出世ナビ 記事セレクト

Phrase of the Day

えこひいきする play favorites

The teacher is known for playing favorites with particular pupils.
(その先生は特別な生徒だけをえこひいきすることで有名です)

Vocab Aid: 
be known for ~(~することで知られている) pupil(生徒)

 体操の内村航平選手がリオで金メダルを取ったあとの記者会見で、「あなたは審判から好意的に見られているのではないか」との質問が外国人記者から飛んだそうです。質問の原文が知りたくて調べましたが、わからずじまい。もしそれが英語だったとすれば、Isn’t it that you are in favor with the judges? で日本語記事の訳通り。質問の意図が「審判がえこひいきしたのではないか」にあるのはみえみえで、もしずばりそう聞いたのなら、Isn’t it that the judges played favorites with you? あたりでしょう。play favoritesは「えこひいきする」とか「特別扱いする」ことを言うときの決まり文句です。

How to use:

  1. Isn’t the government playing favorites with big businesses, and big businesses only?
  2. Nothing of the kind! We are playing fair with all businesses, big or small.
  1. 政府は大企業だけを特別扱いしているのではありませんか?
  2. そんなことはしておらん!我々は大企業だろうが中小企業だろうが公平に接している。

Further Study:

 マラソンでも100メートル競技でも、とにかく一番速く走った人が勝ち。走り幅跳びなら一番遠くまで跳んだ人が勝ち。そんな記録と事実だけが勝負の競技がある一方、審判の判断による判定競技があります。体操競技もそのひとつで、それが先の質問のベースになっているわけですが、「審判判定」のことをjudgement call(判断判定)と言います。野球のボール/ストライク、アウト/セーフなんかも、そうですね。すべて審判の主観。今日では「自分の主観で決めること」の意味で一般用語としても使います。

  1. The boss is having a party at his place tonight. You think I should be there?
    (部長が今夜ホームパーティをやるんだけど、行った方がいいかな。どう思う?)
  2. How should I know? That’s your judgement call.
    (そんなこと知らないわよ。自分で決めることなんじゃないの?)

コスモポリタン・インスティテュート(CI)

この連載の一覧

  • 「伝わる文章力トレーニング」講座

    続きを読む

  • 基礎から学ぶマーケティング

    マーケティング思考の「基本の型」が1日で身につく続きを読む

  • 管理会計マスターコースⅠ・Ⅱ

    業績管理から戦略策定まで、経営管理に必要な知識・ノウハウ続きを読む

バックナンバー

NIKKEI STYLE

最新記事一覧

おすすめの講座

  • 日経緊急解説Live!
  • NBSベーシック300
  • WEBセミナーまとめ
  • MBA Essentials 2018
  • 日本版エグゼクティブ研究会
  • お気に入り登録&マイページ便利な使い方
  • 次代を拓く日経オオテマチ会議2018
  • 日経ビジネススクール アジア