• 目代 武史氏

    目代 武史氏(もくだい たけふみ)

    九州大学大学院経済学府産業マネジメント専攻 准教授

    広島大学大学院国際協力研究科修了、博士(学術)。広島大学助手、東北学院大学准教授、九州大学大学院工学研究院准教授を経て現職。専門は、生産管理、企業戦略。主な著書に『サプライチェーンのリスクマネジメントと組織能力』(西岡正・目代武史・野村俊郎著、同友館、2018年、※BCAOアワード2019受賞)、主要論文に"Strategic flexibility in shifting to electrification: A real options reasoning perspective on Toyota and Nissan" (International Journal of Automotive Technology and Management, 20(2), 2020)等。