2024年7月18日(木)開催
トップリーダー・マネジメント向けセミナー@大手町

ビジネスリーダーにとっての新・アプローチ:
イノベーションと成長を牽引する「経済学」

~日本企業がまだ知らない、ビジネス課題への「経済学の活用」の可能性~

DXを促進し、データの活用を本気で考えたいリーダーに

データやAIの活用、DXが声高に叫ばれて久しいですが、データを持っているから、AIを導入したからといって、それだけでビジネス課題が解決したりビジネス上の意思決定が最適に行われるようになったりするわけではありません。課題解決のための判断を結局属人的なKKD(勘・経験・度胸)に頼り続けてしまえば、組織としてのビジネス課題解決能力は向上していないことになります。複雑さを増すビジネスにおいて、課題を適切に解決するためのフレームワークはこれまで以上に重要性を増しています。

経済学は社会全般の経済活動を研究の対象としており、非常に間口の広い学問分野です。データを駆使するものもあれば、数理的なアルゴリズムを考えるものもあります。心理学など周辺の学問分野の知見を活用するものもあります。このような幅広い知見を用いることで、現在の経済学はビジネスにおける様々な課題解決を行う上で有用なフレームワークを提供するようになっており、その成果をビジネスの現場で活用する動きがこの10年ほどで急速にグローバルに広がっています。

この度、東京大学エコノミックコンサルティング株式会社(UTEcon)の協力を得て、経済学の知見をどうビジネスの課題解決に活用するかについて知るセミナーを開催します。海外の先進的な事例を取り上げながら、ビジネスの課題解決や経営上の意思決定が、経済学の知見でどう変わるのかをご紹介します。イノベーションや変革をもたらしたい経営層・企画部門の方々に、ぜひ知っていただきたい内容です。このセミナーでは、企業のトップリーダーを対象に、そのエッセンスを学んでいただきます。

セミナーで持ち帰っていただきたいもの

  • 最新の経済学の知見を知り、ビジネス課題にどう役立てられるのかがわかる。海外の先行事例を知る。
  • データ活用やDXの推進を滞らせる壁を突破するためのヒントが得られる。解決のために、どういった知見を持った人材を育成する必要があるのかがわかる。
  • 必要な知見を持った人材を育成するためのプログラムの存在を知り、その内容を把握できる。

 

申込締切:2024年7月16日(火)12:00
※応募者多数の際、抽選とさせていただきます。ご了承ください。

※企業の経営者・ビジネスリーダー層を対象としたセミナーです。同業他社、個人申し込み、コンサルタントの方などのお申込みはご遠慮ください。

セミナー概要

開催日時 2024年7月18日(木)14:00~16:00
開催場所

日本経済新聞社 東京本社ビル 2階 SPACE NIO 

申込期限 2024年7月16日(火)12:00
参加費 無料
主催

東京大学エコノミックコンサルティング株式会社、日本経済新聞社 ライフ&キャリアビジネス 人財・教育事業ユニット

※応募者多数の際、抽選とさせていただきます。ご了承ください。
※企業の経営者・ビジネスリーダー層を対象としたセミナーです。同業他社、個人申し込み、コンサルタントの方などのお申込みはご遠慮ください。

プログラム

第1部 14:00~15:00

経済学×ビジネスの世界へようこそ~経済学を知れば意思決定がこんなに変わる~

消費者をはじめとする個人や企業の個々のミクロな行動を実際のデータから分析する実証ミクロ経済学は近年劇的に進歩しました。本講義ではその実証ミクロ経済学で用いられる計量経済学の道具のうち、ビジネスで頻繁に用いられる因果推論、需要推定、および需要推定に基づくプライシングについて、(分析者ではなく)あくまでビジネス側として知っておくとよい点についてお伝えします。どのようなビジネスの場面で、どのようなデータを使って、どのような分析が可能で、どのようなビジネスインパクトが考えられるかについて、具体例を交えながら講義します。

渡辺安虎 氏

東京大学大学院経済学研究科および公共政策大学院教授
東京大学エコノミックコンサルティング株式会社取締役

専門は実証ミクロ経済学(産業組織論・政治経済学・法と経済学)と計量マーケティング。プライシング、マーケティング施策の評価、政策効果の評価などについて、企業との共同研究・Amazonでの実務・UTEconの事業において企業・政府における経済学の応用に関する多くの経験を持つ。ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院助教授、香港科技大学経営大学院准教授、アマゾンジャパン経済学部門長を経て2019年より東京大学教授。ペンシルベニア大学PhD(経済学)。

第2部 15:00~16:00

ワークショップ「自社の経営課題に経済学はどう役立てられるのか?」および 個別質問タイム

経済学が自社のビジネスに役立てられるところはあるのか? 第1部の講演を受けて、参加者同士でディスカッションをしながら理解を深めます。 そして経済学の知見が、自社にとってどう役立てられるのか、その可能性について考えてみます。 30分ほどディスカッション中心のワークショップを行います。その後、個別質問・個別相談の時間とします。

(上記は予定です。当日変更になる可能性があります。)

お問い合わせ先

日経ビジネススクール 講座お問い合わせ窓口
E-mail:nbs-pgm@nex.nikkei.co.jp
(営業時間:月~金10:00 ~ 17:00、土日祝、国民の休日、年末年始(12/27~1/4)を除く)

申込締切:2024年7月16日(火)12:00
※応募者多数の際、抽選とさせていただきます。ご了承ください。
※企業の経営者・ビジネスリーダー層を対象としたセミナーです。同業他社、個人申し込み、コンサルタントの方などのお申込みはご遠慮ください。