出世ナビ 記事セレクト

Phrase of the Day

事情通 informed person(s)

According to informed persons, there is a merger planned for the two companies.
(事情通によれば、その2社の合併が計画されています)

Vocab Aid:
merger(≪会社などの≫合併)

 政界、実業界、マスコミ界などなど世の中には何十、何百もの「~界」が存在していますが、それぞれにその世界のことなら隅から隅まで事情を把握している人がいるものです。「事情通」と呼ばれる人たち。英語ではinformed person(s)と言います。もっと敬意を表してwell-informed person(s)と言う場合もあります。informとは「情報を与える」という意味ですから、「情報を十分に与えられている人=事情に明るい人」が直訳。その「事情通」がどこの誰かをぼかしておきたいときには、informed sources(情報源)などと言います。重要情報の出どころが個人だか組織だかを曖昧にしておくためのマスコミ用語。この場合の適訳は「消息筋」ですね。

How to use:

  1. Maybe we can ask Bob about it.
  2. He sure is one of the informed persons, but he’s not going to tell us anything.
  1. ボブに聞いてみたらどうだろう。
  2. 確かに彼は事情通ではあるけど、しゃべらないだろう。

    Further Study:

     (well-) informed person(s)にしても(well-) informed sourcesにしても、やや硬い響きがありますが、もっと柔らかい言い方でならin the knowというフレーズがあります。ここでのknowは「熟知」という意味の名詞。in the knowで「熟知の中にある」、つまりは「熟知している」ということですね。やはり「事情通の」とか「内情に詳しい」と訳せます。He is in the know about politics.なら「彼は政治の内情に通じている」。余人が知らないことを知っていることを言うイディオムです。

    Those in the know never dine at that restaurant.
    (内情を知っている人は、あのレストランで食事はしません)

    If you are planning on doing business in China, go ask for advice from Tom. He is in the know.
    (中国でビジネスをするつもりならトムにアドバイスを頼みなさい。彼は事情通だから)

    コスモポリタン・インスティテュート(CI)

    この連載の一覧

  • 会計の基本がわかる・財務諸表マスター講座

    会計・財務の苦手意識を克服できる続きを読む

  • 管理会計マスターコースⅠ・Ⅱ

    業績管理から戦略策定まで、経営管理に必要な知識・ノウハウ続きを読む

  • 財務3表の「つながり」がわかる 財務諸表マスター講座 <オンライン講座>

    続きを読む

バックナンバー

NIKKEI STYLE

最新記事一覧

おすすめの講座

  • 日経からのお知らせ
  • NBSベーシック300
  • オンライン講座
  • 実践的MBA基礎講座2018
  • 日経緊急解説Live!
  • 日経ビジネススクール アジア
  • 日本版エグゼクティブ研究会
  • お気に入り登録&マイページ便利な使い方
  • 次代を拓く日経オオテマチ会議2018