出世ナビ 記事セレクト

Phrase of the Day

まあ、そういうことにしておこう give ~ the benefit of the doubt

He might be lying, but I gave him the benefit of the doubt.
(彼はウソをついているのかも知れませんが、まあ、そういうことにしておきました)

Vocab Aid:
might be lying(ウソをついているかも知れない)

 innocent until proven guilty(有罪が証明されるまでは無罪)。どこかで見かけたことがおありのフレーズでしょう。法の基本である「疑わしきは罰せず」、場合によっては「推定無罪」(presumption of innocence)などの日本語訳がつきます。同じことを口語体で言っているのが、表題のgive ~ the benefit of the doubt。benefit は「恩恵」でdoubtは「疑い、疑う」ですから、「疑うだけにとどめておくという、恩恵を与える」が直訳です。言動に怪しいところがあっても、あえて追求はせず「大目に見る」「好意的に解釈しておく」ことを、こう言います。「まあ、そういうことにしておいてやろう」――。このあたりが最もぴたりとくる日本語表現に思えます。

How to use:

  1. No, Mom, not me. I swear I didn’t eat the cake.
  2. Okay, okay, I’ll give you the benefit of the doubt.
  1. 違うよ、ママ。ケーキを食べたのは僕じゃないよ。
  2. わかったわよ。まあ、そういうことにしておきましょう。

Further Study:

 紛らわしいことに、「疑う」にはdoubtの他にsuspectという単語もあります。両方ともなかなかの曲者ですから、使い方に気をつけなければいけません。同じ「疑う」でもdoubtは「…ではないのではないかと、疑う」、suspectは「…ではないかと、疑う」ことです。否定的な「疑い」と肯定的な「疑い」。I doubt Bob did it.は「やったのはボブじゃないのではないか(と私は思う)」で、I suspect Bob did it.なら「やったのはボブだ(と私は思う)」――。この違いです。「疑う」という訳語は忘れることにして、最初からdoubtは「…ではないと思う」、suspectは「…だと思う」と覚えてしまったほうが、間違いがないかもしれません。

Is she happy? I doubt it.
(彼女は幸せか?幸せじゃないと思うよ)

Jane strongly suspected that John was lying to her.
(ジョンは自分にウソをついていると、ジェーンは強く思いました)

コスモポリタン・インスティテュート(CI)

この連載の一覧

  • 「伝わる文章力トレーニング」講座

    続きを読む

  • 基礎から学ぶマーケティング

    マーケティング思考の「基本の型」が1日で身につく続きを読む

  • 管理会計マスターコースⅠ・Ⅱ

    業績管理から戦略策定まで、経営管理に必要な知識・ノウハウ続きを読む

バックナンバー

NIKKEI STYLE

最新記事一覧

おすすめの講座

  • 日経緊急解説Live!
  • NBSベーシック300
  • WEBセミナーまとめ
  • MBA Essentials 2018
  • 日本版エグゼクティブ研究会
  • お気に入り登録&マイページ便利な使い方
  • 次代を拓く日経オオテマチ会議2018
  • 日経ビジネススクール アジア