• 東海林 祐子氏

    東海林 祐子氏(とうかいりん ゆうこ)

    慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 准教授

    1991年筑波大学卒業後、瓊浦高校(長崎市)に赴任し、男子ハンドボール部の指導者としてインターハイ優勝などの成績を収めた。男子を率いての女性指導者全国大会優勝は初。研究テーマはスポーツコーチングとコミュニティ。コーチングにおける複雑な心理的葛藤をゲーム理論を援用し、望ましいチーム(組織)づくりやそれを引き出すコミュニティづくりを定式化した。現在はWE リーグでのプロ女子サッカー選手の勝利と社会貢献意識の両立(Wゴール)に関する調査、スポーツチームのライフスキル獲得のための選手育成のアドバイスもしている。各リーグおよびコーチ研修など多数実施。
    著書に『コーチングのジレンマ』・『スポーツコミュニケーション』(ブックハウスエイチディ)などがある。日本コーチング学会理事・日本ハンドボール学会理事など。