• 清水 たくみ氏

    清水 たくみ氏(しみず たくみ)

    慶應義塾大学総合政策学部 准教授

    慶應義塾大学総合政策学部卒業。ローランド・ベルガーにて戦略コンサルティング業務に従事した後、マギル大学大学院よりPh.D.(経営学)を取得。早稲田大学ビジネススクール准教授等を経て、2021年より現職。経営情報学会誌編集委員長。専門は経営情報学および経営組織論。特に技術と社会の変化が経営・組織に与える影響に注目し、未来の組織・働き方、ハイブリッドワーク、オンライン上のコラボレーションやイノベーション、デジタル組織文化、データ・アルゴリズム・AIの事業や組織への活用、多様性を生かした組織づくり、などを研究。分担著に『社会イノベーションの方法と実践』(第2章「テクノロジーを基盤とした新しい働き方・協働・デジタル組織」)などがある。