2024年3月15日(金)開催
人事・研修担当者様向け無料セミナー

早稲田大学ビジネススクール・杉浦教授が語る
人材開発の本質と潮流
申込受付は締め切りました

あなたの会社はわかっていますか?
「人材開発とは何か、何が課題か、今後どうなっていくのか」

 

人材開発を語る際には、しばしば最新のトレンドが強調されます。「今」何をすべきかを把握することが非常に重要となっています。一方で、人間の本質に関わることですから、「変わらないもの」も多いはずです。そこで今回のテーマは「人材開発の本質と潮流」としました。

《本質》については 人材開発(①)の概念を「似て非なる」5つの用語と比較して共通点と対称的な点について整理しました。5つの用語は、②トレーニング・③ディベロップメント・④人材育成・⑤キャリア開発・⑥組織開発 です。

《潮流》については「人的資本管理」と「VUCAの時代」という2つのトレンドにおける人材開発の位置づけを話したうえで、今後の方向性についての取り組みの方向性を話してみました。

《Q&A》では、最近しばしば議論される「ジョブ型」「リスキリング」「エンゲージメント」に関する質問をもとに、それぞれのトピックと人材開発の関係性について回答を試みました。 企業の組織と人材のあり方について長く実践・教育・研究を行ってきた杉浦教授が語ります。

セミナーで持ち帰っていただけるもの

  • 人材開発とはそもそも何かについての頭の整理
  • 「今」の流れ(人的資本経営・VUCAの時代)と人材開発の関係の理解
  • 自社の研修プログラムの方向性についてのヒント
  • 「MBA Essentials 2024 総合コース」の特徴、講義の質
  • 自社の育成メニューにどう活用できるかについての理解 

セミナー概要

開催日時 2024年3月15日(金)14:00~15:00
参加方法 ライブ配信(ZOOM)
申込期限 2024年3月12日(水)17:00
参加費 無料
主催 日本経済新聞社 ライフ&キャリアビジネス 教育事業ユニット

※応募者多数の際、抽選とさせていただきます。ご了承ください。
※企業の人事・研修担当者を対象としたセミナーです。同業他社、個人申し込み、コンサルタントの方などのお申込みはご遠慮ください。

プログラム

第1部 14:00~14:25

「人材開発のエッセンス ~ 比較して理解する」

人的資本経営という言葉に注目が集まる中、ヒトというリソースのパフォーマンスをどう上げるかは、経営課題そのものと言えます。トレーニングとディベロップメント、人材育成と人材開発、人材開発と組織開発、人材開発とキャリア開発をそれぞれ比べ、日本企業の人材開発の本質の理解を深め、人的資本管理における人材開発、これからの人材開発について語ります。

杉浦 正和 氏
早稲田大学 大学院経営管理研究科(ビジネススクール) 教授

1982年京都大学卒業後、日産自動車に入社し海外企画部にてマーケティング等担当。1990年、米国スタンフォード大学ビジネススクールにて MBA取得。ベイン&カンパニー、マーサーを経て、シティバンクにてリーダーシップ開発責任者、シュローダーにて人事部長等を歴任。 2004年から早稲田大学で教鞭を取り、2008年から現職。 人材育成学会常務理事。グローバル・ストラテジック・リーダーシップ研究所所長。『幸運学』(日経BP)『入社10年分のリーダー学が3時間で学べる』 (日経BP) 『「つまるところ人と組織だ」と思うあなたへ』(同友館)など。

第2部 14:25~14:35

「MBA Essentials 総合コース」の概要とご利用例

杉浦教授も登壇する「MBA Essentials 総合コース」のご案内です。どんな企業が、どのように使っているのか、利用状況などもご紹介します。

日本経済新聞社 ライフ&キャリアビジネス 教育事業ユニット

第3部 14:35~15:00

「杉浦教授による『人事部の質問・お悩み相談室』」

人材育成や組織開発の観点でよく寄せられる質問に、杉浦教授がご回答します。

杉浦 正和 氏
早稲田大学 大学院経営管理研究科(ビジネススクール) 教授

(上記は予定です。当日変更になる可能性があります。)

お問い合わせ先

大学連携講座 担当  E-mail:nbs-pgm@nex.nikkei.co.jp
(営業時間:月~金10:00 ~ 17:00、土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く)

こちらのセミナー・イベントもご覧ください