついに始まり、ますます多くの企業が「人的資本経営」の実現へ向け新たな取り組みを始めています。そのなかで見えてきた日本企業の課題とは何か、「人的資本開示 2年目」として、人事部門は何に着手すべきなのか、そのヒントをお伝えします。

石塚 由紀夫
日本経済新聞社 総合解説センター 編集委員

早稲田大学卒業後、1988年日本経済新聞社入社。少子高齢化や女性活躍推進、働き方改革、企業の人事制度などを主に取材・執筆。2015年に法政大学大学院MBA(経営学修士)取得。同年、女性面編集長就任。2016年より現職。同年出版した著書『資生堂インパクト ―子育てを聖域にしない経営』は大きな反響を呼び、取材・執筆活動の傍ら、多くの企業や団体で働き方改革やダイバーシティをテーマとした講演を行っている。

第2部 13:20~13:40

企業の戦略としての「リスキリング」の現状と、2024年に注目すべきポイント

中村 奈都子
日本経済新聞社 総合解説センター 編集委員

お茶の水女子大学を卒業、自動車メーカー勤務を経て日本経済新聞社入社。東京・大阪・名古屋で主に企業取材と消費者取材を担当。2017年に創刊したNIKKEI The STYLEの初代編集長、19年4月から月曜日朝刊の女性面編集長、21年4月から現職。キャリアコンサルタント、消費生活アドバイザー、唎酒師。

第3部 13:40~14:00

2024年を大胆予測!注目すべきキーワードはこれだ!

石塚編集委員、中村編集委員がそれぞれ予測する、人材戦略において2024年に注目すべきキーワードを提示します。

(上記は予定です。当日変更になる可能性があります。)

お問い合わせ先

法人研修問い合わせ窓口  E-mail:hrconsul@nex.nikkei.co.jp
(営業時間:月~金10:00 ~ 17:00、土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く)

こちらのセミナー・イベントもご覧ください