出世ナビ 記事セレクト

Phrase of the Day

逃げるが勝ち run away and live to fight another day

Don’t fight him. Run away and live to fight another day.
(やつとはケンカするな。逃げるが勝ちだ)

Vocab Aid:
fight ~(~とケンカする、~に逆らう)

 テレビドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』、通称「逃げ恥」が大好評だったようです。見損ねたので中身は論じませんが、少なくともタイトルから連想するのは「逃げるが勝ち」。英語にするなら表題のフレーズ。「生きてまた戦えるよう、ここのところは逃げておく」――。当コラムの造語ですが、下敷きにしたのはHe who fights and runs away, lives to fight another day.(逃げて生きのびる者は、またいつの日か戦う)という格言です。大昔、マケドニア軍との戦場から敵前逃亡したアテネ軍の兵士が、卑怯者とののしられたときに言い返したせりふ。やや負け惜しみの感があるところも、我々の「逃げるが勝ち」にそっくりです。

How to use:

  1. They demand that we come outside and have it out with them. What shall we do?
  2. Well, for today, let’s run away and live to fight another day.
  1. あいつら、話をつけてやるから出てこいと言ってますよ。どうしますか?
  2. うん、まあ今日のところは逃げるが勝ちでいこう。

Further Study:

 同じことでも「君子危うきに近寄らず」と言うと、「逃げるが勝ち」が持つ負け惜しみ感が消えてなくなります。それどころか、賢い人間はやはり賢いと尊敬さえされる。同様に、表題のフレーズをdiscretion is the better part of valor と言うと、ぐっと重みが増した格言になります。discretionは「慎重さ、思慮分別」、valorは「(とくに戦場における)勇気」ですから、全体では「思慮分別が勇気のほとんどを占める」。これも「君子~」も、煎じつめれば「逃げるが勝ち」のことなのに、なんだか格上の金言に聞こえてくるから不思議です。モノは言いようです。

  1. If we shy away from them now, they will call us a bunch of chickens.
  2. In life, there are times when discretion is the better part of valor, you know.
  1. ここであの連中から逃げたら、オレたち臆病者と言われますよ。
  2. 人生には逃げるが勝ちというときもあるんだよ。

コスモポリタン・インスティテュート(CI)

この連載の一覧

  • 「伝わる文章力トレーニング」講座

    続きを読む

  • 基礎から学ぶマーケティング

    マーケティング思考の「基本の型」が1日で身につく続きを読む

  • 管理会計マスターコースⅠ・Ⅱ

    業績管理から戦略策定まで、経営管理に必要な知識・ノウハウ続きを読む

バックナンバー

NIKKEI STYLE

最新記事一覧

おすすめの講座

  • 日経からのお知らせ
  • NBSベーシック300
  • オンライン講座
  • 日経緊急解説Live!
  • MBA Essentials 2018
  • 日本版エグゼクティブ研究会
  • お気に入り登録&マイページ便利な使い方
  • 次代を拓く日経オオテマチ会議2018
  • 日経ビジネススクール アジア