出世ナビ 記事セレクト

英文会計はこう読め

グローバル人材に必須 英文会計は財務3表一体で学べ 第1回 財務諸表って何?~英文会計を基礎から学びたい人のために

■すべての会社は基本的に同じ3つの活動をしている

 世界中に数え切れないほどの会社があります。業種も業態も規模も様々です。しかし、どんな業種・業態の会社であろうと、会社が行っている基本活動はすべて同じなのです。

 図表1をご覧ください。すべての会社が行っている基本的な活動は3つしかありません。それは、お金を集める、その集めたお金を何かに投資する、そしてその投資したものを使って利益をあげるという活動をしています。

 つまり、すべての会社は

お金を集める(Financing) 投資する(Investing) 利益をあげる(Earning)

という3つの活動を行っているのです。サラリーマンの人は利益をあげる(Earning) 部分、つまり売上か費用か利益のどこかに責任を持っている場合がほとんどで事業全体を見ることはあまりありません。

 しかし、事業を興したことある人はだれでも知っています。事業を興すには先ずお金が要ります。それを資本金か借入金といった形で集めてきます。何のためにお金が要るのか。それは投資のためです。製造業なら工場建設、飲食業なら店舗調達のためにお金が要ります。その投資した工場や店舗をうまく運営して利益をあげます。

 商社や小売業は集めたお金を商材に投資します。その商材を販売して利益をあげます。コンサルタントなどのサービス業は事業開始のためのお金がほとんど必要ありません。しかし、コンサルタント業も事務所が必要ですしコンピューターも必要です。わずかばかりのお金ですが、それらを事務所やコンピューターに投資し、それら投資したものを使って利益をあげています。

 繰り返しますが、すべての会社はお金を集める投資する利益をあげるという3つの活動を行っています。実はこの3つの活動をIncome statement、Balance sheet、Cash flow statementの3つの表を使って表しています。

バックナンバー

NIKKEI STYLE

最新記事一覧

おすすめの講座

  • オンライン講座
  • EE研究会
  • nw_school
  • 日経からのお知らせ枠・社告欄